>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンが「パステルカラーの」ヴァンテージ、DB11、DBXを限定発売!米西海岸ではけっこう人気、しかし日本ではあまりこういったカラーが人気化しないようだ

投稿日:

アストンマーティンが「パステルカラーの」ヴァンテージ、DB11、DBXを限定発売

| おそらく米西海岸は日差しが強いから? |

さて、アストンマーティン・ニューポートビーチが「パステルカラーをテーマにした」アストンマーティン各モデルを発表。

なお、これは同ディーラーのみの限定モデルだとされているので、アストンマーティン本社が企画したものではなく、よって地域限定の非常に希少なモデルということになりそうです(台数限定ではなく、期間限定にて販売されるようだ)。

参考までに、過去にはロールスロイスがアメリカ西海岸向けにパステルカラーの限定モデルを発売しており、西海岸ではパステルカラーの需要がけっこう強いのかもしれませんね。

ロールスロイスが「高級ゴルフクラブに咲き乱れる花」をイメージした「パステルシリーズ」発表。レイス/ドーン/ゴースト各ブラックバッジに設定

| 発表されるのは高級リゾートクラブ、ペブルビーチにて | ロールスロイスが新たな限定シリーズとして「ペブルビーチ2019コレクション」を発表。当然ながらペブルビーチにて発表されることになりますが、こ ...

続きを見る

パステルカラーのアストンマーティン各車はこうなっている

それぞれのモデルを見てゆきたいと思いますが、まずはヴァンテージ・クーペ。

ボディカラーはウルトラ・バイオレットパープル、べーン・グリルを装着しています。

aston-martin-pastel-collection-is-ready-for-summer (5)

次はカルダモン・ヴァイオレットのヴァンテージ・ロードスター。

見たところ今回の限定モデルのシートもパステルカラー(アイボリー)のように見えますが、ヴァンテージのシートにはダブルストライプが入っているようですね。

aston-martin-pastel-collection-is-ready-for-summer (1)

こちらはヴィヴラント・コーラルのDBX。

車体が大きいぶん、パステルカラーのインパクトも最大化されているように思います。

aston-martin-pastel-collection-is-ready-for-summer (2)

こちらはバタフライティールのDB11 V8クーペ。

aston-martin-pastel-collection-is-ready-for-summer (3)

「クリアウォーター」のDB11ヴォランテ。

DB11のシートもやはりアイボリーです(こちらはパイピングつき)。

いずれのモデルにおいても、「カラーが固定されている」のか、それともどのモデルであってもこれら5色のうちから好きなカラーを選べるのかは不明。

なお、日本ではときどき軽自動車にパステルカラーが設定されたりするものの、あまり大きな人気にはならないようにも思えます。

逆に、北米にてこういったカラーが人気なのは「気候がよく、日差しが強い」ために陰影が美しく出ることになり、しかし日本だと曇りの日や日差しの弱い季節も多いため、「ぼんやり」と見えてしまい、その美しさが十分に発揮されないからなのかもしれませんね。

aston-martin-pastel-collection-is-ready-for-summer (4)

合わせて読みたい、アストンマーティン関連投稿

アストンマーティンの新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のエンジンが自社製V6からAMG製へ
アストンマーティンの新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のエンジンが自社製V6からAMG製へ!それに伴い発売も1年遅れて2023年に

この記事のもくじ1 | 現時点でどのエンジンかは不明、ただしV6もしくは直4、そしてハイブリッド化ということになりそう |1.1 全てはコストのため1.2 今後、アストンマーティンはメルセデスAMG色 ...

続きを見る

アストンマーティンがF1セーフティカーと同スペックの最強ヴァンテージ「F1エディション」発表
アストンマーティンがF1セーフティカーと同スペックの最強ヴァンテージ「F1エディション」発表!出力向上にダウンフォースと足回り強化、内装も特別仕様

この記事のもくじ1 | ヴァンテージ F1エディションの納車は5月から、とくに限定台数には言及されていないようだ |2 アストンマーティン・ヴァンテージ F1エディションには特別装備が満載2.1 ボデ ...

続きを見る

アストンマーティン・ヴァンキッシュ
アストンマーティンが方針転換!「2025年にはすべて電動化」「2030年にはガソリン車廃止」「2030年の販売構成はピュアEVが50%、スポーツHVが45%、サーキット専用モデル5%」

この記事のもくじ1 | アストンマーティンは新体制への移行とともに計画を大きくシフト |1.1 2025年以降、アストンマーティンのクルマはすべてエレクトリック化1.2 セグメントごとの構成はこうなる ...

続きを見る

参照:Aston Martin Newport Beach

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5