>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

あのBMW i8が4年落ちで半額の1000万円!「ハイブリッド」「クーペ」という中古価格が安くなる2大要素を備えて大変お買い得な状況に

投稿日:

BMW i8の中古車が激安

| 販売価格がこれだけ安いということは、それだけ売却価格も安いということに |

さて、中古になるととたんに安くなるボディタイプといえば「セダン」「スポーツクーペ」。

セダンだと「ホンダ・レジェンド」「マセラティ・クワトロポルテ」といったクルマが中古市場ではとんでもなく安く販売されており、スポーツクーペだとBMW 6シリーズやレクサスRC、アストンマーティン(先代ヴァンテージ)といったクルマが相当にお買い得。

フェラーリのエンジンを積む現行マセラティ・クワトロポルテの中古は300万円台から買える!中古を買ってエアロを装着→見栄を張ってみるのも良さそうだ

この記事のもくじ1 | ただし、それはボクのやり方ではないけれど |1.1 安くなった中古輸入セダンを買ってカスタムするのも悪くない1.2 クワトロポルテの中古価格は言って入レベルから下がらない1.2 ...

続きを見る

逆に「中古でも高い」のはSUVや軽自動車といった現在人気のカテゴリで、そのほかは「(ランクルのやメルセデス・ベンツGクラスのような)本格オフローダー」、スポーティカーではなくピュアな”スポーツカー”はかなり高価に推移ししており、特定の目的のために作られたクルマは必ず下支えする需要があるということもわかります。

これから中古車が安くなるカテゴリは?

そして今後安くなるだろうなというのが「EV」そして「ハイブリッド」。

EVについては日産リーフ、三菱i-MiEVが悲惨な相場を形成しており、これは「バッテリーの劣化」が原因だと言われます。

日産リーフの中古は20万円台から買える!維持費が安く「足」には最適なのになぜ売れない?

この記事のもくじ1 | ふと、日産リーフの中古を買おうと思った |1.1 EV重視戦略は「やむをえず」1.1.0.1 関連記事 | ふと、日産リーフの中古を買おうと思った | さて、現在の自動車メーカ ...

続きを見る

それはハイブリッドでも変わらないようで、たとえばトヨタ・アクアなどは相当に低水準な相場にて推移している模様。

現時点で「安くなる条件を兼ね備えたクルマ」、それがBMW i8

そこでふと思ったのが、「クーペ」「ハイブリッド」という、価格が下がりやすい要素を兼ね備えたクルマがあるじゃない、ということ。

つまりそれはBMW i8なのですが、実際に調べてみると、新車価格約2000万円に対して2015〜2016年モデルだとその半額の1000万円前後で販売されています。

ぼくは最近、1000万円弱でポルシェ・マカンSを購入したものの、それと同じ価格でBMW i8が購入できるというのがちょっと驚きですね。

ちなみに現在カーセンサー上にて販売されているi8は全部で30台ですが、全体的に価格は低めであり、この価格で販売されているのであれば、「売却価格は相当に低いんだろうな・・・」と思ったり。

ということは、今後フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンから発売されるであろうハイブリッドスポーツについても、このBMW i8と似たような運命を辿ることになるのかもしれません。

税務的な観点だと、2016年モデルを1000万円で購入した場合は「2年で1000万円」を償却できるので、利益処分を考えると「BMW i8の中古を買うべきだったな」という気もしてきます。

BMW i8はこんなクルマ

BMW i8は2013年に発表、2014年に納車が開始されたプラグインハイブリッドカーで、同時に立ち上げられたエレクトリックブランド「i」のフラッグシップ。

カーボンモノコックフレームを使用し、搭載されるエンジンは1.5リッター3気筒。

このガソリンエンジンは6速トランスミッションと組み合わせられて後輪を駆動し、フロントに搭載されたエレクトリックモーターにて前輪を駆動するという4WDレイアウトを採用しています。

出力はシステムトータルで362馬力、エレクトリクモーターのみで35kmの走行が可能だとされていますね。

そのルックスはスーパーカー的

BMW i8はバタフライドアを採用しており、そのルックスがあまりにスーパーカー的ではあるものの、BMWはi8について「スーパーカーではない」と定義しており、あくまでもサステイナブルなエコカーだということを主張。※実際のところ燃費志向なのでタイヤもかなり細い

そのため、「ハイパフォーマンスをウリにするMブランドとは相容れない」として頑なにMモデルの設定を拒んでいます(その後は翻意したのか、ヴィジョンMネクストにて、M+エレクトリックを提案している)。

BMW ヴィジョンMネクスト・コンセプト
BMW「ヴィジョンMネクスト」発表!600馬力のPHEV、そして”BMW「ターボ””M1”を強く意識したデザインを持つスーパーカー

| 内容を見ると実現可能な要素が多そうだ | BMWが、先日「アートな画像」によって予告した「ヴィジョン M ネクスト(Vision M Next)を正式発表。これは「デザイン」「先進技術」「自動運転 ...

続きを見る

仮にBMW i8を購入したとして、全長4690ミリ、全幅1940ミリ、全高1300ミリというボディサイズを持て余す可能性もあって、かつ車内収納スペースの狭さに戸惑うこともあるかもしれませんが、サイズ的にはポルシェ・マカンと似たようなもので、収納スペースについても718ケイマンと同じくらいだと考えれば、「まあ普通に乗れる」のかもしれません(しかも燃費が良く、税金も安い)。

あわせて読みたい、お得な中古車関連投稿

レクサスが毎年恒例の「小変更」をRCに実施、スマホ連携を強化。レクサスRCは初期モデルの中古だと300万円を切る相場に突入し、「お買い得クーペ」に

| 今回の変更では外観、走行性能の変更はナシ | ここ最近、連続して既存モデルを改良しているレクサス。今回、GS FやLSに続き、RCの一部改良モデルを公開しています。なお、レクサスRC/RC Fは昨 ...

続きを見る

【動画】え?あの車がこの価格で?「中古だけど、乗っているとリッチに見える車8選+1」!マセラティ、アストンマーティン、ベントレーも夢じゃない!

この記事のもくじ1 | 世の中には「中古車」という夢のような選択肢がボクらを待っている |1.1 ヴェイダーG351.2 マセラティ・グラントゥーリズモ1.3 アストンマーティンV8ヴァンテージ1.4 ...

続きを見る

メルセデス・ベンツ、BMW、ボルボ・・・。え?あのクルマがこの価格で?「50万円以下で買える」中古車13選!

この記事のもくじ1 | 色々と検索してみると、信じられないような選択肢も多かった |1.1 メルセデス・ベンツAクラス1.2 ミニ1.3 レクサスIS1.4 ボルボC30/S401.5 ボルボV50/ ...

続きを見る

参照:carsensor edge

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5