>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

CG職人大活躍!今回はGR86「シューティングブレーク」登場。なお、先代トヨタ86には、豪州トヨタが作成した「公式」86ワゴンが存在する

投稿日:2021/04/09 更新日:

今回はGR86「シューティングブレーク」登場

| ただしGR86シューティングブレークが発売される可能性は限りなくゼロに近いだろう |

さて、つい先日には「GR86カブリオレ」のレンダリングが公開されたばかりですが、今回は「GR86 シューティングブレーク」のCGが公開に。

作成したのはおなじみX-Tomi Designですが、トヨタが公開したオフィシャルフォトをベースに「ワゴンボディ」へとデジタル的にコンバートされています。

CG職人が早業にて「GR86のオープン」を公開
CG職人が早業にて「GR86のオープン」を公開!先代トヨタ86には「オープン追加」と言われた時期もあったが

この記事のもくじ1 | やはり北米市場ではGR86のオープン待望論が強いようだ |1.1 ただしGR86の性格を考慮すると望みは薄い?1.2 合わせて読みたい、スバルBRZ関連投稿1.3 こんな記事も ...

続きを見る

なかなかに魅力的な作品ではあるが

この画像を見ると、クーペボディとはまた異なる魅力があり、これかこれで「アリなんじゃないか」と思ったり。

ただし今回の86は「GR」からの登場であり、GR(Gazoo racing)はモータースポーツと直結しないクルマを発売するとは思えず、そしてすでにハッチバックとしてGRヤリスを持っているため、ブランディング上、そして競合という観点からもGR86”シューティングブレーク”が登場する可能性はゼロと断じていいのかもしれませんね。

ただし「86シューティングブレーク」は実在した

しかし事実は小説よりも奇なりというか、「絶対にないな」と思えるクルマでも存在するのが今の世の中。

そう、「86シューティングブレーク」が実際に存在する、ということですね。

なお、このトヨタ86シューティングブレークは、トヨタ本体ではなく、トヨタのオーストラリア法人の手によるものではありますが、公式にて制作され、そして公開されたもの。

もともとワンオフのコンセプトカーとして企画されたので、市販の予定などは一切存在しなかったそうですが、こういった実車が存在するのはまさに驚きです。

このクルマについて、今はどこで何をしているのかは一切不明ではあるものの、意外や「欲しい」と思う人も多いのかもしれません。

トヨタ86「シューティングブレーク」を紹介する動画はこちら

「シューティングブレーク」とは?

シューティングブレークとは、ワゴンの一種で、「スポーツカーをワゴンにしたもの」と捉えられることが多い模様。

クルマのボディ形状(クーペやカブリオレ等)は基本的に馬車の形状に由来していますが、このシューティングブレークも例にもれず、シューティングとは「狩り(貴族の行うハンティング)」、ブレークは「(上部分がない)フレームだけの馬車」という意味合いがあり、こういったワゴンの荷台に狩猟用の装備を積み込めるようにしたものが”シューティングブレーク”とも言われます。

なお、「ワゴンボディ」なのは(長い)猟銃を積むためなのかもしれません。

ちなみに英国では、狩猟を行う人を「スポーツマン」と呼ぶことがあり(狩猟はまさに貴族のスポーツ)、アストンマーティンはかつて、「V8」をベースにした「V8スポーツマン」なるシューティングブレークを少量生産していますが、これこそまさに「シューティングブレークのルーツ」をよく表した、貴族向けのクルマなのでしょうね。

そのせいか、現在でも欧州では「シューティングブレーク=裕福な紳士の乗り物」と捉える傾向が強いように思われ、そのため、スポーツカーをシューティングブレークへとコンバートする例も少なくはありませんが、こういった傾向もあり、ワゴンについては肯定的なイメージを持っている場合が多いようです。

合わせて読みたい、シューティングブレーク関連投稿

マツダ・ロードスターを「ワゴン化」。MX-5シューティングブレークのレンダリング

| スポーツカー×ワゴンは意外や理想的 | スーパーカーやスポーツカーを他のボディ形状へとコンバートするレンダリングを作成することで有名なRain Prisk氏が今回はマツダ・ロードスターをワゴン化( ...

続きを見る

これはアリ?ナシ?CGアーティストがパガーニ・ウアイラ「シューティングブレーク(ワゴン)」のレンダリングを作成

| ワゴンボディはルーフが長く空力的には有利だと言われるが | CGアーティスト、Yasyd Design氏が「パガーニ・ウアイラ・シューティングブレク(ワゴン)」のレンダリングを製作。これはなかなか ...

続きを見る

意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場

スポーツカー×ワゴンはアリだと個人的に考えている さて、ニューモデルが登場すると必ず出てくる「ワゴン化」のレンダリング。新型トヨタGRスープラは注目度が高く、発表直後には「オープンモデル」「Z4との顔 ...

続きを見る

参照:X-Tomi Design

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5