>フォード(FORD) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他アメリカ車 ■ニュース

【今日のニュース:アメ車編】マッハEのレースバージョン、新ハマーに軍用版、世界最速”ヴェノムF5”の予告画像、ブロンコのレゴetc.

投稿日:

| 「トラックとSUV」に集中したフォードの勢いは留まるところを知らない |

さて、本日のニュース、アメ車編。

まずはフォード「マッハE」関連ですが、このマッハEはマスタング・マッハ1をイメージした「エレクトリックSUV」。

エレクトリックSUVというとエコでユルいイメージがあり、しかしフォードはそれを重々理解した上で、マッハEの発表前から「パフォーマンス推し」のティーザー画像や動画をリリースしています。

フォード・マスタングのEVバージョン「マスタング・マッハE」正式発表。アウディ、テスラ、メルセデスの”半額”で買える実用的な電気自動車が登場

この記事のもくじ1 | フォードは”マスタング”の名をじつに有効に使用した |1.1 マスタング・マッハEには初回限定モデル「ファースト・エディション」が用意1.2 マスタング・マッハEの通常グレード ...

続きを見る

そしてマッハEが実際に正式発表された後の(市場の)反応は様々で、やはり多く見られたのは「EVバッシング」。

どうしてもEV=エコのイメージが拭えず、あのマッハ1のイメージをEVに使用するとはけしからん、という反応が多いようです。

そういった事実を考慮したのかどうかはわからないものの、フォード(正確にはモータースポーツ部門のフォード・パフォーマンス)がリリースしたのが「マッハEがタイヤスモークを盛大に発生させているティーザー画像」。

EVはモーターの回転数にかかわらず最大トルクを(停止状態からでも)発生させることができるため、そしてガソリンエンジンに比較してトルクが段違いに大きいためにこういった現象が発生するわけですが、フォードはやはり「マッハEはEVといえど、走りを楽しくするための電動化」ということを周知させたいのかも。

投稿を見るに、凶悪なエアロパーツが装着されており、ヴォーン・ギッティンJr.やケン・ブロックの名も見えるため、この車両を用いて盛大なドリフトを見せてくれるのかもしれません。

参照:Ford Performance

フォードのエンジニアがブロンコをレゴで組み立てる

次はホットなブロンコネタですが、フォードのエンジニアがブロンコをレゴで組み立て、自身のインスタグラムで公開した、というもの。

3ドアそして5ドアバージョンが公開され、そのカラーも発表時の公式フォトに採用されたものと同じです。

ルーフを分割して取り外せるところも「実車同様」ではあるものの、残念ながら個人制作による作品であり、「購入は不可能」。

ただ、一定票を獲得すれば製品化してくれる「レゴアイデア」に投稿すれば、一瞬で製品化に足るだけの票を獲得できそうですね。

なお、新型ブロンコについては数々のレビュー動画が多数公開されています。

参照:Lego_911, Motor1

新型ハマーはミリタリー風?

コロナウイルスの影響にて、その発表が伸びてしまった新型ハマー。

EVとなって復活することは周知の事実ではあるものの、その詳細については「極秘扱い」となっているようで、ほぼ情報が聞こえてこない状態です。

ただ、今回GMの防衛部門を管理するデビッド・アルブリットン氏の発言によれば「強大なトルク、400マイルもの走行可能距離を持ち、軍用としても使用できるプラットフォームを使用している」とのこと。

ハマーのルーツであるハンヴィー同様、実際に軍隊で仕様される可能性をも示唆しています。

2020年5月にハマーが電気自動車になって復活!「世界で最も燃費が悪い」と言われたクルマが環境にやさしいゼロエミッション・ビークルに

この記事のもくじ1 | ハマーほど運命に翻弄されたブランドも珍しい |1.1 発表は5月20日1.2 ハマーはこういった歴史を持っている | ハマーほど運命に翻弄されたブランドも珍しい | ここ最近、 ...

続きを見る

参照:GM Authority

世界最速を目指すヘネシー・ヴェノムF5は今年に公開

チューニングカンパニー、そして自動車メーカーのひとつでもある米ヘネシー。

過去にはブガッティ・ヴェイロンを抑えて「世界最速記録」を樹立したこともある実力者ですが、2014年には「時速500キロを超える速度で走ることができる世界最速のハイパーカー」、ヴェノムF5の発表をアナウンスしています。

ただし開発の道のりは容易ではなく、ようやく今年中にプロダクションモデルを公開する見込みが立ったとし、そのティーザー画像を公開することに。

世界最高速を目指す「ヘネシー・ヴェノムF5」はすでに24人も注文していた!夏に市販モデル公開、2020年から納車開始

時速500キロの壁を越えることはできるのか? 英国TopGearによると、ヘネシー・ヴェノムF5は今年8月にペブルビーチにて発表され、2019年末からテストを行った後、2020年に発売される、とのこと ...

続きを見る

ヘネシー・ヴェノムGTスパイダーがヴェイロンを抑えて世界最高速記録を更新

ヘネシー・ヴェノムGTスパイダーが「世界最速のコンバーチブル」としての記録を樹立。 実に時速265.6マイル/427.5キロという速度ですが、これは公式に発表された最高速度よりもちょっと遅い数字だそう ...

続きを見る

フォードは「スモールトラック」を発売?

フォードは数年前に「(北米市場にて)セダンやコンパクトカーから撤退し、SUVとトラックを専門に販売するメーカーになる」と発表しており、実際のところ「SUVとトラック路線まっしぐら(唯一の例外はマスタング)」。

そしてかねてより発売がウワサされていた小型トラック、「MAVERICK(マヴェリック)」のテールゲート画像がリークされ、その発売が近いことを伺わせます。

なお、このマヴェリックについては、おそらく「フォードで最も小さい」トラックになるのでは、と見られているようですね。

11

驚愕!フォードが米市場でセダンから撤退し、SUV/トラック除く乗用車は”2車種のみ”に

| フォードがまさかの大決断 | フォードがなんと「北米からセダン撤退」の方針を発表。 たしかにアメリカでは「セダン不人気」が鮮明化しているものの、いくらなんでも「セダン撤退」というのは過激な判断であ ...

続きを見る

参照:Motor1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->フォード(FORD), ■新型車情報/スパイフォト/噂など, >その他アメリカ車, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5