>日産/インフィニティ(Infinity)

日産「新型”柿の種”を発売する」「え?」「我が社の最新技術を駆使し、史上初となる単型多車種同時型抜きを実現した」。過去~未来まで23車種が再現

投稿日:

| まさに技術の日産。たまにはこういった息抜きがあってもいい |

日産がなんと公式にて「柿の種(カキノタネ)」を発売する、と発表。

これは日産の記述開発拠点である日産テクニカルセンターと、その地元である伊勢原市ならびに地元企業とのコラボレーションにて開発したもの。

その目的としては「地域貢献の一環」だとアナウンスされています。

日産から発行されたプレスリリースの内容は下記の通り。

本「新型カキノタネ」は、伊勢原市が推進する地域特産品のPR活動「伊勢原うまいものセレクト」の新商品として、地元食品メーカーである龍屋物産株式会社と日産がコラボレーションして生まれたものです。 柿の種(米菓)には、23種類の日産の歴史的名車と伊勢原市のシンボルである「大山」を模した、日産と伊勢原市とのコラボレーションならではのデザインを採用しました。

「新型カキノタネ」の商品化にあたっては、日産のデザイン本部が同社の歴史的車の中から選定した23車種をモチーフとした柿の種(米菓)の形状やパッケージをデザインしました。また、同社総合研究所の試作部が、モノづくりの技術と最新加工技術を駆使し、CAD/CAM設計と自動切削機を活用して米菓の抜型を製作しています。

本商品は、7月7日(火)より、伊勢原市内飲食店や中日本ハイウェイ(SA売店)などで発売する予定です。

日産自動車

新型柿の種にも日産の技術が生きている?

なお、日産によれば、柿の種製造に用いる金型は、日産総合研究所の最新技術を用いることで「柿の種史上初」の単型多車種同時型抜きを可能とした”完全新型”。

これによって23車種もの型抜きが同時に可能になったとされています。

47

JUN
金型の見た目がスゴいな!

含まれる「23車種」はこういったモデル

23車種の内容としては下記の通りで、ぼくが以前に乗っていたフェアレディZ(Z32)は含まれるものの、同様に愛車だったパオが含まれないのはちょっと残念(フィガロやエスカルゴはあるのに・・・)。※見た目がすでに”柿の種”ではないというツッコミはナシで

  • ダットサン12型フェートン(1933年)
  • パトロール(1960年)
  • ダットサン・フェアレディ(1962年)
  • サニー1000(1966年)
  • スカイライン2000GT-R(ハコスカ、1969年)
  • フェアレディZ(S30、1969年)
  • サニートラック(1971年)
  • チェリークーペX-1R(1973年)
  • スカイライン2000GT(ケンメリ、1973年)
  • シーマ(1988年)
  • エスカルゴ(1989年)
  • スカイラインGT-R(R32、1989年)
  • フェアレディZ(Z32、1989年)
  • フィガロ(1991年)
  • マーチ(2002年)
  • キューブ(2002年)
  • ムラーノ(2002年)ピボ(2005年)
  • GT-R(R35、2007年)
  • ジューク(2010年)
  • セレナ(2016年)
  • 日産リーフ(2017年)
  • アリアコンセプト(2019年)

あの頃、フェアレディZはボクのすべてだった!今の自分に導いてくれた”Z”に再び乗りたいという気持ちを抑えきれない

| 今でももういちどフェアレディZに乗りたいという気持ちは常に心の底にある | さて、ぼくはかつてフェアレディZ(Z32)に乗っていたことがあるのですが、これはぼくが「もっとも改造にお金をかけたクルマ ...

続きを見る

なお、この23車種に加えて「伊勢原大山」を再現した柿の種も含まれ、この”年式”については紀元前97年と表記されているあたり、日産や、協力企業各社が「楽しみながら作ったんだなあ」ということがわかりますね。

7

なんだかんだ言ってぼくは日産自動車のファンの一人でもあるので購入してみたいと考えていますが、残念ながら販売されるのは伊勢原市内飲食店や中日本ハイウェイ(SA売店)においてとなり、大阪では手に入りそうにありません。

ちなみに味としては「辛さ控えめ醤油味」、それに「まろやかでコクのある大粒ピーナッツ」を組み合わせ、パッケージは3種類あるそうです。

ほかにはこんな「自動車メーカー×食品」も

ときどき、自動車メーカーが「食品」を発売することがありますが、有名なのはマツダの「もみじ饅頭」。

マツダは本日でちょうど100周年!記念商品として発売されたのは「もみじ饅頭」!!1年間の期間限定販売、価格は税込み1100円

| まだまだ”サプライズ”があると期待している | さて、本日1月30日にマツダは創立100周年を迎えます。この「100周年」というのは自動車メーカーとしてはかなり古く、「自動車を発明した」メルセデス ...

続きを見る

スバルはSTIチームがニュルブルクリンクのアタック時に食べている「カレー」を発売したことも。

スバルがカレーを発売したぞ!STIチームのまかない飯”ニュルカレー”を食べてチャレンジだ!!

スバルのSTIチームがニュルブルクリンクで食べて心を一つにしているカレー スバルが自社の「SUBARU ONLINE SHOP」にて、数量限定ながらも「ストラップベア&カレー」を発売。これはSTIの3 ...

続きを見る

フォルクスワーゲンは「クルマよりも多い本数」のソーセージを販売。

2019年、VWは”クルマよりも多い”680万本のソーセージを販売!日本だとVWジャパン豊橋本社で食べることができるらしい

| 毎年”クルマよりも多く販売”は恒例だが、まだ食べたことはない | フォルクスワーゲンが「2019年には680万本のソーセージを販売した」と発表。え?フォルクスワーゲンがソーセージを?と思ってしまい ...

続きを見る

ポルシェは工場敷地内に養蜂場を構え、ハチミツを製造販売しています。

ポルシェがハチミツ製造事業化を発表。「え?」「ハチミツだ。すでに蜂は150万匹用意した」

ポルシェがハチミツ収穫でも成功を収め、事業化へ ポルシェが「ハチミツ採取と販売」を事業化する、と発表。 これは同社ライプツィヒ工場上わきの空き地にてはじめた「養蜂」が拡大したためだそうですが、もとはと ...

続きを見る

参照:日産, ANNnewsCH

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->日産/インフィニティ(Infinity)
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5