■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他アメリカ車

ジープによるジムニー対抗、「ベイビージープ」が現実的に。2022年より生産開始、前輪はガソリンエンジン、後輪はモーター駆動とのウワサ。なおアルファロメオからは「Brennero」として発売する模様

投稿日:2021/03/03 更新日:

ジープ・ラングラー

| 「ジープの外観にエコな走り」は意外と欧州で受けるかもしれない |

さて、ジープが「レネゲードの下に位置するエントリーモデルを発売する」という話が現実的に。

実はこの話題について最初に出てきたのは6年前で、その後にも何度か同様の話が聞かれているものの、今回のウワサでは「2022年6月にポーランドにて生産を開始する予定だが、前倒しを急いでいる」という具体的なもの。

加えて、この新型”ベイビー”ジープはプジョー・シトロエンによって開発されたCMP(コンパクト・モジュラー・プラットフォーム)そしてエンジンを採用するとも報じられています。

ジープがスズキ・ジムニーを直接のターゲットとした超コンパクトオフローダー投入とのウワサ。ジープブランドは今後急速な変化を迎えそうだ

この記事のもくじ1 | PSAとの合併によってその変化が加速する |1.1 ジープは「ジープのまま」生き残る方法を模索中1.2 幸いなことにPSAと合併1.3 あわせて読みたい、関連投稿 | PSAと ...

続きを見る

現在、ジープはプジョー・シトロエンとも「同じグループ」に

なお、ジープブランドを保有していたFCA(フィアット・クライスラー)とプジョー・シトロエン(PSA)とは合併によって「ステランティス」へと移行。

この傘下にはアバルト、アルファロメオ、クライスラー、シトロエン、ダッジ、DS、フィアット、ジープ、ランチア、オペル、プジョー、ラム、ヴォグゾールといったブランドが揃うことになりますが、合併によってコンパクトカーが過密になったためか、プジョーは先日「上級移行」を発表していますね。

プジョーがロゴ(エンブレム)変更を発表
プジョーがロゴ(エンブレム)変更を発表!60年代への回帰、そしてこれまでには10回のロゴ変更も。なお今後は「上級マーケットへと移行する」

この記事のもくじ1 | プジョーの新ロゴは力強くダイナミックな印象に |1.1 新しいプジョーのロゴはこうなった1.2 今後プジョーは「アップマーケット」へ進出2 プジョーのロゴはこんな変遷をたどって ...

続きを見る

やはりジープというからには4WDでないと

そしてジープのアイデンティティというと「4WD」。

いかにコンパクトモデル、エントリーモデルといえどこれを外せばジープブランドの名を貶めることになってしまい、しかし使用するのはプジョー・シトロエンのFF用プラットフォーム。

そこでジープは「フロントタイヤをガソリンエンジンで、後輪をエレクトリックモーターで」駆動するという4WD方式を採用すると言われており、さらにはピュアエレクトリックバージョンが追加される、とも。

なお、この「ベイビージープ」はアルファロメオ、そしてフィアットそれぞれのブランドからも「外観違い」が発売されるという話も出てきていて、アルファロメオ版は「ブレネーロ(Brennero)という名で2023年1月、フィアット版は名称未定ながらも2023年6月から(同じポーランドの工場で)生産が開始されるとも報じられています。

アルファロメオ版(ブレネーロ)は新しく登場するSUV”トナーレ”の下に、そしてフィアット版はフィアット500Xの下に位置づけられると言われるため、このベイビージープとその兄弟たちはそうとうにコンパクトな車だと考えてよく、これがつまり長年報じられてきた「ジープによる、ジムニーの対抗」ということになるのかも。

アルファロメオが新型SUV「トナーレ・コンセプト」発表。”アルファ初の”ハイブリッド、そして車体デザインには過去の名車を反映した「過去と未来との融合」

「トナーレ」は「ステルヴィオ」同様に峠の名称 先日、ジュネーブ・モーターショーにて「全く新しいコンセプトカーを発表する」と発表したアルファロメオですが、実際に「Tonale Concept(トナーレ・ ...

続きを見る

はたしてジムニーに対抗できるか

なお、現在ジムニーは世界的に高い人気を誇っており、需給逼迫が続く状態。

そういった中でジープが「ジムニー対抗を」と考えるのは自然な流れではあるものの、ジムニーが「ラダーフレーム」を採用するのに対し、ベイビージープは「モノコック」。

駆動方式も同じ4WDといえど大きな差異があり、このベイビージープがジムニーの対抗足りうるのかは未知数です。

もちろんジムニーのオフロード走行性能を評価して購入する層にはアピールできないものの、「ワイルドなオフローダーっぽい外観を持つ普通の車」を求める人も少なからずいて、そういった人には「ジープらしい外観を持つ、燃費の良いハイブリッドカー」が訴求できる可能性もありそうですね。

参照: Automotive News Europe

ジープはラングラーとレネゲードに「アイランダー」を追加

そしてジープは「ベイビージープ」とは別に、既存モデルであるラングラーとレネゲードに、スペシャルエディション「アイランダー」を追加(11年ぶりにこの名が使用される)。

これは”アップビートなスタイル””夏を楽しむスタイル”という要素をプラスしたもので、ラングラーだと「ラングラー・スポーツS」をベースに、”Tiki Bob”フードステッカーとルビコンのロックフレームと17インチホイール、さらにホワイトハードトップ、”アイランダー・プラス・パッケージ”が付与されたもの。

インテリアだとセラミック・ホワイトのトリムや布シート(ブラックにサーフブルーのステッチ入り)など、”夏っぽい”仕様が与えられているようですね。

Jeep-Islander-Editions-3

レネゲード「アイランダー」はこんな仕様を持っている

そしてこちらはレネゲード版アイランダー。

専用フードステッカーにパノラミックサンルーフと19インチホイールが与えられ、オプション扱いではあるものの「アルピンホワイトルーフ」も。

インテリアではやはり布シートが採用されています。

Jeep-Islander-Editions-2

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f