■自動車各社業績/ランキング等 >ブガッティ(BUGATTI)

ブガッティ「2021年第1四半期は、100年以上の歴史の中で最高の受注だった」。なおシロンは300台以上を納車し150台が納車待ち、受注枠はあと50台に

投稿日:

ブガッティ本社

| あと二年もすればすべてのシロンを納車し「売るクルマがなくなる」ブガッティ。シロン後継は? |

さて、ブガッティが「2021年の第1四半期の販売台数が、ブガッティの歴史上、過去最高になった」と発表。

残念ながら具体的な数字は公表されていないものの、「300台以上を納車した」「さらに150台の受注がある」「残る受注枠は50台のみ」という事実についても触れています。※ブガッティ・シロンは、その派生モデルも含め、合計500台の生産ということが当初から決められている

300台目のブガッティ・シロン(ピュール・スポール)
ブガッティが「300台め」のシロン(ピュールスポール)を公開!残る生産枠は200台のみ、受注枠は今年中に埋まってしまいそうだ

この記事のもくじ1 | 300台目のシロンは渋い「ブラックとグレー」のピュールスポール |1.1 300台目のシロンは「ピュール・スポール」1.2 インテリアもまた「シンプル」1.3 ブガッティ「ブガ ...

続きを見る

ステファン・ヴィンケルマンCEOはこう語る

そしてブガッティCEO(ランボルギーニのCEOも兼任)、ステファン・ヴィンケルマン氏いわく、「コロナウイルスのパンデミックにもかかわらず、非常に好調な2021年のスタートを切り、これまで以上に多くの受注を得たことは、我々にとっての喜びと誇りに他ならない」。

これがテレワークで働くブガッティCEOのスケジュールだ!何時に何をしているのか見てみよう

この記事のもくじ1 | たとえテレワーク中でもブガッティはそのスピードを緩めない |1.1 7:001.2 8:301.3 10:001.4 12:001.5 14:001.6 19:001.7 21 ...

続きを見る

実のところ、コロナウイルスの影響を受けずにここまでの受注があったことには驚かされますが、コロナ禍においては「多くの人が、これまでにないほどの利益を得た」ケースも多かったと言われ、そういった人々がブガッティを注文しているのかもしれません。

そのほか、時速483km/hという前人未到の速度を記録した「シロン・スーパースポーツ300+」のデリバリーも今年後半から開始されることにも触れ、「その価格9億6000万円の」10台限定ハイパーカー、チェントディエチについても開発が継続されているとも述べており、ブガッティにとってはしばらくの間、忙しい日々が続くのかもしれませんね。

300台目のブガッティ・シロン(ピュール・スポール)
ブガッティが「300台め」のシロン(ピュールスポール)を公開!残る生産枠は200台のみ、受注枠は今年中に埋まってしまいそうだ

この記事のもくじ1 | 300台目のシロンは渋い「ブラックとグレー」のピュールスポール |1.1 300台目のシロンは「ピュール・スポール」1.2 インテリアもまた「シンプル」1.3 ブガッティ「ブガ ...

続きを見る

「シロン」後継モデルはどうなる?

そして、そこで気になるのが「シロン後継モデル」。

上述の通り、シロンは500台限定なので、あと2年ほどすればすべての受注分をデリバリーしてしまい、「売るものがなくなる」状態に。

これまでの流れだと、当然ここでシロンの後継モデルを発表することになるわけですが、現在は世界中でのエレクトリック化が思ったよりも速く進んでいて、仮にシロン後継モデルを開発し、「500台、もしくは600台」限定にて発売したとしても、現実的に「(2030~2035年には)登録できない」地域や国が出てくるため、思うように販売が進まない可能性も出てきそう。

高級車最大市場のひとつ、カリフォルニアが「2035年にガソリン車の販売を禁止」!否が応でもEV化を加速させる必要が出てきたぞ

この記事のもくじ1 | もうガソリン車は生き残ることが難しそうだ |1.1 カリフォルニアでは「ゼロ・エミッション車」の販売しか許されなくなる1.2 ガソリン車の所有が禁じられるわけではない1.3 自 ...

続きを見る

となると、ブガッティとしても「先が見えない」状況で、1台数億円もするクルマの販売計画を立てることは非常に難しく、ここでガソリンエンジン搭載のシロン後継モデルを発売するというのはかなりリスキー。

ただ、ブガッティは自社のクルマについて「自動車というよりは芸術品」とも述べており、将来的なコレクターズアイテム化、資産価値の維持を考慮して「販売可能な限りはガソリンエンジンを作り続ける」とも。

「維持費がいくらかかるのか不安」というオーナー向けに、ブガッティが"心の安らぎを与える"「平穏(トランキリティ)パッケージ」設定

遅かれ早かれガソリンエンジン車は絶滅することになりますが、絶滅してしまうとその価値は(それ以上は生産されないので)一気に跳ね上がることになり、つまりブガッティとしては「直接的な利益」よりも、長期的な「ブランド価値の形成」に重きを置いていると考えていいのかもしれません。

そう考えれば、シロン後継モデルは「ガソリンエンジン搭載車の最後の世代」として登場する可能性があり、エレクトリック化を進めることで「目先の利益を追求する」ほかの自動車メーカーを尻目に、ゆうゆうとガソリンエンジンの終焉を”高みの見物”ということになりそうですね。

ブガッティが方向転換?「2030年まではガソリンエンジンにこだわる。その代わり、ヴェイロンとシロンが出す排ガスをチャラにするだけの植林を開始する」

この記事のもくじ1 | ブガッティは、少し前までは「エレクトリック化」へ進むと報じられていた |1.1 ブガッティは前フォルクスワーゲングループ会長の悲願1.2 そしてブガッティは神通力を失う | ブ ...

続きを見る

合わせて読みたい、ブガッティ関連投稿

ブガッティ・チェントディエチ
ブガッティが「チェントディエチ」開発車両の画像を公開!ボディパネルが一切ない状態はむしろ完成状態よりもスゴ味がある!!

この記事のもくじ1 | ブガッティがこういった車両の状態を公開するのは珍しい |1.1 現時点ではコンピューター上のチェックのみ1.2 ブガッティ・ディーヴォは納車前にこういったチェックを行う1.3 ...

続きを見る

ブガッティ・シロン・スポーツの限定車
ブガッティ東京ついにオープン!「新車はローンを組めない」「新車購入者は100%現金払い」「日本ではブガッティに定価を設定していない」「世界トップの販売を目指す」

この記事のもくじ1 | ブガッティにとって日本は重要市場のひとつだった |1.1 ハイパーカーは場合によっては「円で支払えない」ことも1.2 ただし中古車であればローンは組める1.3 購入したとしても ...

続きを見る

ブガッティ・シロンは2021年に予定生産台数を消化し「販売終了」へ。気になる後継モデルは不明、ただし「日常的に乗れるブガッティ」は計画中

この記事のもくじ1 | シロンの価格はヴェイロンの倍、販売速度もヴェイロンの倍 |1.1 ブガッティは「サプライズ」を用意1.2 「第二の」ブガッティは日常的に乗れるクルマ? | シロンの価格はヴェイ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f