>ランボルギーニ(Lamborghini) ●ランボルギーニ・ウラカン

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのレビュー「オプション編(5)」!インテリアにはなぜ「ブラック」を選んだのか

投稿日:

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの内装

| ランボルギーニ・ウラカンVO RWDで狙ったイメージは「タイムレス |

さて、ぼくのランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに装着したオプションを紹介してゆくシリーズ、今回は内装編。

インテリアにかけたオプションはおおよそ170万円くらいですが、その内容を見てみたいと思います。

まず、ぼくのウラカンEVO RWDのインテリアカラーは「ブラック」(標準仕様なのでオプション価格はゼロ。ブラックとブラウンは無償で選べる)。

これは以前に乗っていたウラカンLP610-4のホワイトとは真逆の選択ではありますが、その理由としては「ちょっと前のスーパーカー風にしたかった」こと、「タイムレスな雰囲気にしたかった」ということ。

L1280889

ウラカンEVO RWDにはオプションで「EVOトリム」を選択できるが

なお、ウラカンEVO RWDのインテリアにおける選択肢はけっこう多く、主には「単色レザー」「ツートンレザー」「アルカンターラ」といった選択肢があり、ツートンレザーとアルカンターラには「EVOトリム」と呼ばれるオプションを追加できます。

d

これはシート表皮に近代的な切り返しが追加されたり、センターコンソールがダッシュボードのハニカムパーツがハイグロスブラックになったり、ドアインナーハンドルがレザー巻きになったりというもので、しかしぼくのウラカンEVO RWDにはこれが非装着。

これもやはり「タイムレスな雰囲気」を重視したことが理由となり(ボディカラーもクラシックなブルー・ル・マンですし)、EVOトリムは”あまりに斬新すぎる”と考えたわけですね。

L1280902

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは47色、ブレーキキャリパーは8色、インテリアにも豊富な選択肢

この記事のもくじ1 | ランボルギーニのオプションは年々増えてゆく |1.1 ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの外装はこういった選択肢がある1.2 ウラカンEVO RWDのインテリアはこうなって ...

続きを見る

しかしながらEVOトリム非装着にはちょっと後悔

ただ、ぼくはこの「EVOトリム」について、シート表皮やドアインナーパネル、ニーレストくらいしか変更されていないと誤認識していて、発注したのちにセンターコンソールやドアインナーハンドル、ダッシュボード等にも変更が及ぶと知ることになり、「EVOトリムを装着しとけばよかったな・・・」とちょっと後悔してしまったオプションでもあります。

しまった!注文したランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの内装オプション見落としてた!!→まあいっか。自分でカスタムすることに

この記事のもくじ1 | ボクはいつも何かを見落としてしまう |1.1 ウラカンEVO RWDのインテリアのフィニッシュはウラカンEVOとは異なる1.2 何ごとも前向きに1.3 こんな記事も読まれていま ...

続きを見る

カラーステッチ(105,490円)

そしてここからが追加したオプションですが、まずは「カラーステッチ」。

これはシートやアームレスト、ダッシュボード、ドアインナーパネル、ニーレストのステッチカラーを選べるというもの。

L1280901

なお、ステッチカラーはイエロー、オレンジ、レッド、ホワイト、ブルー、グリーン等あわせて17色から選択ができますが、ぼくが選んだのはブレーキキャリパーにあわせて「オレンジ」ステッチ。

L1290584

「糸のカラーを変えるだけで10万円」というとけっこう高く感じてしまうものの、雰囲気が相当に変わるオプションであり、ぼくとしてはけっこうオススメな選択肢です。

L1290587

オプションステッチ(ステアリングホイール)30,140円

なお、インテリアカラーのステッチを変更してもステアリングホイールのステッチカラーは「ブラック」のままであり、これを変更しようと考えると30,140円の追加費用が必要です。

ぼくはすぐに「イタリアンカラー」のオリジナルステアリングホイールに交換していますが、それでもステアリングホイールのステッチにも「オレンジ」を選んでいます(費用も高価ではなく、何らかの事情でブラックのステアリングホイールに戻す可能性もあるため)。

L1280608

オレンジシートベルト 188,430円

これはウラカンLP610-4を購入した時点ではまだ設定そのものが存在なかったオプションで、しかしフェラーリなどほかのスーパーカーでは選ぶことができ、当時から「(ほかのスーパーカーが)羨ましい」と考えていたもの。

よって次に購入するランボルギーニにカラーシートベルトが設定されることがあれば必ず装着しようと考えていて、今回はそれを実行したということになりますね。

この「シートベルトのカラー変更」というのは、車両製造時に「シートベルトユニットをまるごとを替えるだけ」だと思われ、さほど手間がかかるわけではないと考えられる割に高額なオプションではありますが、ドアを開けると目に入り、乗車時には必ず目と手に触れるので「満足度は高い」と考えています。

L1280903

ちなみにシートベルトはブラック、レッド、イエロー、オレンジ、グリーン、ネイビーなど合計10色から選択可能(ブラック以外はオプション費用が必要)。※イタリアンカラーなど複数カラーを一本の中に組み合わせることができればいいなあ、と思う

こんな感じでシートそのものやステッチ、シートベルトなどのカラーについてはそうとうな組み合わせがあり、シンプルなものから「複雑なものまで」まさに個性を存分に発揮できる内容が揃い、エクステリアとあわせて選べる楽しみが詰まっている、と思います。

合わせて読みたい、関連投稿

ランボルギーニ・ウラカンEVOのインテリア
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD納車直後のカスタム"その3"!カーボン製内装パーツ取り付けなど

この記事のもくじ1 | 本来、「被せる」タイプのカーボンパーツはあまり好きではないが |2 カーボン製メーターフードカバー2.1 製品そのものは安心の日本製3 カーボン製エアコンベントカバー4 ランボ ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのリア(天保山にて)
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDにはどれくらい荷物が載るのか?フロントトランク、室内の収納スペースはこんな感じ

この記事のもくじ1 | それほど荷物が載るわけではないが、ボクはとくに不便を感じていない |2 ウラカンEVO RWDの収納スペースは「最小」2.1 ウラカンEVO RWDのフロントトランクはこうなっ ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのインテリア
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのレビュー「内装編」その2!信じられないがウラカンはドライバーに優しい設計を持っていて"もっとも運転しやすい"スーパーカーの一台だと考えている

この記事のもくじ1 | 見た目のスパルタンさに比較して、実際の構造はよく”使い勝手”が考えられている |2 ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの視界はこんな感じ2.1 ウラカンの視界については実に ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5