>ランボルギーニ(Lamborghini) >韓国の自動車メーカー

ヒュンダイへと移籍後に辞任した元ランボルギーニのデザイナー。ヒュンダイがその功績を高く評価し破格の条件にて呼び戻すことに

投稿日:2020/11/05 更新日:

| ルク・ドンカーヴォルケ氏は現在のヒュンダイ、ジェネシスの”顔”を作った人物であるのは間違いない |

さて、少し前にヒュンダイのデザイン部門責任者を(2020年4月に)電撃辞任したルク・ドンカーヴォルケ氏。

ヒュンダイ内部での昇進直後に辞任しており、しかしその理由は「個人的なもの」とだけ語られています。

そしてそのルク・ドンカーヴォルケ氏ですが、辞任から半年しかたたないうちにヒュンダイへ復帰するとアナウンスされて業界を驚かせることに。

元ランボルギーニのデザイナーにしてヒュンダイのデザイン責任者が突然の辞任!昇進直後であっただけに理由は「謎」、中国メーカーの引き抜きか

この記事のもくじ1 | 高級化を目指す中国自動車メーカーは”高級車デザイナー”に熱い視線を注いでいる |1.1 ルク・ドンカーヴォルケは元ランボルギーニのデザイナー1.2 ヒュンダイは「引き抜き」に積 ...

続きを見る

ルク ドンカーヴォルケ氏はこういった経歴を持っている

ルク・ドンカーヴォルケ氏は1992年にフォルクスワーゲングループに加入し、その後1994年から1996年はシュコダ(オクタヴィアとファビアをデザイン)、そして1996年から1998年まではアウディ(A2とA4アバントをデザイン)、1998年にはランボルギーニのデザインチーフを経験。

ランボルギーニでは「ディアブロVT」「ムルシエラゴ」「ガヤルド」、その後2012年にベントレーに異動してフライングスパーほかEXP10 スピード6などコンセプトカーのデザインを手がけたのち、2016年4月に突如ベントレーを辞任し、翌日に「ヒュンダイ入り」が発表されています。

そして今回、同氏はヒュンダイにて上級副社長の座に就き、ドイツにあるヒュンダイモーター・ヨーロッパ・テクニカルセンターにて勤務することになると紹介されていますが、同時にヒュンダイグループのCCOそしてコミュニケーションデザインのトップに就任する、とのこと。

luc-donckerwolke

この役職は以前よりも「上」なので、同氏が辞してからの半年間、ヒュンダイはなんとか同氏を呼びもどそうとし、条件をどんどん引き上げていったのは間違いなさそうで、つまりそれだけ同氏の功績は大きかったと判断して良さそう。

なお、ヒュンダイにおいてはジェネシスG80、G90、GV80、エッセンティアコンセプト、ヒュンダイ・ツーソン、プロフェシーコンセプト等にかかわり、実際に現在のヒュンダイやジェネシスの「顔」を作った人であるのは間違いありません。

191903

ヒュンダイ・キアは著名デザイナーを多数獲得

なお、ヒュンダイは他社との競争に勝つには「デザインが重要」と捉えており、とくに欧州のデザインを強く意識。

そこで欧州の自動車メーカーから著名デザイナーを多数引き抜くこととなっていますが、ベントレー、ブガッティ、BMWなど多数のメーカーがその対象に。

ヒュンダイがブガッティ・シロンのデザイナー引き抜き。「ジェネシス」ブランドのチーフに任命

| フォルクスワーゲングループのデザイナーは流出が止まらない | ヒュンダイがジェネシス・ブランドのチーフデザイナーとしてブガッティのデザイナー、アレクサンダー・セリパノフ氏(”サシャ”として知られて ...

続きを見る

反面、日本の自動車メーカー、そして日本のデザイナーが引き抜きの対象となっていないのは謎な部分でもありますね(日本が嫌いなのか、日本車のデザインにそもそも魅力を感じていないのかは謎)。

衝撃度MAX!アヴェンタドールのデザイナーがヒュンダイへと移り、ヒュンダイはランボルギーニやベントレー出身者で固められることに

| まさかフィリッポ・ペリーニ氏までがヒュンダイに移るとは | まさかのまさか、前ランボルギーニのチーフデザイナーにしてアヴェンタドールのデザインを行ったフィリッポ・ペリーニ氏がなんとヒュンダイ(ジェ ...

続きを見る

ヒュンダイ・キアが今回はBMW Mのデザイナー引き抜き。デザイン部門を強化し欧州勢に対抗

ヒュンダイ・キアグループが新たにBMW Mディビジョンのデザイナーを引き抜き。 その名をPierre Leclercq(ピエール・レクラルク)といい、出身地はベルギー。 自動車業界でのキャリアをザガー ...

続きを見る

知ってた。インフィニティを辞したチーフデザイナー、カリム・ハビブが韓国キア自動車に移籍。韓国の自動車メーカーに移った人物は皆「韓国色」に染まっているのが恐ろしい

| とにかく韓国の自動車メーカーはデザイナー獲得に熱心 | 先日インフィニティのデザインチーフを辞し、「新たな可能性を追求する」としていたカリム・ハビブ氏が韓国キアへ移籍し、来月より韓国で勤務するとの ...

続きを見る

フォルクスワーゲンからは人材の流出が止まらない

なお、フォルクスワーゲンはランボルギーニ、ブガッティ、ポルシェ等を抱える巨大グループではあるものの、デザイナーの流出が非常に多く、ヒュンダイへと流れた他にロールスロイス、アストンマーティンへとデザイナーが移籍したことも。

ロールスロイスがブガッティ・ヴェイロンのデザイナーを獲得。今後は新任デザイナーの風貌のようにラフでワイルドなイメージにシフトか

これまで、ロールスロイスはこういった風貌の人物を前に出したことはない ロールスロイスが「新しいデザイン部門のボス」としてジョゼフ・カバーニュ(Jozef Kabaň)が就任した、と発表。これは昨年の夏 ...

続きを見る

VW/ブガッティのデザイナーがアストンマーティンへ。VWグループは人材流出が止まらない?

| フォルクスワーゲン/ブガッティのデザイナーがアストンマーティンへ | アストンマーティンがフォルクスワーゲンのデザイナー、トビアス・シュールマン氏を獲得し、アストンマーティンのエクステリアデザイン ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f