>中国/香港/台湾の自動車メーカー

中国からアルファードも真っ青なゴージャス極まりないクルマが登場!「フロントのほとんどがグリル」「しかもゴールド」なRoewe iMAX8アートバージョン

投稿日:2021/03/21 更新日:

中国からアルファードも真っ青なゴージャス極まりないクルマが登場!「フロントのほとんどがグリル」「しかもゴールド」なRoewe iMAX8

| 現段階では「ワンオフ」だが、市販要望の声がたくさん出てきそうだ |

さて、現在独自の発展を遂げている中国の自動車業界。

以前までは日米欧のクルマをコピーする傾向が強かったものの、現在は中国の自動車メーカー各社とも「中国人によりウケる」クルマを模索する方向にシフトしており、そういった意味では「コピー」が減ったようにも思います。

さらに現在中国ではEVを国策として普及させる方向に動いており、中国政府によって保護された地元の新興EVメーカーが大きく躍進していると報じられています。

ぼくはしばらく中国を訪れていませんが、今中国に行くと、路上を走っているのは個性的な中国車ばかりなのかもしれませんね。

そんな中でも異彩を放つワンオフモデルが登場

そんな中国ではあるものの、現在人気なのは「フロントにドーンと立派なグリルを持ち、リアはスタイリッシュなクーペ風」デザインだといい、これはセダンやSUVにも共通するようで、そのため中国では現在フランケンシュタインみたいなクルマが増加中だという話も。

それはさておき、今回紹介するのはRoeweの「iMAX 8」。

見ての通りゴールドの加飾が与えられた、ある意味では中国らしい仕様を持っていますが、これは現地の芸術家、ワンカイファン氏による「ワンオフのアートカー」。

160663286_4140797585952905_870340119587285813_n

グリルとホイールが専用の「彫刻作品」となっていて、そのほかにも「これでもか」というくらいのゴールドアクセントが付与されています。

161298951_4140797282619602_3025313402393600642_n

残念ながらこの仕様はイベントのための「ワンオフ」だそうですが、おそらくは相当な反響が(中国国内で)あるものと思われ、限定にて市販されたりするんじゃないかとも考えています。

160660757_4140797379286259_3914950839114178157_n

Roewe iMax8はこんなクルマ

なお、こちらが市販モデルのRoewe iMax8。

上海汽車の展開するブランド、Roeweの最上位に位置するミニバンで、6人、7人、8人乗りが選択できます。

Roeweはかつてローバー75をライセンス生産していたこともあり、その関係か「上品で高級な」ブランドというポジションを持つようですね。

21-03-21 10.01.53

このiMax8に積まれるエンジンは1.5リッター(180馬力)もしくは2リッター(240馬力)の2本立てで、トランスミッションは8速AT、価格は320万円〜425万円くらい)。

ピュアエレクトリックバージョンも追加される、と言われていますが、ピュアEVについては、この「フロント全面がほぼグリル」なデザインをどう処理するのか、ちょっと気になるところでもありますね。

Roeweには「RX8」も存在した

なお、Roewe(栄威)には「RX8」なるクルマも存在し、しかしもちろんマツダのRX-8とは全く異なるクルマ。

おそらく中国ではマツダが「RX-8」の商標を取得していないためにこういった事が起こりうるのだと思われますが、逆にマツダは中国で「RX-8」という名を使えないということになるのかも。

ちなみに中国車については、これに限らず、「アルファベットと数字」という組み合わせが多く、とくに中国の自動車メーカーにこの傾向が顕著であるようです(ES9とかEP7とかES33とかEi5とか)。

2021-03-21 10.03.22

合わせて読みたい、中国の自動車事情関連投稿

紅旗S9ハイパーカー
中国・紅旗が1400馬力のハイパーカー「S9」設計・製造のためイタリア(フェラーリ本社所在地)に拠点を建設!元ランボルギーニのデザイナーも雇ってどうやら本気のようだ

| 中国はその威信をかけ、なんとしてもこれを実現させると思われるが | さて、何かと話題の中国・紅旗。今回はその紅旗が発表した「中国発のハイパーカー」S9を生産するため、その親会社である第一汽車(Fi ...

続きを見る

ホンダeの中国製コピー
え?ホンダeのオフロード版やオープンモデル?中国のモーターショーにてギリギリなコンセプトカーが展示される

| 一部では「脱コピー」が進むも、またある一部ではコピーが横行 | さて、現在中国では「広州モーターショー」が開催中ですが、そこではなかなかに興味深いクルマたちが展示されている模様。そして中国というと ...

続きを見る

中国・紅旗公式サイトが日本語対応!「L5」購入には資格審査あり
中国・紅旗公式サイトが日本語対応!「L5」購入には資格審査あり、納車の際には式典が開催され、オーダー礼服まで作ってくれるようだ

| 紅旗の第一号試作車はマツダの市販車第一号よりも早く登場していた | さて、はじめて中国車(紅旗H9)が日本へと正規導入されるということで大きく盛り上がっている中国・紅旗。この紅旗(ホンチー)は中国 ...

続きを見る

参照:CarNewsChina, Loewe

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5