>その他イタリア車

標準だとウインドウやルーフもない超スパルタンな「ダラーラ・ストラダーレ」!イタリアのアクロバット飛行チーム60周年を祝いオシャレに変身

投稿日:2020/11/28 更新日:

ダラーラ・ストラダーレ

| まさかカスタムベースにこのダラーラ・ストラダーレが選ばれるとは |

さて、しばらくは音沙汰がなかったものの、ここ最近立て続けに新作を発表しているガレージ・イタリア・カスタムズ。

これはフィアット創業者の孫、そして次期フェラーリ社長と言われるラポ・エルカーン氏が主催するカスタムショップで、内外装(どちらかというと外装)のビジュアルカスタムを得意としています。

マセラティMC20の雪上版ワンオフモデル
え?これが公式?マセラティがスーパーカーMC20の「雪上走行バージョン」を発表。自社のカスタム部門で製造か

この記事のもくじ1 | 欧州ではエキゾチックカーや高級車に乗ってスキーに行くのがセレブの嗜み |2 考えたのはあのガレージ・イタリア・カスタムズ2.1 おそらく次期フェラーリの社長に就任3 マセラティ ...

続きを見る

今回のターゲットはダラーラ・ストラダーレ

そして今回リリースされたのが「ダラーラ・ストラダーレ」のカスタムカーで、この「ダラーラ」はかつてランボルギーニにてエンジニアとして活躍したジャンパオロ・ダラーラ氏が独立し運営するレーシングファクトリー(GT3クラスやインディカー、WEC用の車両を手掛ける。ウラカンGT3もダラーラとの共同開発)。

そこではじめて発売したロードカーがダラーラ・ストラダーレというワケですが、これは簡素なサーキット志向のスポーツカーを標榜しているので、「ドアすらない」という超スパルタンなクルマです。

Dallara-Stradale-4

なお、ジャンパオロ・ダラーラ氏は上述のとおりランボルギーニに在籍しており(その前はフェラーリ)、ランボルギーニでは「ミウラ」の設計に携わったものの、ロードカーよりもレーシングカーの方に興味があり、のちにランボルギーニとたもとを分かちます。

その後1972年にはダラーラ・アウトモビリを興して数々のレーシングチームのマシンを委託開発、また共同開発するなど、現在に至るまで「モータースポーツの歴史において、ダラーラ抜きでは語れない」存在にまで成長することに。

ジャンパオロ・ダラーラ氏は軽量でシンプルなレーシングカーを好んだといい、ロータスの設計をいつも参考にしていたようですね(そう考えると、このダラーラ・ストラダーレの構造も納得)。※2013年にはイタリア共和国功労勲章を受賞しており、現在も存命中

本来であればウインドウやルーフは「オプション」

このダラーラ・ストラダーレに積まれるエンジンは2.3リッター4気筒スーパーチャージャー、トランスミッションは6速マニュアル・トランスミッションが標準となり、「そのままではフロントウインドウもサイドウインドウもルーフもなく、それらはオプション扱い」というトンデモない仕様を持っています。※開いているのはオプション扱いのルーフで、「ドア」ではない

124556599_1772496442909590_8378195739370079137_o

レーシングカーメーカーの「ダラーラ」が個人向け市販車「ストラダーレ」発表。855kg、400馬力

レーシングカービルダーの第一人者、ダラーラがロードカーを発表 世のレーシングカーの多くを手がけてきたダラーラが自社ブランドの新型車「ストラダーレ」を発表。 これは以前よりウワサされていたものではありま ...

続きを見る

今回ガレージ・イタリア・カスタムズが手を入れた個体は、ウインドウやルーフが装着されているなので「オプション」を選択した一台ということになりますが、それでも「そこまでスパルタンな」クルマをオシャレにカスタムするという天の邪鬼さは「さすが」でもありますね。

124966127_1772496439576257_6004864010229354545_o

イメージしたのはフレッチェ・トリコローリ

そして今回ガレージ・イタリア・カスタムズがこのダラーラ・ストラダーレのカスタムモチーフとして選択したのは「フレッチェ・トリコローリ」。

これはイタリア空軍所属のアクロバティック飛行部隊で、「フレッチェ」は”矢”、トリコローリは「三色」を意味しており、ボディサイドにはまさに矢のように飛ぶ3機の戦闘機、そしてイタリアントリコローレをあらわした飛行軌跡が再現されています。

124238819_1772496449576256_4006833264059179020_o

なお、フレッチェ・トリコローリは1961年に発足した歴史あるチームで、現在のところアクロバティック飛行部隊としては世界最大。

ガレージ・イタリア・カスタムズでは、60周年を迎えるフレッチェ・トリコローリへのトリビュートとして、機体と同じマットブルーのラッピングをダラーラ・ストラダーレに施したようですね。

124120935_1772496456242922_8772695229772791839_o

あわせて読みたい、ガレージ・イタリア・カスタムズ関連投稿

クラシックパンダをEV化し内外装を「インディ・ジョーンズ」仕様へとカスタムしたショップが登場!ぜひ日本でも販売希望

| EVなるもトランスミッションを装備して「高電費」化。しかも4WD | フィアット、そしてフェラーリを仕切るアニエッリ家一族のラポ・エルカーン氏。現在はフェラーリ副社長の職にある傍ら、自らもカスタム ...

続きを見る

ガレージ・イタリア・カスタムズ×ミッソーニ。ワンオフのフィアット500Cが誕生

フィアット500Cとファッションブランド、「ミッソーニ」とのコラボによるワンオフモデルが登場。 カスタムしたのはフィアット御曹司、ラポ・エルカーン氏率いる「ガレージ・イタリア・カスタムズ」。 これはミ ...

続きを見る

今度はかなりヤバい。ガレージ・イタリア・カスタムズが内外装ともエロ満載のフィアット500を発表

ガレージ・イタリア・カスタムズが新作を発表。 フィアット500をベースとしたものですが、「フィアット500カーマスートラ」と名付けられています。 「カーマ・スートラ」は古代インドにて成立したと言われる ...

続きを見る

参照: Garage Italia(Facebook)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f