>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

その出力はBMW M3と同じ!レクサスが新型IS500 F Sport Performance発表!!自然吸気V8そしてFRにこだわった走りのグレード

投稿日:2021/02/23 更新日:

レクサスが新型IS500 F Sport Performance発表

| レクサスIS500 Fスポーツ・パフォーマンスのV8化に伴う重量増加はわずか65キロ |

レクサスが予告していたとおり、あたらしいFスポーツモデル、「レクサスIS500 Fスポーツパフォーマンス」を発表。

最大のトピックは472HPを発生する5リッターV8自然吸気エンジンで、これを収めるためにボンネットは約5センチ高さが増しています。

なお、今回「F Sport」に加えて「Performance」の文字が追加されてますが、「F」と「F Sport」との間を埋める存在を意味し、つまりはBMWの「M+数字一桁」と「M Sport」との間にある「M+数字2桁もしくは3桁」モデルのようなポジショニングということになります。

レクサスは「新型V8ツインターボエンジンを開発中」と公言しており、てっきりV8ツインターボが搭載されると考えていたものの、「まさかの自然吸気」。

ただし今後自然吸気V8エンジンが生き残ることは難しいと思われ、このIS500 F Sport Performanceは「ガソリンエンジン時代のISの最後を飾る」記念碑的モデルとなるのかもしれません。

レクサスがニュルを走る”レクサスLC”のレーシングカーに新開発のV8ツインターボを搭載!「市販モデルへの投入が前提」

この記事のもくじ1 | ついにトヨタも大排気量NAを捨ててツインターボエンジンへ |1.1 なぜトヨタはニュルブルクリンク24時間耐久レースに参加するのか1.1.1 量産レーシングカーではなく市販車を ...

続きを見る

新型レクサスIS F Sport Performanceはこんなクルマ

なお、「F」ではないといえど、そのルックスは「F Sport」とは大きく異なり、上述の通り盛り上がったボンネット、そしてハの字に配置される4本出しエキゾーストパイプが「通常のF Sport」ではないというところを主張。

2022-Lexus-IS-500-F-Sport-Performance-Debut-43

そのルックスは明らかに「F」

さらにはダーククロームウインドウトリム、専用前後バンパー、リアディフューザー、トランクリッドスポイラー、エンケイ製19インチ10スポークホイールといった専用装備も与えられます。

ちなみにホイールはフロントで1本辺り0.45キロ、リアで0.9キロ(IS350のホイールに比較して)軽くなっている、とのこと。

そして「F Sport Performance」独自の黒いバッジも特徴の一つですね。

2022-Lexus-IS-500-F-Sport-Performance-Debut-22

トランスミッションは8AT、0−60マイル(96キロ)加速は4.5秒。

このタイムはBMW M3よりも0.4秒遅れ、レクサスRC Fに比較して0.2秒遅れとなるものの、十分な速さだと思います。

なお、駆動輪は後輪のみで、ここはトヨタおよびレクサスがこだわるところ。

最上位モデルには4WDを採用するメーカーが多く、しかしレクサスはあくまでも(ドライバーによるコントロール性を重視してか)FRにこだわる、ということですね。

2022-Lexus-IS-500-F-Sport-Performance-Debut-35

そのこだわりのひとつがトルセン式デフ、そして標準装着される「Fスポーツ・ダイナミック・ハンドリング・パッケージ」。

後者はアダプティブサスペンションやステアリング、ブレーキのレスポンスがスポーツ寄りに設定されている、とのこと。

ブレーキはフロント14インチ、リア12.4インチの「アルミ製ハウジングを持つ2ピース式」を採用することでストッピングパワーが大きく向上。

ブレーキクーリング性能も同様に引き上げられています。

2022-Lexus-IS-500-F-Sport-Performance-Debut-39

その出力はBMW M3と同じ

なお、この出力472HPというのは、BMW M3のベースモデルに搭載される3リッター直6ターボの473HPと同等であり、いかにパワフルであるかがわかります。

今回V8エンジンを搭載するにあたり、もちろん重量も増加しているものの、IS350に比較すると「65キロしか増えていない」とのこと。

2022-Lexus-IS-500-F-Sport-Performance-Debut-12

新型レクサスIS Fスポーツ・パフォーマンスのインテリアはこうなっている

そしてこちらがレクサスFスポーツ・パフォーマンスのインテリア。

エクステリアほど大きくは(IS350と)変わらないようですが、メーター表示(アニメーション)がIS500専用となっているようですね。

2022-Lexus-IS-500-F-Sport-Performance-Debut-29

なお、ドライブモードにはスポーツ走行に適した「Sport」「Sport+」が用意されるほか、自身でドライブモードをカスタムすることも可能。

パワートレーン(ノーマル/エコ/パワー)、シャシー(ノーマル/スポーツ)、そしてエアコンまでも(ノーマル/エコ)自由に設定し、それぞれを組み合わせることができます。

2022-Lexus-IS-500-F-Sport-Performance-Debut-49

レクサスIS500 F Sport Performanceを紹介する動画はこちら

参照:Lexus

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f