■近況について ●ランボルギーニ・ウラカン

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD用のドラレコを買う!前後録画可能なケンウッドDRV-MR8500

投稿日:2020/10/04 更新日:

| なお、取り付け時にはマニアックス通販で購入したステッカーを使用 |

さて、ケンウッドのドライブレコーダー、「DRV-MR8500」を購入。

これはじき納車を迎えるランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに装着するために選んだものです。

なお、ウラカンEVO RWDは予定だと9月に納車されるはずだったので、8月くらいに同じケンウッドでモデル違いの「DRV-MR745」を(ウラカン用に)すでに購入していたのですが、計画外にてポルシェ・マカンSが納車されることになったため、先に購入しておいたDRV-MR745をマカンS用に回し、ウラカン用として新たにこの製品を購入した、ということになります。

もはやドラレコは必須

なお、あおり運転が問題視されるようになってからはドライブレコーダーの必要性が見直されるようになっており、保険会社各社の「ドラレコ映像解析班」を設けている模様。

ぼくはしばらく前からドライブレコーダーを所有するクルマすべてに設置していますが、これまでに使用したことがあるのはユピテルとパイオニア製です。

両方とも実際に「映像を解析しなくてはならないような」場面に遭遇したことはないものの、あおり運転厳罰化以降は(市場規模が拡大したため)大手が続々ドラレコ市場に参入し、さらにドラレレコの性能や機能も向上しているようですね。

そして今年の春~夏くらいにかけ、発売済みのドラレコを一斉調査したわけですが、そこで出した結論が「ケンウッドが一番」。

そのためにマカンS、ウラカンEVO RWDともにケンウッド製を装着することとなったわけですが、ここでケンウッドDRV-MR745にはどういった特徴があるのかを見てみましょう。

ケンウッドDRV-MR745にはこういった機能がある

まずは、ざっとケンウッドDRV-MR745の特徴をあげてみると下記の通り。

前方+後方同時録画
AIセンシング機能搭載
WQHD録画対応
高感度CMOSセンサーを搭載
F1.6の明るいレンズを採用
HDR機能を搭載
スモーク シースルー機能
低フレームレート記録モード搭載
microSDカードダブルスロット搭載
大容量microSDカード対応
SDカードメンテナンスフリー
SDカード寿命告知機能
交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制
駐車録画機能搭載
地デジ干渉対策
Gセンサー・GPS搭載
LED信号機対応

前方衝突警告
車線逸脱警告
発進遅れ警告

機能的に他社製品と大きく変わるわけではないのですが、「明るいレンズ搭載」「液晶画面が大きい」「外観が他社製品よりちょっとだけ高級感がある」といったところがこの製品を選んだ基準ですが、もっとも重要視したのは「駐車録画機能」で、これは別売りケーブルにて車両から直接電源を取って設置すれば、振動を検知した後に前後カメラが録画を開始してくれる、というもの。

他社製品の中には「振動を検知」した後ではなく「ずっと駐車中も録画」してくれるものがありますが、これはドラレコ本体に内蔵されたバッテリーを使用するという性質上、(駐車後どれくらいの間という)録画期間に限りがあり、しかし今回選んだ製品だと「(振動検知後にはなるが)録画期間に限りはない、ということになります(録画用の電力は、内蔵バッテリーではなく車両から取る)。

L1270528

なお、目玉となる「AIセンシング」は、接近中のクルマ、蛇行運転を行うクルマを前後カメラが自動的に補足し、それを警告してくれるとともに録画を行う、というものです。

加えて前方衝突警報、車線逸脱警報も発信してくれるようですが、ウラカンEVO RWDにはこういった運転支援機能が備わっていないので、ここもありがたいと思った部分です(ただ、実際に使用してみないとどれくらい有用なのかはわからない)

実際の製品はこんな感じ

そしてこちらが実際の製品。

フロントカメラはけっこう大きく、重量があります。

L1270524

その割に両面テープの面積が狭いようにも思いますが、もちろんそのあたりのテストも行っているはずなので、まず心配はないと思われます。

L1270530

こちらはリアカメラ(ウラカンEVO RWDでどの程度リアを写すことができるのかはわからない)。

L1270521

参考までに、ウラカンEVO RWDのウインドウ上部にはグレーバンドもドットもないので、ぼくは「マニアックス」にてこういったドットステッカーを購入し、これをまずウインドウに貼り付けた後にドラレコのステーを貼り付けるようにしています(これがないと両面テープをウインドウ外から視認できてしまうため、著しく見た目の質感が下がる)。

L1210660

ドライブレコーダーはこういった位置に取り付ける

なお、ケンウッドによるとドライブレコーダーの取り付け位置・方法における注意は下記の通り。

img_drv_mr8500_attachment_01

リアだと両面テープが「熱線に」かぶらないよう、ちゃんと両面テープに切り欠きがあるとことが「さすが日本のメーカー」だと思います(ただ、ウラカンのリアウインドウに熱線は無いけれど)。

img_drv_mr8500_attachment_02

参照:KENWOOD

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■近況について, ●ランボルギーニ・ウラカン
-, , , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5