>韓国の自動車メーカー

ヒュンダイがサーキットも走れるSUV、「コナN」を発表!さらにテスラやVWを真似て「Nデイ」を開催する

投稿日:2021/04/28 更新日:

ヒュンダイ・コナN

| ヒュンダイはそろそろ過剰に他社の動きを意識して真似るのをやめたほうがいいと思う |

さて、ヒュンダイが大人気のSUV「コナ」にスポーツグレード「コナN」を追加。

ちなみに「N」はヒュンダイのモータースポーツを担当する部門であり、このNを率いるのは以前にBMW M部門のボスだったアルバート・ビアーマン氏。

同氏はもちろんヒュンダイからの引抜きによってBMWから移籍してきたわけですが、その理由の一つが「BMWは何にでもNを乱発するようになったから」。

つまり、M3やM5だけではなかくSUV(Xシリーズ)にまでMモデルを設定し、さらにはMポーツ、M+2桁、M+3桁という派生モデルも幅広く展開する現実に反発したわけですね。

当初、ヒュンダイNはハードコアブランドだったが

そして同氏はヒュンダイへと移り、Nブランドの責任者として「N」を自身が思うようなハードコアブランドへと成長させようと尽力することになりますが、最初に発売された「i30 N」はMTトランスミッションしか選べないというスパルタンぶり。※Nとは「ニュルブルクリンク」「ヒュンダイ本社の所在地」を表す

その後は「i20 N」、「ヴェロスターN」といった具合にラインナップを拡大し続け、今回ついにSUVにまでNを設定することになるわけですが、おそらくこれはヒュンダイ本社の意向であり、(移籍の経緯を考えると)アルバート・ビアーマン氏の要望ではなかったのかもしれません。

ただ、同氏の意向はどうあれ、事実として「人気モデルにはNを設定する」という既成事実がここにできてしまったので、今後も様々なモデルに「N」が拡大されることになるものと思われます。※すでにBMW "M Sport”のような、ヒュンダイ”N Line"シリーズも登場しており、Nブランドの拡大は止めようがない

【動画】ヒュンダイi30 Nがホンダ・シビック・タイプRにゼロヨンで挑む!その結果は驚くべきものだった

この記事のもくじ1 | まさかヒュンダイがここまでのクルマを作ってくるとは |1.1 ヒュンダイ「N」の実力はいかほど?1.2 ホンダ・シビック・タイプRはFF無敵マシンの一台1.3 実際に走ってみた ...

続きを見る

ヒュンダイ・コナNはこんなクルマ

そして今回発表された新型ヒュンダイ・コナNについて、「多様性、鋭い加速、俊敏性、サーキットへの対応」を掲げており、エクスキューズとしてなのか、一応「サーキット対応」を掲げているようですね。

Hyundai-Kona-N (2)

搭載されるエンジンは276馬力を発生する2リッター4気筒ターボ、しかし一時的に286馬力にまでのパワーアップが可能です。

トランスミッションは8速デュアルクラッチ、そして0-100km/h加速は5.5秒、最高速度は240km/hというスペックを誇りますが、電制デフや可変エキゾーストシステムを備えるなど、「N」の名にふさわしい装備を持つようですね。

Hyundai-Kona-N (3)

なお、ドライビングモードは「Eco、Normal、Sport、N、Custom」の5つですが、このほかに「N Grin Shift」、「N Power Shift」、「N Track Sense Shift」なる機能が与えられており、「N Grin Shift」はエンジンとトランスミッションの性能を20秒間最大化するもので、「N Power Shift」は急加速時に作動してシフトアップ時のトルクを最大化。

「N Track Sense Shift」はギアチェンジとシフトタイミングを最適化し、スポーティな走りを実現する、と紹介されています。

Hyundai-Kona-N (8)

コナNについて、標準のコナとの相違は専用デザインのグリル、フロントスポイラーにサイドスカート、ボディカラー同色のフェンダーアーチ、ダブルウィング式リヤスポイラーを持つほか、レッドのアクセントが与えられています。

なお、ほかの「N」のようにイメージカラーに「パフォーマンスブルー」を採用していない点はちょっと不思議ではありますが、これは「SUVだから」なのかもしれません(コナNのイメージカラーはソニックブルー)。

Hyundai-Kona-N (7)

ヒュンダイ・コナNのインテリアはこうなっている

そしてこちらはヒュンダイ・コナNのインテリア。

ステアリングホイールはN専用デザイン、そしてヘッドアップ・ディスプレイは、「Nまたはスポーツ・ドライブ・モード選択時に、まるでゲームの世界にいるかのようなドライビング・エクスペリエンスを体験できる」とのこと。

デジタルメータークラスターと10インチのインフォテイメントシステムには、各サーキットのマップやラップタイマーが搭載されています。

Hyundai-Kona-N (4)

「前方衝突防止アシスト」、「レーンキーピングアシスト」、「レーンフォローアシスト」、「スマートクルーズコントロール」、「ブラインドスポット衝突回避支援」、「ハイビームアシスト」、「リアクロストラフィック衝突回避支援」、「セーフイグジットウォーニング」といった運転支援・安全装備も装備され、このあたりは近代のスポーツカーといったところですね。

Hyundai-Kona-N (5)

なお、ステアリングホイールの下にあるパフォーマンスブルーのスイッチのようなものは「N Grin Shift」、「N Power Shift」用だと思われ、このあたりはBMWの最新Mモデルのステアリングホイールに装着される、「例の赤いボタン」にヒントを得たのかもしれません。

そのほか、アルミ製ペダルやNスポーツシートも装着され、機能面や視覚両方において「Nらしさ」を主張しているようですね。

Hyundai-Kona-N (6)

ヒュンダイは「N Day」を開催

なお、ヒュンダイはこのコナ Nの発表に際し、「N Day」を開催。

なんか聞いたことがあるぞよという感じですが、もとはといえば、この「なんとかデイ」というのはテスラの「バッテリーデイ」に端を発するもので、その後フォルクスワーゲンがこれを真似て「パワーデイ」をオンライン上にて実施。

そこでヒュンダイも黙っちゃおれんということで「Nデイ」を開くことになったのだと思われますが、ここでは「電動化されたNモデル」、そして今後レースに参戦させるという「ヴェロスターN ETCR」について触れています。

このヴェロスターN ETCRについては、後輪の片側に2個づつ、つまり合計で4個のエレクトリックモーターを有するといいますが、どれだけのパフォーマンスを発揮するのか気になるところでもありますね。

ヒュンダイN Day、コナNを紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、ヒュンダイ関連投稿

ヒュンダイ好きに朗報!スポーツ部門「N」からTシャツやソックスが発売されたぞ!なおサムスンはアストンとのコラボ電話発売

この記事のもくじ1 | ヒュンダイは「N」に対して並々ならぬ情熱を注いでいるようだ |1.1 ヒュンダイは世界中の自動車メーカーからの「いいとこ取り」を目指しているようだが1.2 サムスンはアストンマ ...

続きを見る

ヒュンダイ・ツーソン Nライン
もう最近のヒュンダイはバカにできない!スタイリッシュなSUV「ツーソン」にスポーティな仕様"Nライン"が追加

この記事のもくじ1 | BMW「M」、メルセデス・ベンツ「AMG」同様のプレミアム商法を狙う |1.1 アルバート・ビアーマンはBMWに対して「Mを案発しすぎ」と批判していたが2 ヒュンダイ・ツーソン ...

続きを見る

ヒュンダイ・ポニーEV
スピードメーターはなんとニキシー管!ヒュンダイが1970年代に製造していた自社のクルマ「ポニー」をレストモッド

この記事のもくじ1 | なかなかやるじゃないかヒュンダイ |1.1 現在はヒュンダイのカスタマーセンターに展示中1.2 ヒュンダイ・ポニーEVは「レトロフューチャー」1.3 ヒュンダイ・ポニーとアイオ ...

続きを見る

参照:Hyundai N Worldwide

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5