>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティン史上もっとも美しい限定車!「ヴァンテージV12ザガート”クーペ”とヴァンテージV12ザガート”スピードスター」とのセット、ヘリテージ・ツインズが公開

投稿日:2020/12/06 更新日:

アストンマーティンV12ザガート・ヘリテージ・ツインズ

| ヴァンテージV12ザガート・ヘリテージ・ツインズは19セットのみ、価格は非公開 |

AFレーシングはアストンマーティンの許可を取り、アストンマーティンのクルマをカスタムして販売する新ブランド「R-Reforged(Rリフォージド)」を立ち上げていますが、今回はその第一弾となる限定シリーズ「ヴァンテージV12ザガート・ヘリテージ・ツインズ(Vantage V12 Zagato Heritage Twins by R-Reforged)」から最初の”1セット”が公開されています。

アストンマーティンに新たな限定「セット」、ヴァンテージV12ザガート・ヘリテージ・ツインズ発表!なんとヴァンテージV12初の「スピードスター」が登場

そして新ブランド「R-Reforged」が誕生 先日、「2台セット」で販売する「センテナリーコレクション」を発表したばかりのアストンマーティン。これはザガート100周年、アストンマーティンとザガートと ...

続きを見る

最初のセットはザガートのプライベートコレクションに

このセット=ツインズはアストンマーティン・ヴァンテージV12ザガート”クーペ”とヴァンテージV12ザガート”スピードスター”にて構成されますが、最初の1セットはザガートのプライベートコレクションに収められると報じられており、これらの仕様を決定したのはアンドレア・ザガート/マレッラ・ザガート夫妻。

もともとこのツインズはザガートの100周年を記念して企画されたものなので、ザガートに納められるのは当然でもありますが、あまりに美しい「金銀コンビ」だと思います。

aston-zagato-heritage-twins-rreforged-first-units-2

ヴァンテージV12ザガート・ヘリテージ・ツインズのベースとなるのは「先代」ヴァンテージ

なお、このヴァンテージV12ザガート・ヘリテージ・ツインズのベースは「先代」ヴァンテージ。

現行ヴァンテージでもヴァンキッシュでもDBSスーパーレッジェーラでもなく「先代ヴァンテージ」を選んだのは、現ザガートCEO、アンドレア・ザガート氏によると「ヴァンテージV12ザガートが、ザガート史上もっともレトロフューチャーなデザインを持っているから」。

aston-zagato-heritage-twins-rreforged-first-units-4

おそらくこのヴァンテージV12ザガート・ヘリテージ・ツインズは「アストンマーティンの歴史においても有数のコレクターズアイテム」となることは間違いなく、であれば現代的な(現行)ヴァンテージよりも、タイムレスな先代ヴァンテージをベースにした方がいいのかもしれませんね。

aston-zagato-heritage-twins-rreforged-first-units-3

実際にザガートはこのツインズについて「完璧なガレージを再現するためのコレクターズアイテム」とも表現しており、19セットという希少価値をもって多くのコレクターに愛されることになりそうです。※ヴァンテージV12ザガート・ヘリテージ・ツインズの価格は明かされていない

aston-zagato-heritage-twins-rreforged-first-units-5

ヴァンテージV12ザガート・ヘリテージ・ツインズに搭載されるエンジンは5.9リッターV12

ヴァンテージV12ザガート・ヘリテージ・ツインズに搭載されるエンジンは6リッターV12、出力は600馬力。

排気量から判断するに「AM11」もしくは「AM06」エンジンであり、となると自然吸気エンジンだと考えてよく、これもまたコレクターズアイテムにふさわしい内容を持つと言えそう。

aston-zagato-heritage-twins-rreforged-first-units-9

なお、製造はワーウィックにある、Rリフォージッドの新しい工場にて行われる、とアナウンスされています。

画像を見るに、一枚一枚、オーナーの名を記したプレートが装着されるようですね。

aston-zagato-heritage-twins-rreforged-first-units-8

ヴァンテージV12ザガート・ヘリテージ・ツインズの車高は10ミリダウンされ、一方でトレッドは20ミリ拡大されているといい、つまりは「低く広く」。

ホイールサイズは19インチ(「このスタイルだとあまり大きくない方が似合いそう)、タイヤはミシュラン・パイロットスポーツ4S。

AFレーシングはアストンマーティンの車両を使用してモータースポーツに参戦してきたという歴史を持ち、エアロパッケージ、車体のセットアップにはそのノウハウが生かされているのは間違いなさそう。

aston-zagato-heritage-twins-rreforged-first-units-10

テールランプのレンズ、内部の造形、フロントフェンダーサイドに取り付けられる「Z」エンブレムなど、そのディティールはまさに芸術品とも言える仕上がりを持つようです。

aston-zagato-heritage-twins-rreforged-first-units-7

インテリアもまさに特別仕様。

19セットそれぞれがオーナーの好みによってカスタムされ、「無限」とも言える選択肢の中から固有の仕様が与えられることになる、とのこと。

aston-zagato-heritage-twins-rreforged-first-units-6

合わせて読みたい、アストンマーティン関連投稿

アストンマーティンが88台限定、1億円超のV12スピードスター発表!700馬力、フロントスクリーンなし、最高速度は300km/h

この記事のもくじ1 | ヘルメットなしには乗ることができない |1.1 「スピードスター」は一つの流行1.2 アストンマーティンV12スピードスターのインテリアはこうなっている1.3 こんな記事も読ま ...

続きを見る

その価格8.8億。アストンマーティンがDBZセンテナリーコレクションのイラストを公開。2台ペアで19セットのみが販売に

ザガート100周年記念、そしてアストンマーティンとザガートとの関係継続60周年記念 先日、アストンマーティンが「ザガート100周年、そしてザガートとアストンマーティンとの提携60周年」を記念した「2台 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5