>ランボルギーニ(Lamborghini) ●ランボルギーニ・ウラカン

ランボルギーニオーナー限定アプリ「UNICA」がスゴい!生産状況が確認できたり自分のクルマを管理したり「バーチャルガレージ」も作ることができるぞ

投稿日:

ランボルギーニのアプリ

| けっこう内容が充実していて驚いた |

さて、ランボルギーニがオーナー向けに展開しているアプリ、「Lamborghini UNICA」。

これはオーナーのみしか利用できず、利用登録するには車台番号や車検証が必要となっています。

さらにその流れはかなり複雑で(不正を防ぐためか、厳重に情報の管理がなされる)、まずは自分で車台番号や車検証等を入力もしくはアップロードし、そこからディーラーを登録。

さらにディーラーから招待コードが発行されたのちに住所など個人情報を登録し、その上でSMSにて追加でコードを発行してもらい、それを認証してようやく利用が可能となります。

Lamborghini UNICAに登録するとこんなことが利用可能になる

そしてまず登録後にUNICAを開くと「おはようございます Jun そろそろエンジン始動でしょうか」という文字、さらには自分の車のイラストが表示。

こちらは先日納車されたばかりのウラカンEVO RWDですね。

IMG_4859

JUN
これはけっこう気分が盛り上がるな!

そしてこちらは以前に乗っていたウラカンLP610-4。

両方のイラストともボディカラーやホイールとそのカラー、ブレーキキャリパー、そのほかのオプションも充実に再現されています。

そしてそれぞれの画面では画像を追加したり、走行ログを記録したりということができる模様。

生産中であれば自分のランボルギーニの情報も確認可能

そして面白いのが「生産情報」という項目。

ここを開くとランボルギーニからの(該当車種に関する)メッセージ、そして自分のクルマの生産状況が表示されます。

ぼくの場合、「あなたのHURACAN EVOは完成間近です!」というメッセージと共に、おそらくはランボルギーニの検品ルームと思われる場所で撮影したぼくのウラカンの画像が。

ただ、実際にはもうクルマが届いているので情報にはタイムラグがあるということになるものの、このあたりは追い追い改良されてゆくのだと思われます(もっと細かい生産状況を知ることができるようになるかもしれない)。

IMG_4861

JUN
これも心躍る演出!

そしてこれから内外装の「ダイナミックチェック」を行うとの記載があり、状況の瀬説明ののちには「まだ待ち時間は終わっていませんが、あなたの夢は現実に変わりつつあります・・・ご準備はよろしいですか?」という一文。

かつてランボルギーニはこういった心遣いをするブランドではなかったと認識していますが、先日紹介した「ランボルギーニ・カスタマー・コンタクト・プログラム」、そして自分仕様のミニカーといい、ファンの心をガッチリ掴むための手法を次々導入しているようですね。

ランボルギーニ・ウラカンのデザイン画
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD納車続編!ランボルギーニ本社もずいぶん「顧客ファースト」になってきた

ランボルギーニの「おもてなし」も随分変わった さて、今回のウラカンEVO RWDにて「3台目のランボルギーニ 」納車となりますが、納車前から比較的驚かされることも多く、まずは先日の「自分仕様のミニカー ...

続きを見る

そしてこういった状況を見るにつけ、次にランボルギーニを購入する際には、さらなる心遣いがなされているのかもしれません。

ランボルギーニ・ウラカンのミニカー
参考一足先にランボルギーニから「自分仕様のミニカー」が納車される!イタリアの職人がワンオフにて自分のクルマと同じスペックで作ってくれた

| この購入者特典は非常にうれしい | さて、ランボルギーニを新車でオーダーすると無償でオーナーに贈られる「自分のクルマと同じ仕様の1/18ミニカー(モデルカー)」。このミニカーが送られてくるタイミン ...

続きを見る

「ガレージ」コンテンツはランボルギーニオーナーの自尊心を満たしてくれる

そしてぼくが「おお」と思ったのが”ガレージ”なるコンテンツ。

ここには今まで購入したランボルギーニが表示されています(最初に購入したガヤルドはもうVINの控えがないので登録できず)。

IMG_4864

さらにはランボルギーニのカーコンフィギュレーターを使用して自分の好きなランボルギーニ(車種はなんでもOK)を作成し、それを「バーチャルカー」として自分のガレージに収めることができるというもの。

このあたりはゲーム感覚で楽しむことができ、のちに何か作ってみようと思います。

IMG_4863

ランボルギーニオーナーのみに配信されるコンテンツも見逃せない

そしてこのアプリの核となるのがランボルギーニオーナー向けのコンテンツ。

たとえば先日発表されたばかりのウラカンSTOや、ステファン・ヴィンケルマン氏がCEOとしてランボルギーニにカムバックしたというニュースもすでに配信済みです。

IMG_4865

アプリの新機能、そしてオーナー限定コンテンツも。

IMG_4866

そのほかにも様々な情報が配信されているようで、今後はこういった情報もお届けできるかもしれません。

IMG_4867

先日東京にオープンした「The Lounge Tokyo」、そしてヨウジヤマモトとのコラボレーションによる「アヴェンタドール・ヤマモト」も早々に配信済み。

IMG_4868

点検や様々な予約もアプリ経由で可能

そしてほかにはアプリを通じての点検などの予約、プロフィールの編集(SNSと連携できる)といった項目も。

おまけにランボルギーニのモータースポーツ部門であるスクアドラ・コルセが開催するレース「スーパートロフェオ」の中継をみることができたり、VIPホスピタリティパスも取得が可能とのこと。

色々と見てみると、このアプリで様々なオーナーの要望を網羅でき、ランボルギーニオーナーであればぜひ登録しておきたいアプリだと思います。

おそらくは今後ともどんどん機能が拡張され、さらに使いやすく満足度の高いコンテンツが追加されることになりそうですね。

IMG_4862

参照:Lamborghini

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini), ●ランボルギーニ・ウラカン
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5