>マセラティ(Maserati) ■ニュース

新生マセラティ電動化の第一歩”ギブリ・ハイブリッド”発表!マセラティらしくパフォーマンス向上のためにHVを使用し、サウンドも「よりパワフルに」

投稿日:

| 重量はディーゼルモデルよりも軽く、運動性能が向上し、さらにエコ |

マセラティが、かねてよりティーザー画像を公開していた「ギブリ・ハイブリッド」を正式発表。

これはマセラティの歴史上「初」のハイブリッドであり、搭載されるのは330HPの2リッター4気筒48ボルト・マイルドハイブリッドターボ。

ハイブリッドシステム搭載にもかかわらず、車体重量はディーゼルモデルに比較して80kgも軽く、そのため0-100km/h加速は5.7秒、最高速度は255km/hというパフォーマンスを誇ります。

外観の変更は最小限

なお、新型マセラティ・ギブリ・ハイブリッドの外観はこれまでのギブリと共通する部分が多く、相違というとフロントグリル、ヘッドライトにテールランプ、サイドギルといったところ。

maserati-ghibli-hybrid-unveiled-2

バッテリーはリアに搭載しているといい、これはもちろん前後重量バランスを考慮してのこと。

マセラティはクワトロポルテにて前後重量バランス最適化のためにトランスアクスルを採用していましたが、ギブリではコンベンショナルな「フロントにトランスミッションを置く」レイアウト。

ただし今回後輪車軸にトラクションがかかるパッケージングを採用したということもあり、このギブリ・ハイブリッドは「もっともマセラティらしいハンドリングを持つ」クルマに仕上がっているのかもしれません。

maserati-ghibli-hybrid-unveiled-9

実際のところ、PHEVではなく48Vマイルドハイブリッドを採用したのは軽量性を重視しためだとされ、それだけマセラティは「走りにこだわった」のだと言えそう。

さらには「サウンド」にも手が入り、マセラティらしいエキゾーストノートを奏でることを重視したとされ、他社が「エコ」のためにハイブリッド化してゆく中、マセラティは他とは異なるアプローチを採用してきたようですね。

maserati-ghibli-hybrid-unveiled-3

外観だと、上述の通りグリルやサイドギル等がハイブリッドモデルの識別点(ブレーキキャリパー、Cピラー上のエンブレムの一部もブルーに)。

加えて今回、新しいボディカラー「グリジオ・エボルツィオーネ(メタリックグレー)」が登場しています。

maserati-ghibli-hybrid-unveiled-5

テールランプも新デザインへと変更されていて、この「両サイドが垂れ下がる」グラフィックは、かつての3200GTを連想させますね。

maserati-ghibli-hybrid-unveiled-12

マセラティ・ギブリ・ハイブリッドのインテリアはこうなっている

こちらはギブリ・ハイブリッドの内装。

通常のギブリと大きく変わるところはなく、しかし「マセラティコネクト」を中心にインフォテイメントシステム/コネクティビティが強化されています。

センターコンソール上のディスプレイは8.4インチから10.1インチへと拡大され、グラフィックが新しくデザインしなおされている、とのこと。

maserati-ghibli-hybrid-unveiled-13

今回のギブリ・ハイブリッドについては9月以降から製造が開始され、その価格は欧州だと790万円くらい。

この後マセラティは一気に電動化を進めるものと見られ、2021年にはフルエレクトリック化されるグラントゥーリズモ、そしてグランカブリオを発売する予定となっています。

参照:Maserati

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->マセラティ(Maserati), ■ニュース
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5