>ポルシェ(Porsche) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ポルシェCEO「918スパイダー後継となるハイパーカーの登場にはまだまだ数年を要する」。ただしバッテリー性能ではなく「別の理由」にて

投稿日:2021/03/23 更新日:

ポルシェ918スパイダー

| ポルシェは最近になく各方面へとその手を伸ばしている |

ポルシェCEO、オリバー・ブルーメ氏が毎年恒例のメディアカンファレンスにて述べたところによると、「918スパイダーの登場にはまだ数年はかかる」。

なお、この話は以前にも報じられており、その際に伝えられた理由としては「バッテリーがポルシェの求めるレベルに達しておらず、そのレベルに達するには最低でも2025年までかかるから」。

ポルシェ「918スパイダー後継は2025年までは発売できないだろう」。バッテリー技術がポルシェの求めるレベルに達するのに5年はかかる模様

ポルシェは現在数社とバッテリー技術向上に向け研究中 ポルシェは2015年にハイパーカー「918スパイダー」を発売していますが、常に話題になるのがその後継モデル。ポルシェは以前に「なんらかの技術的ブレイ ...

続きを見る

ただし今回は別の理由にて

しかしながら今回オリバー・ブルーメCEOが述べたのは「(918スパイダー後継がすぐに登場しないのは)バッテリー問題よりも、会社としてのプライオリティに起因」。

ここ最近ポルシェは非常に忙しく過ごしており、まずトッププライオリティは「EVの拡充」であるのは間違いのないところ。

まずは発売済のタイカン、発表されたばかりのタイカン・クロスツーリスモの販売を軌道に乗せねばならず、加えてこれらに続くEVの開発と発売を急ぐことが最優先。

さらにはリマックとのベンチャーによるブガッティの管理、場合によっては新規株式公開(IPO)の優先順位も高いのだと思われます。

ポルシェ・タイカンのメーター
今後はポルシェがブガッティを配下に収めてコントロールする模様。リマックとのベンチャーによってブガッティの責任を負い、その方向は大きく変わるかも

この記事のもくじ1 | ウワサとは異なる形での決着となったが、やはりポルシェ、リマック、ブガッティとの関係性は強化されることになるようだ |1.1 ブガッティは今後ポルシェによってコントロールされるこ ...

続きを見る

加えて2023年よりル・マン24時間レースへの復帰も公表しており、こちらも「タイムリミットが決まっている」ぶん、プライオリティは高そうです。

ル・マンに復帰するポルシェのハイパーカー
「We Will Back」ポルシェがル・マン復帰を発表!新規定に則りデイトナ参戦も視野に入れる。やっぱりポルシェはこうでないとな

この記事のもくじ1 | やはり耐久レースを走ってこそのポルシェ |1.1 フォルクスワーゲングループが目指すは経営の効率化2 ポルシェはハイパーカークラスにも参戦?3 ハイパーカークラスでは宿敵「トヨ ...

続きを見る

ポルシェのコンセプトカー、ヴィジョン・ツーリスモ

ポルシェはガソリンエンジン存続のためにも動いている

エレクトリック化に注力する一方、ポルシェは「エレクトリック化」に加え、ガソリンエンジン存続のための研究も行っており、ガソリンエンジン車の排ガスが「CO2排出量ゼロに近いくらい」クリーンになるという(既存のガソリンエンジンに使用できる)化学合成燃料も開発中。

これの実現にはまだまだ時間もかかり、実現できても燃料の価格が「ガソリンの倍」ほどになると言われるものの、もし市販できればガソリンエンジンの存続も可能となるわけですね。

そしてこれの現実味が増すならば「次期918スパイダーもエレクトリック化する必要もなく」内燃機関を搭載しての発売も可能となるのかもしれません。

ポルシェが合成燃料「eフューエル」開発中
ポルシェが開発中の合成燃料。「これが実用化できれば、ガソリエンジン搭載車もEVと同等のクリーンな車になる」。ポルシェの目指すところを考えてみた

この記事のもくじ1 | ポルシェはただ単に自社のクルマをずっと顧客に乗ってもらい、楽しんでもらいたいんだと思う |1.1 なぜポルシェは合成燃料を?1.2 ポルシェのクルマは「寿命が長い」1.3 ただ ...

続きを見る

さらにポルシェは自社にてバッテリーも開発中

そしてポルシェは「自社でバッテリーを開発・製造する」とも発表済み。

これは出資比率を24%にまで高めたリマックとの共同作業になるかと思われますが、このバッテリーはグラファイトアノードのかわりにシリコンアノードを使用するといい、これによって温度管理がより容易になり、さらにバッテリー密度も高く充電時間も早くなると言われます。

ただしコストもしくは生産量の理由にて「レーシングカー、ハイパフォーマンスカー、もしくは限定モデル」のみにしか使用しないとも述べており、しかし918スパイダー後継モデルであれば十分にこのバッテリーを搭載する資格があると考えて良さそう。

ただしこのバッテリーは「2023年からの生産」とも言われ、ポルシェからすると「新型バッテリーの実用化が先か、合成燃料の実用化の目処がつくのが先か」によって918スパイダー後継モデルのパワートレインを決定するのかもしれません。

ポルシェ・タイカンのインテリア
ポルシェが「ハイパフォーマンスカー、限定モデル」のみに搭載するという新型バッテリー開発計画を公開!バッテリー製造と充電インフラ構築を急ぎ、EVにおけるアドバンテージ獲得を目指すうようだ

この記事のもくじ1 | リマックへと出資した成果がついに形として現れる? |1.1 そのほかにはこんなメリットも1.2 ポルシェは「電動化環境」の構築を急ぐ1.3 現在、タイカンの充電プランはこうなっ ...

続きを見る

次期ポルシェ製ハイパーカーには様々なウワサも

そして918スパイダー後継モデルこと次期ハイパーカーですが、これについては「パワートレーンうんぬんよりも、ニュルブルクリンクのタイムが最優先」とも。

ポルシェはニュルブルクリンクのラップタイムを非常に重視しており、これはたしかに「ありそう」ですね。

ポルシェ「918スパイダー後継はニュルのタイム6分30秒が必達目標だ。そのためにパワートレーンにもこだわらない」

| ポルシェは918スパイダー後継に高いチャレンジを課す模様。フルエレクトリックも? | 英国Autocar報じるところによると、ポルシェは次世代ハイパーカーの開発を考えていて、つまりこれは918スパ ...

続きを見る

さらにはF1用エンジンを積むという話も以前にはポルシェ自身によって語られています。

ポルシェ「F1用エンジンを新型ハイパーカーに積むかもしれん」「え?」「実は今までF1用V6ハイブリッドターボを開発していたのだ」

この記事のもくじ1 | ポルシェだけに、本当に市販車へF1用エンジンを積んできそうだ |1.1 ポルシェは最後に大きな花火を上げるのか1.2 ポルシェはF1に参戦する計画を持っていた1.3 F1用エン ...

続きを見る

さらには「レトロ」なデザインを採用する、というウワサも。

これも現在のポルシェの方向性からすると「ありうる」と考えています。

ポルシェ「918スパイダー後継はレトロなデザインを採用するかも」。実際に935、917のリバイバルを行ったところを見るに”ありそう”

| ただしポルシェだけに”単なるレトロ”では終わらない? | ポルシェのデザイン部門を統括するミヒャエル・マウアー氏が英国Autocarに語ったところによると、ポルシェは918スパイダー後継となるハイ ...

続きを見る

合わせて読みたい、次期ポルシェ918スパイダー関連投稿

ポルシェCEO「918スパイダー後継?ピュアエレクトリックだ」。リマックの技術を使用し新次元のパフォーマンスを実現か

| リマックはいつの間にか次世代技術の中心的存在に | 次期ポルシェ918スパイダーについては様々な噂がありますが、その噂の数だけポルシェは「可能性を検討している」ということなのかもしれません。ポルシ ...

続きを見る

ポルシェが918スパイダー後継、新型ハイパーカーについて語る。「ポルシェは全てにおいてトップでなくてはならない」。出力1000馬力以上のEVとなる可能性が大

| リマックへの出資比率を引き上げたことでポルシェの将来は大きく先進 | ポルシェはリマックとの関係性を強め、出資比率を10%から15%へと向上させていますが、これによってポルシェ918スパイダー後継 ...

続きを見る

参照: Autocar

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5