>ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ジャガー(Jaguar) >フェラーリ(Ferrari) >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■ニュース

ランボルギーニ・ミウラがまさかの「暴走族風」に!そのほかポルシェやフェラーリの「もしも」系CGを見てみよう

更新日:

| ホイールはRSワタナベ風 |

さて、もしも系レンダリングでは右に出る者がいないというほどの知名度を誇るJON SIBAL(ジョン・シバル)氏。

スーパーカーやハイパーカー、日本車に対して深い造詣を持つようですが、過去から現在、そして未来までをミックスした作品が同氏最大の特徴であり魅力でもありますね。

今回はスーパーカーに絞り、同氏の作品をいくつか紹介したいと思います。

暴走族風ランボルギーニ・ミウラ

まずはランボルギーニ・ミウラ「ワイドボディ」。

極端なローダウンにオーバーフェンダー装着、そしてフロントリップにダックテール。

このレンダリングについては「現代風」要素をあえて入れていないように見え、しかしRSワタナベ風ホイールといい、なぜか日本の暴走族風スタイルにて仕上げられています。

ちなみにランボルギーニ・ミウラの全高は1050ミリ~1080ミリなので、このレンダリングのミウラが実在すると仮定するならば、全高1メートルを切っているかもしれませんね。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=10158044739189902&id=256735559901

なお、このレンダリングを見て思い出すのが、リバティーウォークによる「ランボルギーニ・ミウラの暴走族カスタム」。

これが発表されたときには「貴重なミウラを切った張ったするなんて」という批判が巻き起こりましたが、実のところベース車両は「フォードGTのレプリカ」なのだそう。

ブガッティEB110「GTR」

こちらはブガッティEB110をワイドボディ化し、「GTR」バージョンをバーチャルにて実現してみた図。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=10158091276234902&id=256735559901

EB110は現在のブガッティ体勢下とは異なり、イタリアにて(ブガッティから商標の使用権を得て正式に)設立された”ブガッティ・アウトモビリ”下で唯一製造されたクルマ(ブガッティ創業者、エットーレ・ブガッティの生誕110周年記念車)です。

カウンタックの設計に関わったメンバーが結集して企画され、ミドシップ+4WD+クワッドターボ等、現代のブガッティに通じる基礎を作った一台としても知られ、近年になって大きく価値を向上させているほか、このEB110へのオマージュとして「チェントディエチ」が発表されていることもトピックです。

ポルシェ911を935風にした「逆説的」レンダリング

なかなかにマニアックな、「(市販車である)ポルシェ911フラットノーズをワイドボディ化し、(レーシングカーである)935風のカラーリングを施したという逆説的なレンダリング。

ポルシェ935は「930」世代の911ターボをベースに作られ、その際に空力を考慮してフラットノーズが採用されていますが、このフラットノーズは後に市販モデルの911にも採用されることに。

よって935の車体自体は911をベースにするものの、フラットノーズ構造そのものは935から911へという逆の流れを辿っていて、このレンダリングの中にはそういった歴史が混在している、ということですね。

118649172_10158076579279902_8135256586007418558_o

こちらは最新935クラブスポーツを「ちょっとレトロ」にしてみたレンダリング。

115929629_10157964328659902_8960042236118855862_o

フラットノーズを通り越し、ヘッドライトをスムージングしてしまったバージョンも。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=10157783616589902&id=256735559901

90年代風カスタムのフェラーリF50、未来風F40

こちらはミントカラーに彩られたフェラーリF50ですが、1990年代にはこういった「ミント」が中東やアメリカ西海岸にて流行した時期があり、内外装ともミントにしてしまったクルマもいくつか見られたように記憶しています(MCMがミント内外装のフェラーリ・テスタロッサを広告に使用していたような記憶がある)。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=10158039799469902&id=256735559901

打って変わってフラッシュサーフェス化、ローダウン、カナード装着によって現代風というか、なんとなく未来風にも見えるフェラーリF40。

107767434_10157956137944902_4266283398172549147_n

レアなジャガーXJ220もレンダリングのネタに

そしてこれをレンダリングのネタにする人はまず他にいないだろうと思われるジャガーXJ220(1992-1994年に製造され、マクラーレンF1が登場するまでは世界最速のスーパーカーだった)。

ワイドボディ化した上で細部が「イマ風」に手直しされています。

107569733_10157943290639902_6666797780213568779_o

参照:JONSIBAL

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ポルシェ911関連, >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ジャガー(Jaguar), >フェラーリ(Ferrari), >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他), ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5