>マツダ(MAZDA)

マツダのデザイナー、土田康剛氏が北米マツダのシニアディレクターに就任!高い評価を得るMAZDA3を手掛け、自らもRX-7に乗る「これからのマツダの中心人物」

投稿日:

マツダのデザイナー、土田康剛氏が北米マツダのシニアディレクターに就任

| 土田康剛氏はミニマルでタイムレス、エレガンスを愛するデザイナーであるようだ |

さて、マツダの北米法人、Mazda North American Operations=MNAOが、土田康剛(つちだやすたけ)氏をデザイン部門のシニアディレクターに任命したと発表。

同氏はマツダ本社にて22年間勤務した後にMNAOへと異動となっていますが、近年ではマツダ3のチーフデザイナーを務め、過去には魁(Kai)コンセプト、風籟(FURAI)、CX-7、流雅(RYUGA)のデザインを担当しています。

マツダがまだロータリーを諦めていない2008年に発表した「3ローター」エンジン搭載”風籟コンセプト”。トップギアが全焼させてしまう前の姿を見てみよう

この記事のもくじ1 | そしてその姿は二度と復元されることはなかった |1.1 マツダ「NAGARE」シリーズはこういった構成を持っている1.2 風籟コンセプトはこんなクルマ1.3 トップギアのテスト ...

続きを見る

今後はデザインオペレーションを統括することに

今後、土田康剛氏は次世代車両の企画、ブランドの戦略立案にかかわるデザインオペレーションを統括することになり、つまりは次世代のマツダデザインを担う中核となる人物だと言えそう。

土田康剛氏は「時代を超越した美しさ」を重視しているといい、愛車はRX-7だというマツダマニア。

ちなみにマツダのグローバル・ヘッド・オブ・デザインは引き続き前田育男氏が努めますが、この前田氏は「父親もマツダのデザイナーだった(RX-7をデザインしている)」という生粋のマツダ人であり、マツダのデザイナーはとにかく「マツダ愛」の強い人物でかためられているようですね。

マツダ「我々はさらにプレミアムを目指す」。なおマツダのデザイン部門トップはRX-7のデザイナーの息子、つまり親子二代でマツダ車をデザイン

この記事のもくじ1 | 同じ会社で「親子二代がデザイナー」というのは極めて珍しい |1.1 現在のマツダの価格はあまりに高い1.2 現マツダ常務は「親子二代」でマツダのデザイナーを務める | 同じ会社 ...

続きを見る

マツダ3は高い評価を得ている

なお、土田康剛氏のデザインしたマツダ3は、世界中にて非常に高い評価を獲得しており、「2020年世界カーデザインオブザイヤー」、「2020年女性カーオブザイヤー」、さらには、中国のカーオブザイヤー(2020年)も受賞。

女性の選ぶ「カー・オブ・ザ・イヤー」はマツダ3!魂動デザイン、自然な加速やコーナリング、ブレーキングなど「運転しやすさ」が評価される

この記事のもくじ1 | たしかにこの結果には納得だ |1.1 マツダ3が評価されたポイントとは1.2 ほかに評価されたのはこんなクルマたち | たしかにこの結果には納得だ | モータートレンドは「カー ...

続きを見る

土田康剛氏は時代によって左右されない不変の美しさ、シンプルさ、そしてエレガントさを重要視しているように思われますが、過去にはこう語ったことも。

"グローバルで2%のシェアしかない我々にとって、メインプレイヤーと同じことをしていてはいけないと思うのです。"どうすれば目立つことができるかを考えなければなりません。そのために、日本の美意識を取り入れ、本当に引き算の美に磨きをかけたのです。"

L1120137

そしてMAZDA3においては「ボディパネルに映り込む景色のリニアな変化や光の移ろいによって、これまで以上に強い生命感やドラマチックな表現を生み出した」と述べており、これはサイド部分のパネルを指しているものと思われます。

明確なエッジラインを廃止しつつもパネルに「盛り上がり」を与え、しかもその盛り上がりの前後の高さ・角度を変えることで「フロント側では空を映し出し、リア側では地面を映し出す」という複雑さを”シンプルな造形の中で”実現。

L1120154

たとえばこれは向かいからMAZDA3がやってきて、目の前で右折なり左折なりする際に「ボディに映り込む景色が移ろいゆく」ことでその効果を確認できますが、これを最大化するにはマツダ一押しのボディカラー(ソウルレッド・プレミアムメタリックなど)を選ぶと良いのかもしれません。

マツダは「ボディカラーもデザインの一部」だと常々公言しているものの、マツダのデザイナーが折に触れて語る内容、そして実車を見るとすべての断片が結びつき、「なるほどな」と像を結ぶように思います。

参照:MAZDA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f