■服や小物、時計、雑貨など ■近況について

最近購入したモノ4連発。デサント オルテラインのジャケットを色違いで2つ、デサントZERO STYLEのジャージ上下。冬のスーパーカースタイルはこれで行く

投稿日:

デサント オルテラインのシェルジャケットを買った

| デサントのアパレルはとにかく動きやすく、スポーツカーやスーパーカーに向いている |

さて、最近ぼくがハマっているアパレルブランドが「デサント オルテライン」。

オルテラインを英語にて表記すると「ALLTERRAIN」となり、ぼくらにとってはオフロードタイヤの「オールテレーン」として親しみのある言葉ですね。

デサント オルテラインは「デサントの多機能高級ブランド」という位置付けになるかと思いますが、有名なのはやはり「水沢ダウン」。

これはデサントアパレルの水沢工場にて開発された製法を持つダウンジャケットはじめとするアパレルを指しますが、ダウンパックの製造にあたっては「ステッチ」ではなく熱圧着を使用することで水の侵入やダウンが「外に出たり」という現象をゼロにしているわけですね。

現行ラインアップだと「マウンテニア」「シャトル」「アンカー」「ストーム」が展開され、ビームスやユナイテッドアローズ、シップス等のセレクトショップでもおなじみです。

2021-01-02 10.26.20

ただしボクが狙うのは水沢ダウンではない

なお、水沢ダウンは2008年に初代が登場していますが、ぼくはその頃に一度購入したことがあり、その際に感じたのが「暑がりの自分には暖かすぎて着ることができない」。

つまりはそれくらい高い保温性を持つのが水沢ダウンであり、それ以降水沢ダウンとは縁遠い生活を送っています。

じゃあデサント オルテラインで何を購入するのかというと「シェルジャケット」。

2021-01-02 10.26.47

ダウンの入っていない、薄い生地を使用したジャケットということになりますが、生地が強靭かつ防寒性に優れ、風や水を防いでくれるという優れもの。

今回購入したのは「クレアス」なるモデルで、ブラックとスノーホワイトを2つまとめて購入しています。

L1300089

デサント オルテライン「クレアス」はこんなジャケット

そこでこの「クレアス」ですが、全体的なラインはかなり細め。

このあたり欧米のアウトドアブランドの製品とは大きく異なる部分です(とくにアームがスリムな製品は欧米に少ない)。

さらには人体の構造にあわせたカッティングを持つので、着やすく動きやすい、という特徴も。

L1300102

素材は「ENTRANT WINDTIGHT NYLON 2.5L」。

L1300096

スノーホワイトバージョンはジッパーやドローコードなどすべてが「ホワイト」なのでちょっとオシャレ。

L1300090

裏面にはもちろんシームシールつき。

L1300097

フロントジッパーは「デュアルベンチレーション」。

これはデサントが開発した機構で、「2列のジッパーとその間に配置されたメッシュ生地により、外気を取り込み、衣服内にこもりやすい不快な熱や湿気を逃がすことが可能」だと紹介されています。

L1300101

脇にもベンチレーション。

L1300103

フードも独自の”パラフードシステム”。

「フードをコンパクトに収納するだけでなく、雨などの悪天候下での着用も考慮しフードへの水たまりを防ぐ」とのこと。

なお、襟のあたりはけっこう広く取られていて、中にマフラーを巻いたりという使い方ができそう(中にもう一つフード付きの衣類を着てもOK)。

L1300099

袖口は濡れた際でも確実にホールドでき、かつ「ベリベリと音がしない」ブロックフィットアジャスター。

ベルクロだと「オス」側が繊細な生地を持つ衣類に引っかかることがあるものの、このブロックフィットだとその心配もナシ。

L1300092

ジッパーはもちろん止水仕様。

L1300091

ちなみに「脱いだときにコンパクトになる」というのもけっこう重要で、というのもスーパーカーやスポーツカーは収納スペースが狭く、ダウンジャケットだと脱いだ時の収納場所に困るから(1リットルくらいのペットボトルと同じくらいのサイズに畳める)。

L1300100

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのリア(天保山にて)
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDにはどれくらい荷物が載るのか?フロントトランク、室内の収納スペースはこんな感じ

| それほど荷物が載るわけではないが、ボクはとくに不便を感じていない | さて、今回はランボルギーニ・ウラカンEVO RWDにはどれくらい収納スペースがあるのか?ということについて触れてみたいと思いま ...

続きを見る

ほかにはデサントのこんな製品も購入した

そのほかに購入したのはデサント「ZERO STYLE」のスウエットパンツ。

これはデサントいわく「膝の屈曲や、ランニング中の大きな股の動きなど、人体解剖学的な視点から開発を行った【PT ZERO】パターンを取り入れた」とのことで、とにかく動きやすいことが特徴です。

シルエットはタイトで、ナイキのテックフリースシリーズのようなイメージです。

とくに、無理な姿勢を強いられることもあるスーパーカーの乗降には非常に適している、と思います(そのため、今までに4本ほど購入している)。

L1300108

ウブロの腕時計、キングゴールド
なぜボクはスーパーカーに乗るときにはジャージを着るのか(最新版)!

| ジャージを着てスーパーカーに乗るとかなり意外に思われることが多いようだ | さて、一部の人にとって「意外」だと捉えられるのが、ぼくがスポーツカーやスーパーカーに乗る時に「ジャージ(スウエットパンツ ...

続きを見る

カッティングはこんな感じで非常に特殊。

L1300107

この複雑さが「単なるジャージではなく、オシャレジャージ」的な雰囲気を発しています。

L1300109

こちらはお揃いとなるパーカー。

ちなみに半年ほど前にも同シリーズの上下を購入していますが、今回購入したものは季節柄「ちょっと生地が厚め」に作られているようですね。

L1300104

最近購入したもの4連発。ディースクエアードの3ピーススーツ、デサント ZERO STYLEのジャージ上下

| デサント オルテレインははじめて買ったがなかなかに良さそうだ | さて、最近購入したもの四連発。今回はディースクエアード(D SQUARED)の3ピーススーツ、デサント ZERO STYLEのパー ...

続きを見る

パンツ同様、複雑なカッティングで動きやすさに配慮されているのが特徴。

とりあえずこの冬にスーパーカーを運転するときはこのスタイルで行こうと思います。

L1300105

参照:DESCENTE

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■服や小物、時計、雑貨など, ■近況について
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5