ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他アメリカ車 ■そのほか車関連のネタなど

SCGがレトロフューチャーな燃料電池スーパーカー「SCG009」公開!今はコンセプト段階だがぜひ発売してほしい

投稿日:2021/01/11 更新日:

スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス「SCG009」

| 現実に登場したら「購入したい」と思う人も多そうだ |

さて、アメリカの自動車メーカー、スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス(SCG)が自身のFacebook上にて「SCG009コンセプト」を公開。

これはその背景を見ても分かる通り、未来を意識したコンセプトカーということになりそうですが、動力源はFCV(燃料電池車)をイメージしているようですね。

なお、そのスタイリングはフェラーリ・モデューロもしくはストラトス・ゼロを彷彿とさせるように思います。

ちなみにぼくは直線的かつウェッジシェイプを持つデザイン、未来的な雰囲気が大好きなので、このレンダリングには強い興味を持っています。

スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスはこんな自動車メーカー

スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスはフェラーリコレクター、映画監督など様々な肩書を持つジェームズ・グリッケンハウス氏によって設立された自動車メーカー。

当初は「自動車メーカー」として認められなかったものの、現在では承認もおりて「正式な」自動車メーカーとして活動しています。

そしてこのジェームズ・グリッケンハウス氏はこれまでにもエンツォフェラーリをベースに、ピニンファリーナへとカスタムを依頼して「フェラーリP4/5」などを製作したことも。

42b4f1c6

加えて同氏は、かつて大阪万博にも展示され、ケン・オクヤマ氏にも多大な影響を与えたとされる「フェラーリ・モデューロ」を購入してレストアし、再度走行させることに成功した人物としても知られます。

フェラーリコレクターが1970年のコンセプトカー「モデューロ」をレストア。はじめて走行に成功させる

| このプロジェクトを成功させたのは”あの”ジェームズ・グリッケンハウス | 1970年に製造され、大阪万博にも展示された「フェラーリ・モデューロ」がレストアされて走行する姿を披露。 レストアを行なっ ...

続きを見る

スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスの実力はバカにできない

そして同氏はクルマ好きが高じ、自身で自動車メーカー「スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス(SCG)」を興すことになりますが、ここでは「SCG001」から「SCG007」までを発表。

なお、SCG007については、これをもってル・マン24時間レースのハイパーカークラス「LMH」へと参戦することを表明しており、その活躍が期待されているところ。

ル・マンに新設のハイパーカークラス参戦第一号、SCG007が公開。これでアストンマーティン・ヴァルキリー、トヨタGRスーパースポーツと戦うことに

| プライベートチームが大手メーカーとどこまで戦えるかはちょっとした見もの | ル・マン24時間レースには来年より「ハイパーカークラス」が設立されますが、これは従来の最高峰であるLMP1クラスに取って ...

続きを見る

いやいや素人がル・マン参戦用のクルマを作るなんて無理じゃないの?と考えてしまいがちですが、これまでにSCGが唯一発売したオフローダー「BOOT」だと、世界一過酷だとされるオフロードレース「バハ1000」に参戦しており、なんとこれを完走するという偉業を達成(フォードはワークス体制にて臨んだが完走できなかった)。

しかも自走してレースに参加し、レースを走った後にもまた自走して帰ってきたというタフさを見せつけており、どうやらSCGの実力は本物と考えて良さそうです。

フェラーリコレクターの作った究極オフローダーが2000万円超で販売開始!購入者は世界一過酷なレース「バハ1000」にも出場可能

たぶんその性能はスーパーカーなみ フェラーリコレクターにして映画監督、そして自身の自動車メーカー「スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス=SCG」を設立したジェームズ・グリッケンハウス氏。これまで ...

続きを見る

いろいろなものに影響を受けやすい?

そうやって様々なクルマを発表し、またコンセプトカーやレンダリングを公開してきたジェームズ・グリッケンハウス氏ですが、そのデザインの多くは「何か」に似ているのもまた事実で、これまでにもランボルギーニ・ヴェネーノ、フェラーリのクラシックモデルに似たクルマも。

今度はフェラーリ250+コブラ+コルベット?SCGがまた「なにかに似てる」新型車を発表

| 今度はクラシックカー?スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス | 自分の趣味を形に、しかもビジネスにしてしまう男、ジェームズ・グリッゲンハウス氏。 同氏は自動車メーカー「スクーデリア・キャメロ ...

続きを見る

今回のSCG009コンセプトは「フェラーリ・モデューロ+ランチア・ストラトス・ゼロ」?

そして今回公表されたSCG009コンセプトですが、見た限りではストラトス・ゼロ、そしてフェラーリ・モデューロとのハイブリッドのようにも見えますね。

まずこちらはフェラーリ・モデューロ。

宇宙船の船室(モジュール)をイメージしたと言われ、コンセプトカーとして1台のみが製造されたと言われます。

ferrari-modulo (3)

こんなコンセプトカーもあった。宇宙船がモチーフ、大阪万博にも展示された「フェラーリPF 512S モデューロ」

| フェラーリは1970年にこんな未来的な車を作っていた | 以前に「ストラトスHFゼロ」を紹介しましたが、ストラトスHFゼロと当時双璧をなしたコンセプトカー、「フェラーリ・モデューロ(Ferrari ...

続きを見る

こちらはストラトス・ゼロ。

デザインはベルトーネ、車高はなんと83センチ。

世界で最も車高の低い車を目指したと言われ、こちらも今なお多くのデザイナーに対して強い影響力を持っているコンセプトカーとして知られています。

Bertone-Lancia-Stratos-HF-Zero-Concept-4-1

ランチア・ストラトスの「元祖」。今も多くの人に影響を与える「ストラトスHFゼロ・コンセプト」はこんな車だ

| ランチア・ストラトスはもともとこんな車だった | 「ニュー・ストラトス」の発売が巷を沸かせていますが、「元祖」ストラトスといえばこの「ランチア・ストラトスHFゼロ・コンセプト(1970)」。 正直 ...

続きを見る

そしてこちらがSCG009。

フロントにはLEDライトバーが装着されるなど未来的な一面もありますが、リアにはランボルギーニ・カウンタックのようなレトロなウイングも。

なお、「009」という現実的なナンバーを持つことからも、もしかしたらジェームズ・グリッケンハウス氏はこれを実際に製造するつもりなのかもしれませんね。

scg009

「便乗」も登場

そしてジェームズ・グリッケンハウス氏がこのSCG009を投稿するやいなや、多くのファンがこれに反応し、中にはこれに便乗して自身の作品を投稿するデザイナーも。

こちらはストラトス・ゼロを現代風に手直ししたもので、フロントに一列に並ぶヘッドライトが特徴的です。

2021-01-09 9.25.20

こちらはリアウイングや突き出たテールパイプにて武装した一台。

021-01-09 9.25.08

合わせて読みたい、SCG関連投稿

米フェラーリ収集家が興した自動車メーカー、SCGより「004S」発売!フェラーリっぽいルックス、マクラーレンっぽいセンターシート採用で4900万円

映画監督にしてスーパーカーコレクターであるジェームズ・グリッケンハウス氏が運営する自動車メーカー、「スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス(SCG)」が、その最新モデルである”004S”を10月か ...

続きを見る

フェラーリとピニンファリーナによる伝説的コンセプトカー「モデューロ」が記念切手に。50年前の最先端を表現し、車高はわずか93センチ

| あの頃、とにかくスーパーカーは低かった |この記事のもくじ| あの頃、とにかくスーパーカーは低かった |ピニンファリーナの90周年記念として「切手化」モデューロはこういったスペックを誇る合わせて読 ...

続きを見る

参照:James Glickenhaus

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他アメリカ車, ■そのほか車関連のネタなど
-, , , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5