ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

韓国の自動車メーカー

ヒュンダイの新型EV、アイオニック5がなんと発表初日に完売!韓国車として「最多販売記録」を樹立する

投稿日:

ヒュンダイの新型EV、アイオニック5がなんと発表初日に完売

| アイオニック5の「求めやすい」価格設定も奏功したようだ |

さて、先日ヒュンダイは「アイオニック5」を発表したところですが、なんと韓国では契約開始日初日に「完売」したとの報道。

ただしこのアイオニック5は「限定」扱いではなく、正確に言うならば「韓国市場向けの、今年の割当分である23,760台」が完売したということになるようです。

なお、この23,760台というのは、韓国市場における(一日の?)販売としては最多だそうで、キア・カーニバルの23,006台を抑えて堂々の一位。

ヒュンダイがレトロフューチャーなEV、アイオニック5を発表
ヒュンダイがレトロフューチャーなEV、アイオニック5を発表!ヒュンダイじゃなかったら買う気になったのにな・・・。

| もともとは50年近く前にジウジアーロがデザインした「ヒュンダイ・ポニー・クーペ・コンセプト」 |この記事のもくじ| もともとは50年近く前にジウジアーロがデザインした「ヒュンダイ・ポニー・クーペ・ ...

続きを見る

ヒュンダイ・アイオニック5の納車は4月から

アイオニック5につき、「ロングレンジ」の価格は5200万(日本円で約495万円)~5750万ウォン(547万円)だとされ、しかし国や自治体の補助金を計算に入れると4000万~4750万ウォンにまで下がるといい、昨年韓国でもっとも売れたEVであるテスラ・モデル3ロングレンジの実勢購入価格が4900万ウォンだとされるため、これよりもかなり安く購入できるということが今回の受注に結びついたようですね。

加えて、今回の早期完売に結びついた理由として電気自動車購入補助金が挙げられており、韓国内では今年分として75,000台という上限がある模様。

昨年の韓国におけるEV販売は31,298台(うちテスラ・モデル3が11,003台)だったそうですが、今年はフォルクスワーゲンほか各社からEVが大量にデリバリーされるために販売増が予想され、「早めに買っておかないと補助金をもらえない」という思惑も働いたのでは、と見られています。

Hyundai-Ioniq-5-7

ちなみにアイオニック5については発表前から世界的に関心が高く、韓国内においても「発表をずっと待っていた人が購入を申し込んだ」ケースが大半なのだそう。

こういった「事前購入予約」のキャンセル率は一般に20~30%だとされるものの、アイオニック5の場合はとりあえず申し込んでみたという人は少なく、指名買いの人が購入意思を示しているのだと考えられ、かつ「即日完売」という事情を鑑みるに、キャンセルはほとんど出ないのでは、とも見られています。

納車は4月から(けっこう早いな・・・)を予定しており、この語に発表されるアイオニック6(2022年)、アイオニック7(2023年)への弾みとなりそうですね。

Hyundai-Ioniq-5-8

ヒュンダイのEVというと「爆発炎上」がよく知られるが

なお、ヒュンダイのEVといえば「コナEV」の爆発炎上問題が広く報じられており、これはなんと「全数リコール」を発表したばかり。

この状況でEVを立て続けに発表して大丈夫なのか・・・と考えたりしますが、ヒュンダイの調査によると、問題が発生するのはLGケミカル製のバッテリー搭載車のみで、SKイノベーション製バッテリー搭載車に問題は起きていない、とのこと。

こういった調査結果もあり、ヒュンダイはアイオニック5、そしてEV用プラットフォーム「E-GMP」に搭載するバッテリーサプライヤについてはSKイノベーションもしくはCATLに絞る、とも報じられています。

ヒュンダイがEV発売→世界中で大人気に→世界中で炎上・爆発→全世界77,000台の大量リコール【コナ・エレクトリック】

| オーストラリアではガレージのドアが道路の反対側に吹っ飛んでゆくほどの大爆発 |この記事のもくじ| オーストラリアではガレージのドアが道路の反対側に吹っ飛んでゆくほどの大爆発 |ヒュンダイ・コナ・エ ...

続きを見る

あわせて読みたい、ヒュンダイ関連投稿

知ってた。ヒュンダイ幹部が「アップルカー報道」にて株価操作を行い利益を得た疑惑(インサイダー取引)にて捜査が開始。アップルが絡むだけにハリウッドで映画化クル?

| もともとヒュンダイは勇み足を踏む会社ではない |この記事のもくじ| もともとヒュンダイは勇み足を踏む会社ではない |いわゆるインサイダー取引に該当インサイダー取引だった場合の流れはこうなる合わせて ...

続きを見る

ヒュンダイ・コナEV
ヒュンダイが「EVのバッテリーが炎上・爆発する」問題にて10万台のリコールを実施。全車バッテリーを入れ替えることになり、1900億円程度の費用(マツダの利益4年分くらい)がかかるとの報道

| ある程度は織り込み済みと思われるが、また株価が大きく下がることになりそうだ |この記事のもくじ| ある程度は織り込み済みと思われるが、また株価が大きく下がることになりそうだ |コナ・エレクトリック ...

続きを見る

レクサスのキー
JDパワー版「自動車メーカー別品質ランキング」最新版。1位レクサス、2位ポルシェ。昨年1位のジェネシス(ヒュンダイ)は問題多発で8位に。最下位は安定のランドローバー

| テスラの品質ランキングは「下から4番目」 |この記事のもくじ| テスラの品質ランキングは「下から4番目」 |JDパワー版品質ランキングはこうなっているコンシューマーレポート版品質ランキングはこうな ...

続きを見る

参照:中央日報, The Elec

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

-韓国の自動車メーカー
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5