>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリ・ローマのチューン/カスタム一番乗り!ドイツより700馬力、ローダウンにホイール交換がさっそく登場

投稿日:

| フェラーリ純正ホイールは基本的に「5本スポーク」採用のため、ホイール交換でイメージが大きく変わる |

ドイツのチューニングハウス、「ホイールズアンドモア(Wheels And More=WAM)」がフェラーリ・ローマのカスタムプログラムを公開。

現在ローマはまだ顧客向けの生産が行われておらず、よって現段階ではあくまでも「予定」ではあるものの、ローマはポルトフィーノと多くを共有しているということも判明しており、チューナーにとっても比較的計画を立てやすいクルマなのかもしれません。

フェラーリは伝統的に「5スポーク」ホイールを採用

今回ホイールズアンドモアが公開したのは「ホイール」で、21インチと22インチとが存在。

デザインとしては基本的に「6スポーク」もしくは「6スポークのツイン仕様」ですが、フェラーリは多くの場合において「5スポーク」「メッシュ」デザインを採用しているので、こういった6スポークは雰囲気を変えるのには適しているのだと思われます。

そしてフェラーリが「5スポーク」にこだわるのはその伝統に則ったためですが、これはある意味でフェラーリのデザイナーにとっての「足かせ」であり、逆にアフターマーケットパーツメーカーにとっては「チャンス」だと言えそう。

Ferrari-Roma-by-Wheelsandmore-5

ちなみにローマの場合、純正オプションだとこういった選択肢が存在します。

78

フェラーリ・ローマのコンフィギュレーター公開!ひとまず”自分仕様”を作ったので、これを持って見積もりを取得してこようと思う

さて、先日国内でも正式発表されたフェラーリ「ローマ」ですが、そのカーコンフィギュレーターが公開。現在ローマは受注可能な状態となっていて、一度正式な見積もりをもらおうと考えているものの、コロナウイルスの ...

続きを見る

F8トリブートだとこんな感じ。

やはり5スポークをベースにしたデザインしか用意されていないということがわかりますね。

f5

フェラーリF8トリブートのカーコンフィギュレーター公開。ボディカラーは28色、意外と内外装のカラーはシックだ

| なおF8トリブートはもう完売らしい | フェラーリがF8トリブートのオンラインカーコンフィギュレーターを公開。今回よりカーフコンフィギュレーターが一新されていて、選択肢やその選択工程に変化があるよ ...

続きを見る

よって、こういった「マルチスポーク」を装着するとかなり雰囲気が変わるのもまた事実(とくにピアスボルトつきの3ピースだと顕著)。

Ferrari-Roma-by-Wheelsandmore-5

画像(レンダリング)では車高も落とされており、実際にホイールズアンドモアでは現在ローダウンキットを開発中とのことで、そのほかにはフラップ内蔵のエキゾーストシステム、スポーツ触媒もリリース予定だとアナウンスされています。

加えて出力については620馬力から700馬力にまで向上させるプランも開発下にあるとのことですが、ここ最近、フェラーリのチューニングについては古参のノヴィテックのほか様々なチューナーが参入しており、それだけフェラーリオーナーの意識も変わってきているのかもしれません(販売台数が増え、チューナーにとっても開発コストを吸収しやすくなったという理由もありそう)。

Ferrari-Roma-by-Wheelsandmore-6

フェラーリは「カリフォルニア」以降、どんどん新しい(これまでフェラーリを所有したことがない)オーナーを呼び込んでおり、ローマも同様に”そのオーナーのほとんどが初フェラーリ”となりそう。

そして、新しくフェラーリに入ってきたオーナーたちはフェラーリのカスタムやチューンに対して抵抗がない人も多いのだと思われ、チューナーはそういった「新しいフェラーリオーナー」をターゲットにしているのだと思われます。

なお、チューニングについては賛否あるかと思いますが、「チューニング」によってそのクルマを取り巻く環境が盛り上がることもあり、長期的に見ると「チューニングポテンシャルが高かったがために人気が出た」クルマも少なくないのかもしれません(ただ、もともとフェラーリはチューニングの必要性がないほどの高い性能を有している)。

フェラーリ・ジャパン社長が語る!「ローマは日本市場ではこうやって売る」「日本の高級スポーツカー市場はアジア最大」

この記事のもくじ1 | 日本のフェラーリ販売台数は中国よりも多い |1.1 イメージは1950-1960年代のローマ1.2 そこへ折悪しくコロナが襲う1.3 この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読 ...

続きを見る

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5