>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

中国外務省が「国産高級車」製造の参考として購入したメルセデス・ベンツ600LWBプルマンが中古市場に登場!その価格3000万円

投稿日:2020/08/14 更新日:

| 歴史的に貴重な「リムジン」の売り物が登場 |

1966年製のメルセデス・ベンツ600LWBプルマンの売り物が中古市場に登場して話題となっています。

このクルマそのものが珍しいことに加え、以前のオーナーが「中国の前外務大臣で、上海市長であった」チェン・イー氏であることに注目されているようですね(販売されているのは、すでに何人かの手を経ていたためかフィラデルフィアにて)。

え?中国の高官だったら中国の高級車「紅旗(下の画像。最新モデルですが)」に乗るんじゃないの?と考えてしまうものの、なんでもチェン・イー氏がこのメルセデス・ベンツ600LWBプルマンを購入したのは、その構造等を解析し、中国で「自前のリムジン」を作るためだった、とのこと。※304台のメルセデス・ベンツ600LWBプルマン4ドアが製造され、うち中国に渡ったのは2台

現時点での「もっとも高級な中国車」がこれだ!ロールスロイスばりのロングホイールベースリムジン”紅旗H9+”

この記事のもくじ1 | 紅旗は中国初の、そして中国最高級の自動車ブランド |1.1 さすがは中国国営企業1.2 紅旗は「1億5000万円」のクルマも発売していた | 紅旗は中国初の、そして中国最高級の ...

続きを見る

メルセデス・ベンツ600LWBプルマンはこんなクルマ

メルセデス・ベンツは1963年から1981年にかけて「600」を2,677台製造しており、これはドイツ本国はじめ世界中の要人に愛されたクルマ。

ローマ教皇専用車「パパモビル」としても使用されたことがあるようですね。

Mercedes-600-LWB-Pullman-2

そして「600」の頂点に立つのが「プルマン」で、これは標準ボディのほかストレッチリムジンが存在し、リムジンとしては今回売りに出されている4ドアの他に「6ドア」も存在し、生産台数としては4ドアが304台、6ドアが124台。

Mercedes-600-LWB-Pullman-3

搭載されるエンジンは6.3リターV8、出力は247HPで、今回販売されている個体は「レストア経験なしのフルオリジナル」、そして走行距離は13,164キロ(けっこう少ない)。

Mercedes-600-LWB-Pullman-10

「プルマン」という名称の由来はアメリカの鉄道車両製造会社である「プルマン社」が製造した豪華寝台特急車だとされ、これが後にメルセデス・ベンツの豪華なリムジンに転用されるようになった、とされています。

カスタムに7年かかったメルセデス・ベンツ600のリムジン「プルマン」!マイバッハの内装を移植し現代風に

この記事のもくじ1 | 現在中古にて販売中、その価格は2億6000万円 |1.1 内装には「現代の装備」も1.1.1 インテリアはより「現代っぽく」1.2 ほかにはこんなメルセデス・ベンツ「プルマン」 ...

続きを見る

Mercedes-600-LWB-Pullman-4

初代プルマンはメルセデス・ベンツ770(W150/1938年)で、その後W189、W100、W140と続き、現行マイバッハSクラスにおいても”プルマン”が設定されていますね。

Mercedes-600-LWB-Pullman-11

そんなに需要あるの防弾車。最高レベルの防弾性能を持つリムジン、メルセデス・マイバッハ・プルマン・ガードVR9が一気に3台も販売中

この記事のもくじ1 | 現時点でこれ以上「安全なクルマ」は存在しない |1.1 欧州にはそれだけ「需要」があるのだと思われる1.2 ほかにはこんなメルセデス・マイバッハ”ガード”も | 現時点でこれ以 ...

続きを見る

インテリアは年式を考えると非常に優れたコンディションだと言えそう。

Mercedes-600-LWB-Pullman-15

流石にレザーには摩耗やひび割れが見えるものの、これらについては「味」だと考えることもでき、シートだけであれば簡単に張り替えることもできそうです。

価格については285,000ドル、つまり邦貨換算にして3000万円程度と安くはない額ですが、その歴史的価値を考えると「安いもの」かもしれません。

Mercedes-600-LWB-Pullman-14

前の所有は独裁者?メルセデス・ベンツのリムジン「600プルマン」が競売に

| 「プルマン」はいつでもメルセデス・ベンツの最上位グレード | メルセデス・ベンツのリムジン、1968年製の「600プルマン」がオークションに登場予定。メルセデスはこの車を1963年から1981年ま ...

続きを見る

中国はけっこう「プルマン」を保有していたようだ

なお、中国の官公庁はけっこうな台数のプルマンを保有しているようで、以前にはW140世代のメルセデス・ベンツS500プルマンを一気に8台放出したことも。

このW140世代のプルマンは1995年まで製造され、全長は6213ミリとなり、S500のロングホイールバージョンよりもさらに1メートルも延長されています。

mercedes-pullman-shanghai-sale-11-660x495

当時新車で購入した場合、購入者はシートの配置など選べるほか完全防護仕様(防弾防爆)なども選択でき、S600SELとS500Lがベース車として選べたようですが、上海外務省の保有するリムジンは全てS500Lベースとなっており、エンジンは5リッターV8、355馬力。

上海に輸入されたのち地元の会社がTVと冷蔵庫を付け加えたそうで、名称もS500Lプルマンから「ダイナスティ1000」へと変更されて中国っぽい印象に。

mercedes-pullman-sh-2-2

上海外務省はこの車両を合計11台購入して2014年まで使用したそうですが、2015年初めに3台が販売され、2016年には残る8台を処分しています。

参照: LBI Limited

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■ニュース
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5