>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

トヨタが「セリカ」の商標権を延長!現在の自動車業界の流れを反映し、「SUVとして」新型セリカが登場という予測も登場

投稿日:

トヨタ・セリカ(WRC)

| もともとWRCイメージが強いだけに、クーペSUVとして発売すれば販売に貢献できそう |

さて、トヨタが北米において、「セリカ(CELICA)」の商標を更新した、との報道。

以前にも「商標再登録」が報じられており、その期限が切れる前にトヨタはこの権利を延長したということになりそうで、その意図としては2つが考えられ、「トヨタの重要なヘリテージのうちのひとつである”セリカ”を他社に使用されたくないから」、そしてもうひとつは「セリカを実際に発売する予定があるから」。

参考までに、日本においては2022年9月18日まで「セリカ」の商標が有効になっています。

40

トヨタはかつてセリカの復活に言及したことがあるが

なお、トヨタはスポーツカーブランドとして「GR」を持ち、現在はGRスープラ、GRヤリスが発売中。

そこに直近で加わるのが「GR86」だと思われますが、トヨタは過去に「MR2とセリカの復活」についても示唆しています。

トヨタがセリカ、MR2復活の可能性を示唆。「第三のスポーツカー計画はすでに始まっている」

| 豊田章男社長の指揮のもと、トヨタはスポーツ色を強める | トヨタが「MR2」「セリカ」を復活させる、というウワサが浮上。 これは新型トヨタ・スープラのアシスタントチーフエンジニア、甲斐将行氏がカー ...

続きを見る

GRブランドから発売するスポーツカーとしては上述のとおり「GRスープラ」があり、これはGT4クラスの競技用マシンを発売するなど、(サーキットでの)モータースポーツに直結するクルマ。

GRヤリスはラリー(WRC)参戦用としてモータースポーツとの関わりが(開発段階から)深く、86はGRブランドのエントリーモデルとして重要なポジションを担います。

ここにもしMR2とセリカが加わるとなると、「それぞれの役割」が何なのかということになりそうで、MR2はもちろんミドシップレイアウトを採用してピュアスポーツという位置づけとなりそう。

ただしこちらは「フルエレクトリックカー」としての発売が計画されているといい、以前のMR2とはちょっと異なる性格が与えられるのかもしれません。

トヨタMR2復活の可否は近日中に決定?登場するとなると2025年あたり、ピュアエレクトリックの可能性も

| トヨタはMR2復活を検討中。その可否は近日中に決定? | トヨタがMR2を復活させるというウワサが本格化。 これはしばしば前より出ている話ではあるものの、今回英国Autocarが欧州トヨタのセール ...

続きを見る

セリカのポジションはGRヤリスが引き継ぐことに

なお、かつてのセリカのポジションはGRヤリスが引き継いだと言ってよく、となるとセリカが発売される意味が非常に希薄。

エントリースポーツとしては86が存在し、WRC参戦の地位はGRヤリスが担い、モータースポーツはスープラが担当。

そうなるともうセリカの居場所は無いと考えることができますが、可能性があるとすれば、2023年に販売が終了すると言われるGRスープラの地位を引き継ぐこと。

GRヤリスとセリカGT-FOURがサーキットにて対決

トヨタ・スープラにGRMNモデルが「記念限定車」として登場?
トヨタ・スープラGRMNが「限定モデル」として登場とのウワサ。スープラの販売が終了する直前の2023年に"ガソリンエンジン時代におけるトヨタの記念碑"として発表か

この記事のもくじ1 | 様々な話を総合するに、スープラGRMNは”ありうる” |2 スープラGRMNのウワサは随分前から出ている2.1 しかし、決定がなぜか一変?2.2 たとえ利益が出なくとも「コレク ...

続きを見る

ただしスープラとセリカとではもともとのポジションが異なるため、セリカにその大役が務まるかどうかは不明です。

そこで現在、ウワサレベルにて語られているのが、「新型セリカはSUVとして登場するんじゃないか」ということ。

「セリカのSUV版」はアリ?

つまり、新型セリカはスポーツカーとしての地位を据えて、エクリプス「クロス」のようにSUVとして生まれ変わるのではということですが、これは特段珍しい話ではなく、日産は新型フェアレディZを「SUVに」ということをずっと議論していたといい、アウディTTについても「スポーツクーペ」から「クーペSUVに」という話も出ています。

アウディは20年前にもTTのSUV化を考えていた!「アウディ・ステッペンウルフ・コンセプト(2000)」

アウディはTT発売直後からTTのサブブランド化を狙っていた? アウディが2000年にパリ・モーターショーにて発表したコンセプトカー、「ステッペンウルフ(Steppenwolf)」。ステッペンウルフとい ...

続きを見る

実際のところ、多くの自動車メーカーにおいて「SUV販売比率が過半数を超える」状態となっており、この現状を鑑みるに、スポーツカーにこだわり続けるのはナンセンス。

トヨタは現在(レクサス含めて)SUVラインアップ強化へと移行しており、しかしその流れの中で「クーペSUV」は現在存在せず、よってセリカをクーペSUVとして復活させるのは非常に”現実的”な案かもしれませんね。

合わせて読みたい、関連投稿

トヨタがMR2後継開発を明言。「スープラ、86に加えスポーツカー三本柱を構築する」

| MR2復活はビッグニュース | トヨタがMR2後継を開発中。これはGazooレーシングの主任が語ったもので、「スポーツカー三本柱」のひとつとして、ということだそうです。この三本柱とは「スープラ」「 ...

続きを見る

トヨタ・スープラ開発責任者が衝撃発言!「新型MR2はポルシェと共同開発してみたい」。実現すればスープラ以上に高いポテンシャルを持つスポーツカーに

| その可能性は「ない」とは言えない | トヨタは新型スープラを発売したところですが、そこで気になるのが「次のスポーツカー」。トヨタは「86」「スープラ」に加えて「MR2」をスポーツカーの3本柱にする ...

続きを見る

ボルボXC40
ボルボCEO「今後、SUVの販売比率は75%になるだろう」。実際に多くのメーカーはSUVによって救われ、SUVがもっとも売れているラインアップに

この記事のもくじ1 | どこまでSUVブームは続くのか。いや、ここまでくるとそれは「ブーム」ではなく時代の要望なのか |1.1 SUV市場は拡大する一方1.2 SUVに社運をかける自動車メーカーも多数 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f