>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWはレトロ路線デザインに興味なし!「復刻も、オマージュシリーズの発売もない。レトロ路線は我々の未来を閉ざすことになる」

投稿日:

BMW ヴィジョンMネクスト・コンセプト

| BMWはアイコニックなモデルを数多く持つだけにもったいない |

さて、一部で流行の「レトロデザイン」を採用した新型車。

直近だと新型フェアレディZは初代フェアレディZ(S30Z)風デザインを用いて話題となっています。

ちょっと前にまで視点を動かすと、やはり(映画「トランスフォーマー」で話題となった)カマロのネオレトロ路線、さらにマスタング、ダッジ・チャージャー/チャレンジャー、そしてポルシェ911では992世代での「先祖返り」も記憶に残るところです。

BMWにとって「レトロ路線は無い」

ただ、こういったレトロ路線については各自動車メーカーともに方向性が分かれていて、ドイツの自動車メーカーだと、メルセデス・ベンツが「パナメリカーナ・グリル」の復活など一部レトロなデザインを強調しているのに対し、フォルクスワーゲンやアウディ(の現行モデル)はほぼ過去を感じさせないデザインを持っているもが面白いところ。※アウディについては、アイコニックなデザイン/クルマが少ないためかもしれない

そしてBMWについて、キドニーグリルこそ継続しているものの、全体的には過去との決別を感じさせるデザインを用いており、長年採用してきたホフマイスターキンクのデザイン変更、そしてとうとうイカリングとは呼べなくなってしまったデイタイムランニングランプといった事例も。

これについて、BMWのデザイン部門を管理するエイドリアン・ファン・ホーイドンク氏は「我々は過去の車のリメイクはしない」と語っており、レトロなデザインを採用することはその将来の方向性を見失うことだ、とも。

なお、レトロ路線が流行り始めた頃にも(どこかは失念しましたが)カーデザイナーが「過去を研究し、未来に進むためにそのディティールを取り込むことはブランドにとって重要だが、過去にすがることは未来を閉ざしてしまうことに他ならない。過去と現在、未来とではまったくクルマを取り巻く環境が異なり、それを無視して過去を再現することは危険だ」とも語っており、これにはナルホドな、とも思わされます。

ただしBMWはいくつかオマージュ作品も

ちなみにBMWは「リバイバルはない」と語っている割にはいくつかの「オマージュ」シリーズを発表しており、328オマージュ、3.0CSLオマージュ、M1オマージュ、2002オマージュなど。

bmw-328-hommage-concept-12

これらについてもエイドリアン・ファン・ホーイドンク氏は「発売はない」と明言しており、これらについては単にブランドのヘリテージを広く紹介するためのデザインスタディだと捉えたほうが良さそうですね。

BMW-3-0-CSL-Hommage-0

ただ、BMWは「2002」「3.0CSL」「M1」といったアイコニックなクルマを持っており、しかしそれらが現代に復活することはないとBMWのデザイナー自身から明言されたのはちょっと悲しくもありますね(もちろん、部分的には今後のモデルにそのデザインや思想が反映されることになるのだとは思われる)。

BMWはデザインに対しては「保守」よりも「革新」を貫くという印象も強く、近年のキドニーグリル巨大化についても「前に進むためのチャレンジ」だと表現。

レトロデザインについては、たしかに往年のファンは喜ぶかもしれず、しかしそれが購買に結びつくのか、新しいファンの獲得に役立つのかどうかは不透明でもあり、こういったBMWの考え方については「一つのあり方(信念)」として支持したいと思います。

BMWのデザイナー「成功しているときこそ変わるのだ。我々は前に進む必要があり、巨大キドニーグリルは変革の象徴である」。BMWは一歩も引く気はないらしい

| BMWは「変わらなければ競争から置いてゆかれる」と考えている | 自動車史上、デザインにおいてこれほどまでの議論と批判を巻き起こしたことはないであろうと思われる「近年のBMWにおける、キドニーグリ ...

続きを見る

一方、BMWのバイク部門は「レトロ」路線

なお、BMWは「クルマとバイク」両方を手掛ける数少ないメーカーの一つですが、クルマ(4輪)のほうでは「レトロはない」とする一方、バイク部門「モトラッド」では考え方がやや異なっており、つい最近も1936年に発売したバイク「R5」を意識した「R18」を発売したばかり。

もちろんBMWモトラッドとて「過去一辺倒」ではないものの、4輪部門と異なる戦略を採用しているのは興味深い一面でもありますね。

2020-BMW-R-18-32

BMWが1936年発売の「R5」を現代によみがえらせたバイク”R18”発表!1800cc、世界最大の二気筒エンジン搭載

| 出力はBMWの二気筒史上最大を誇る | BMWのバイク部門であるBMWモトラッドより、かねてより噂の「R18」が正式発表。これはBMWのバイクにおけるルーツを追求した、ピュアでシンプルなクルーザー ...

続きを見る

合わせて読みたい、BMW関連投稿

BMW 328オマージュ・コンセプト
【動画】もっとも美しいBMWのコンセプトカー「328オマージュ」。これほど美女が似合うクルマは他にないだろう

| ボクにとっての「もっとも記憶に残るBMWのコンセプトカー」でもある | さて、世界中からスーパーカーやエキゾチックカー、コンセプトカーの紹介動画を届けてくれるスーパーカーブロンディさん。 今回はB ...

続きを見る

【動画】BMWでもっとも刺激的なサウンドを聞け!ワンオフコンセプト「BMW 3.0 CSL オマージュR」のレビューが登場

| 画像で見るとちょっとキモかったが、動画で見るとカッコイイ | 世界中にて様々なレアカーの試乗レポートを届けてくれるスーパーカーブロンディさん。かなり自動車メーカーとの深いつながりがあるようで、これ ...

続きを見る

BMWが46年前のスーパーカー「BMWターボ」再公開。M1、8シリーズにもつながる「ルーツ」がこれだ

| BMW M1、8シリーズ、Z1の元祖はコイツだった | BMWが100周年記念の一環として過去のコンセプトカー「BMWターボ」を紹介する動画を公開。 BMWとしては現在までで「唯一」のガルウイング ...

続きを見る

【競売】生産わずか57台!BMW最初の「CSL」、3.0CSL"バットモービル"。しかも4台のみしか生産されなかったタイガ・グリーン

| BMWのハイパフォーマンスカーの歴史を語る上では絶対に外せない | 歴史に残る名車といえるBMW 3.0CSLシリーズ2、通称「3.0CSLバットモービル」が米中古車売買サイトBring A Tr ...

続きを見る

参照: Top Gear

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5