>ランボルギーニ(Lamborghini) ■バイク(自転車/自動二輪) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ついに「ランボルギーニ×ドゥカティ」のコラボバイクが実現!シアンっぽいカラーを持つ"ディアベル1260ランボルギーニ"の発売が予告

投稿日:

ランボルギーニとドゥカティとのコラボバイク

| ドゥカティ・ディアベル1260ランボルギーニの車体カラーはシアンFKP37と同じ? |

さて、ぼくが「あったらいいな」と考えていたモノのひとつ、「ランボルギーニとドゥカティとのコラボバイク」がついに実現。

なお、現在ドゥカティの株式はランボルギーニが所有していると報じられており、そしてランボルギーニはフォルクスワーゲングループに所属しているので、ランボルギーニはフォルクスワーゲンにとって子会社、そしてドゥカティは孫会社のような位置づけだと考えて良さそうです。

そして今回のコラボモデルについては「ドゥカティ・ディアベル1260ランボルギーニ」を名乗るようですね。

さっそくランボルギーニのオーナー向けアプリが大活躍

先日、ランボルギーニオーナー向けアプリ「UNICA」にて最新情報が配信されるという話をお伝えしましたが、今回のドゥカティ・ディアベル1260ランボルギーニについてもアプリ経由にていち早く届けられており、「けっこういいなこのアプリ」という印象。

今後の情報配信にも期待できそうです。

ランボルギーニのアプリ
ランボルギーニオーナー限定アプリ「UNICA」がスゴい!生産状況が確認できたり自分のクルマを管理したり「バーチャルガレージ」も作ることができるぞ

| けっこう内容が充実していて驚いた | さて、ランボルギーニがオーナー向けに展開しているアプリ、「Lamborghini UNICA」。これはオーナーのみしか利用できず、利用登録するには車台番号や車 ...

続きを見る

現在、ランボルギーニとドゥカティの将来は不透明だが

ちなみにフォルクスワーゲンはランボルギーニ、ドゥカティ、そしてイタルデザイン(これもランボルギーニが株式を所有)を”3点セット”として分離(分割)させることを決めたと報じられていますが、その方法は現時点で不明。

ただし分離と言ってもどこか他企業へと売却するのではなく、ランボルギーニを上場させ、その後に株式を売却することで「株式の売却益を得つつも、子会社から外し」、利益獲得そしてCAFE規制の達成両方を狙うのだと思われます。

その場合であっても、フォルクスワーゲンがランボルギーニの最大株主であり続けるのだと思われ、よって現状とはそう大きく事情は変わらず、しかしランボルギーニにとっては自由度が増すという結果になりそう。

ランボルギーニ・アヴェンタドール
どうやらVWが「ランボルギーニとドゥカティとイタルデザイン」をグループから分割することを決めたようだ!ただしその方法はまだ不明

さて、「フォルクスワーゲンは11月に重要会議を開き、そこでグループ傘下にあるランボルギーニの去就を決定する」と報じられていましたが、今回ロイター、そしてオートモーティブニュース・ヨーロッパが報じたとこ ...

続きを見る

ランボルギーニとドゥカティとのコラボレーションは「初」

なお、ランボルギーニとドゥカティは本社が同じボローニャにあり、ランボルギーニによる株式取得後にはなんどか共同にてイベントを行いつつも、今回のようなコラボ製品の展開は「初」。

ただしランボルギーニの得意とするカーボンファイバーに関する技術など、部分的なやりとりはこれまでにもあったのかもしれません。

バイクにもダウンフォース!ウイング追加で接地性が向上したドゥカティ・スーパーレッジェーラV4が500台のみ限定にて発売

| 車体の主要構造パーツはすべてカーボン製 | ドゥカティが限定生産(500台)となる新型スーパーバイク、スーパーレッジェーラV4を発表。べースとなるのはパニガーレV4ですが、エンジンは1,103cc ...

続きを見る

ドゥカティ・ディアベル1260はこんなバイク

そして今回のドゥカティ・ディアベル1260につき、これは1.3リッターエンジンを搭載し157HP(159PS)を発生するバイクですが、ネイキッドとクルーザーとの中間のような独特のスタイリングを持っていることが特徴(ディアベル1260で2,375,000円、ディアベル1260Sで2,765,000円)。

「ディアベル(Diavel)」はランボルギーニ/ドゥカティ本社所在地であるボローニャ(エミリア・ロマーニャ地方)の方言で「悪魔」を意味し、これは開発中のディアベル(プロトタイプ)を見たドゥカティの社員が「悪魔のようだ・・・」とつぶやいたことから採用されたと言われていますね。

Diavel-1260-Sandstone-Grey-MY20-Model-Preview-1050x650

車体カラーはランボルギーニ・シアンFKP37と同じ?

今回公開されたオフィシャルフォトを見ると、そのカラーはオリーブグリーンのように見え、これはおそらくランボルギーニ・シアンFKP37(のオフィシャルフォト)と同じカラーを採用しているようにも。

シアンはランボルギーニ初の量産ハイブリッドモデルであり、その技術やデザインもスタンドアローンだと報じられていて、そしてそのシアンFKP37とドゥカティ・ディアベルとのコラボレーションということになるのかもしれません。

現時点ではどこまで「ランボルギーニ仕様」になるのかは不明ですが、発表を楽しみに待ちたいところですね。

sian

ランボルギーニが新型車「シアン」を正式公開し、その名称を「Sian FKP 37」だと発表。FKPはポルシェ創業者の孫のイニシャル←なぜ?

| FKP(フェルディナント・K・ピエヒ)なしには現在のランボルギーニは存在し得ない | ランボルギーニが初の市販ハイブリッドカー「シアン」をフランクフルト・モーターショーにて一般公開。そしてその正式 ...

続きを見る

参照:Lamborghini, DUCATI

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini), ■バイク(自転車/自動二輪), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5