●ランボルギーニ・ウラカン ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD納車!ランボルギーニは3台目だけど前の晩は緊張して眠れなかったな

投稿日:2020/11/21 更新日:

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD

| 仏滅なんかぶっとばせ |

さて、待ちに待ったランボルギーニ・ウラカンEVO RWDがついに納車。

ちなみに納車日は「仏滅」、そしてその翌日は「大安」。

よって多くの人は納車日を一日ずらして大安を選ぶことと思いますが、ぼくはそういったお日柄を一切気にせず、そしてなにより「ランボルギーニの持つポジティブなエネルギーは、”仏すら滅する”というネガティブな仏滅をも乗り越える」と考えているワケです。

L1280811

納車はランボルギーニ大阪さんにて

そして納車はランボルギーニ大阪さんにて。

自宅まで持ってきていただくことも可能ではあるもの、ランボルギーニ大阪さんにはこういった「引き渡しルーム」があり、ここで納車を受けない手はない、とも考えたのですね。※家の前までランボルギーニを積車で持ってきてもらい、それを降ろす様子も相当なインパクトがあるけれど

L1280823

せっかくなので青い服を着ていった

そしてせっかくのランボルギーニの納車ということで身に着けていったのが、ウラカンEVO RWDのボディカラーにあわせた青い衣類や小物。

ナイキの青いスウェットシャツにルイ・ヴィトンの青いマフラー、スントの(青いストラップに交換した)腕時計、そして水色のスニーカー(ナイキ エアマックス720OBJスリップ)。

加えてバッグはジュンヤワタナベマンの青いワンショルダー。

L1280799

最近購入したモノ「ナイキのスニーカー、エア マックス 720 OBJ スリップ」。なんかクルマと同じような色のアイテムが増えてきたな

この記事のもくじ1 | ボクは何事にも統一感を重視する傾向にある |1.1 ナイキ エア マックス 720 OBJ スリップはこんなスニーカー1.2 イメージはファッションアイコン、オデル・ベッカム・ ...

続きを見る

ぼくはこれまでに合計3台のランボルギーニを購入していますが、こういった「クルマの仕様に合わせた」衣類を納車時に用意するのははじめてのことで、それだけこのブルー・ル・マンには思い入れがある、ということになります(160万円もかけたオプションカラーということもある)。

なお、ランボルギーニ大阪さんまでは電車に乗って向かったのですが、この格好で電車に乗っていると「なんか青い人がいた」とツイートされたりしたのかもしれません。

ボクのランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの仕様はこうなっている

ここでぼくのウラカンEVO RWDの仕様を振り返ってみたいと思います。

ボディカラーは”カスタムカラー”扱いのブルー・ル・マン、それに合わせるブレーキキャリパーや内装アクセントは「オレンジ」。

L1280804

もっと薄いブルー、たとえばブルー・ケフェウス(水色っぽい)を選んでいたらアクセントもイエローをチョイスしていたと思いますが、ブルー・ル・マンはちょっと赤みの入った強いブルーであり、これに負けないのが「オレンジ」だと考えたわけですね。

なお、選択したオプションは下記の通り。

ボクのランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの仕様

ボディカラー(Blu Le Mans)1,596,540円
ライフスタイルパック+ドライバーパック 631,620円
スマートフォンインターフェース 406,780円
Narvi 20インチホイール(シャイニーブラック) 602,580円
カーボンセラミックブレーキ+オレンジキャリパー 316,320円
スタイルパッケージ(ハイグロスブラック)225,940円
リアバンパーハイグロス/リアディフューザーボディカラー 標準
ユニカラーレザー 標準
カラーステッチ 105,490円
マルチファンクションステアリング 標準
オプションステッチ(ステアリングホイール)30,140円
オレンジシートベルト 188,430円
センソナム 610,170円
リヤビューカメラ 241,010円

L1280821

参考これがランボルギーニの「注文書」だ!ウラカンEVO RWDの購入代金は32,559,836円、どうやって払うかは今から考える

| 以前に購入した4WDモデルのウラカンよりも安かった | さて、今回ぼくが注文したランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの最終仕様そして金額について。支払総額は32,559,836円となっていますが ...

続きを見る

これが注文したランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの仕様だ(外装編)!ボディカラーは”カスタム”扱い、それだけで1,596,540円ナリ

この記事のもくじ1 | 気がつけばオプション総額がトンデモナイことになっていた |1.1 最終的に選んだ仕様はこうなった1.1.1 ボディカラー(Blu Le Mans)1.1.2 ホイール/ホイール ...

続きを見る

インテリアは1990年代のスーパーカー風

一方のインテリアカラーはブラックがベース。

このウラカンEVO RWDの前に乗っていたウラカンLP610-4の内装色には「ホワイト」を選んでいますが、それとは真逆とも言える仕様です。

ビビッドなアクセントが与えられる「EVOトリム」は非装着。

L1280903

内装色にブラックを選んだこと、そしてEVOトリムを選択しなかったのは「90年代のスーパーカーの内装っぽく、シンプルにしたかったから」。

ステッチ、シートベルトはオレンジです。

L1280836

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの支払総額は3235万円

なお、このウラカンEVO RWDの支払総額は3235万円。

納車前には「その重み」を実感しつつ、現金にて支払いを済ませています(緊張した)。

ランボルギーニ・ウラカン購入
これがランボルギーニ1台ぶんの重み!車両代金を現金で支払うため、お金をトランクに詰めてディーラーに行ってみた

この記事のもくじ1 | 一度はこれをやってみたかった |1.1 あまり趣味は良くないとわかってはいるが1.2 銀行はすぐに現金を用意してくれない1.3 現金はこうやって運ぶ1.4 いざ現金での支払い1 ...

続きを見る

参考までに、納車までの流れはこんな感じです。

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD納車までの流れ

1.商談(2020年2月)
2.それまで乗っていたウラカンの売却(2020年2月)
3.注文(2020年2月)※通常はこの前に試乗をすることになるが、この時点ではまだ試乗車が到着していないので見切り発車
4.保証金の支払い(2020年2月)※車種やディーラーによっても異なるが、今回は車両価格の10%
5.本国イタリアで生産(2020年9月?)
6.日本に到着(2020年10月)
7.印鑑証明の取得、車庫証明のための書類等を準備(2020年10月)
8・残金の支払い(2020年10月)
9・登録(2020年11月)
10.任意保険の手配(2020年11月)
11.納車(2020年11月21日)

なお、現在チョコチョコと「納車後ルーティーン」をこなしており、もうちょっとしてから画像や動画を公開したいと思います。※ひとまず画像はFacebookのアルバム「ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD」に公開中

最後になりましたが、色々と無理を聞いてくださり、対応いただいたランボルギーニ大阪さんには、心よりお礼申し上げます。

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD納車時の動画はこちら

ランボルギーニとドゥカティとのコラボバイク
ついに「ランボルギーニ×ドゥカティ」のコラボバイクが実現!シアンっぽいカラーを持つ"ディアベル1260ランボルギーニ"の発売が予告

この記事のもくじ1 | ドゥカティ・ディアベル1260ランボルギーニの車体カラーはシアンFKP37と同じ? |1.1 さっそくランボルギーニのオーナー向けアプリが大活躍2 現在、ランボルギーニとドゥカ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5