>フェラーリ(Ferrari) ■近況について

フェラーリSF90ストラダーレを見てきた!外観や内装だけではなく構造も完全に新しそうだ

投稿日:

| これだけのインパクトを放つフェラーリもそうそうない |

さて、フェラーリ正規ディーラーであるコーンズ心斎橋さんのリニューアルオープンイベントにて展示されていたフェラーリSF90ストラダーレの紹介。

SF90ストラダーレはフェラーリ初の量産ハイブリッドで、その出力は「1000馬力」という途方もないもの。

さらには0-100km/h加速2.5秒、最高速度340km/hというパフォーマンスを誇り、その価格も5340万円〜という設定です(これまでのフェラーリの定番モデルに比較すると高価だが、1000馬力のクルマとしてはかなりアフォーダブル。しかも限定モデルではなく、購入の門戸は広く開かれている)。

こちらもCHECK

フェラーリ・モンツァ
フェラーリ モンツァSP1を見てきた!こんなに美しいボディ、そして仕上げを持つ車は見たことがない

この記事のもくじ1 | あまりのオーラに一定距離以上近づけなかった・・・。 |1.1 フェラーリ モンツァSP1はこんなクルマ1.2 フェラーリ モンツァSP1のエクステリアを見てみよう1.3 フェラ ...

続きを見る

フェラーリSF90ストラダーレのエクステリアを見てみよう

まずはSF90ストラダーレのエクステリアを紹介したいと思いますが、そのイメージはローマと同じく「新世代」。

薄く長いヘッドライトに、ハンマーヘッドシャークのようなノーズを持っています。

L1280127

ちなみにナンバープレートの取り付け位置や角度はこう。

フェラーリはそのデザイン時にナンバープレートのことを考慮していないと思われるフシがあり、よっていつもナンバーの取り付けにはインポーター/ディーラーが苦慮することになるようです。

L1280150

ホイールはカーボン製。

ホイールボルトはもちろんチタン製です。

L1280148

リアフードは極小。

L1280259

そしてこのフードを開くとびっくり、エンジンが異常に奥の方、そして低い位置に。

そして上の方は「スカスカ」になっていて、本来ここに入るべき何かが欠落しているように思えるほど(しかしそうではなく、これが完成状態らしい)。

この構造を見るに、これまでのV8ミドシップモデルとは根本的に異なるプラットフォームを持つようですね。

L1280129

テールエンドは相当に「立った」角度を持つスポイラー。

L1280134

テールランプは新しいデザイン。

フェラーリ曰く「これまでのV8ミドシップモデルへのオマージュを表すとともに、新しい時代へ向けた」デザインなのだそう。

L1280137

リアディフューザーはかなり大型。

フィンの数も多いように思いますが、その中の一枚だけ「中がくり抜かれた」形状を持っています。

L1280140

全体的にはうねりが大きく、そしてクラシカルでいてアグレッシブさ、さらには未来も感じさせるデザイン。

L1280143

リアフェンダーのエアインテーク内にはかなり複雑なガイドが設けられ、少なくとも2チャンネルの流入をサポートする模様。

L1280145

ルーフはバブル形状を持っており、フロントウインドウやサイドウインドウとの「段差」が極端に小さく、このあたりも「これまでのフェラーリとちょっと違う」と感じさせられる部分です。

L1280269

ちなみにドアの開閉はドア後部上方にあるパーツを「押す」ことで行い、これを押すとドアが「ポコっと」開きます。

フェラーリSF90ストラダーレのインテリアを見てみよう

こちらはSF90ストラダーレのインテリア。

エクステリアよりもインテリアのほうが革新的かもしれず、というのもメーターはフルデジタル、スイッチ類もほとんどがタッチ式(静電式)へと変更されたため。

L1280188

シートはカーボンファイバー製のシェルを持つ超薄型。

L1280186

センターコンソールに収まる新型カードキー。

L1280183

こちらはデジタルメーター。

他社の多くは12.3インチサイズですが、SF90ストラダーレではなんと16インチ。

L1280175

ステアリングホイールや各スイッチ類は電源オフの状態だとブラックアウトされていますが、起動と共にライトアップされる仕組み。

画像では電源オフのステータスであり、「エンジンスタート」のみがホワイトLEDにて点灯しています(ここを押したい衝動に駆られ、思いとどまるのには苦労した)。

L1280172

ドアインナーパネル、センターコンソールなど、インテリアの多くはカーボン製。

グロス仕上げ、マット仕上げが混在します。

L1280169

ジェット機のスロットルレバーをモチーフにしたという新型インターフェース。

L1280178

全体的に見て、SF90ストラダレーは「レーシングカーに近い」という印象があり、ローマと共通のデザイン言語、そしてインテリアでは同じパーツを使用しながらも全く異なるクルマに仕上がっているようですね。

これまでのフェラーリは全ラインアップ間にてある程度の共通性を持っていたものの、今後はラインアップ間にてその差異を拡大してゆく可能性もありそう。

実際のところフェラーリはローマにおいて「サルーンやSUVオーナーを呼び込む」としており、これまでにないカテゴリのクルマと競合する意思を見せていて、モデルごとの個性そして役割がこれまで以上に明確化されてゆくのかもしれませんね。

他の画像はfacebookのアルバム「フェラーリSF90ストラダーレ」に保存しています。

あわせて読みたい、関連投稿

フェラーリ初の量産ハイブリッド「SF90ストラダーレ」発表!フェラーリ史上最高のパフォーマンスと革命的デザイン

| これでフェラーリに死角はなくなった | さて、フェラーリが待望のニューモデル「SF90ストラダーレ」を発表。発表そのものはフェラーリの本社(マラネロ)にて、重要顧客を招いて行われ、続いてメディア、 ...

続きを見る

フェラーリ「SF90ストラダーレのハイブリッドは妥協策ではない。パフォーマンス向上のために採用し、重量増加分の250kgも回収できるほどの効果を得た」

| フェラーリは一体いつの間にこんなすごい技術を開発していたのか | フェラーリは次世代ハイブリッドスポーツとして「SF90ストラダーレ」を発表していますが、これはぼくにとってかなり「意外」なクルマ。 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f