>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VW幹部「ID.6は現時点では利益が出ていない。それは認めよう」。生産効率やパーツ価格が現時点では低く、生産台数増加が必須

投稿日:2021/05/13 更新日:

VW幹部「ID.6は現時点では利益が出ていない。それは認めよう」

| ただし生産台数を増やせば増やすほどバッテリー価格が上がってしまうというジレンマも |

フォルクスワーゲンはエレクトリックモデル「ID.4」を発売し納車を開始したところですが、その価格(約430万円)では利益が”今のところ”出ていないということを認めています。

これはフォルクスワーゲンの開発責任者であるトーマス・ウルブリッヒ氏がメディアに対して述べたもので、主な原因は「ドイツの組立工場での生産が”まだ”効率化されていない」というもの。

フォルクスワーゲンが「同社でもっとも売れそうなEV」、ID.4の納車を開始したと発表
フォルクスワーゲンが「同社でもっとも売れそうなEV」、ID.4の納車を開始したと発表!ゆとりあるSUVボディに400kmの走行可能なバッテリーを備えて約430万円

この記事のもくじ1 | ID.4はすでに23,500台の受注があるらしい |1.1 実際にID.4は23,500台の受注を獲得1.2 その性格は「快適志向」1.3 その価格は求めやすい「約430万円」 ...

続きを見る

フォルクスワーゲンは「今後」に期待

なお、この効率化には様々な意味が含まれており、そのひとつは「まだ工場が組み立てに慣れていない」。

工業製品の生産効率には「習熟性」が関係しており、つまり慣れていないと時間あたりの生産台数が低く、作るのに慣れてくると時間あたりの生産台数が多くなるということですね。

そして時間あたりの生産台数が多くなると、「同じ時間=コストでも、より多くの台数が生産できる」ことになるために一台あたりのコストが下がり、逆に一台あたりの利益が上がるということになります。

トーマス・ウルブリッヒ氏が言うのはまさにこの「習熟度」であり、まだまだ工員たちがこの新しいクルマの生産に慣れていないということを意味します。

VW-ID4-Test-6

まだまだパーツの仕入れコストも「安くない」

そしてトーマス・ウルブリッヒ氏が続けるには、「生産台数がまだ多くないためにパーツのコストが高い」。

自動車メーカーといえどもそのパーツの多くはサプライヤーに発注したものを購入することになりますが、これも台数が増えれば増えるほどそのパーツのコストが下がってゆくことになるわけですね。

もちろんID.4のパーツの中にはほかのIDシリーズと同じものも多数含まれるとは思うものの、現時点ではまだシリーズ含めての生産台数はゴルフやポロには及ぶはずはなく、こちらも今後のID.4の生産台数増加、そしてほかのIDシリーズ投入によるマスメリットに期待したい部分です。

このほか、フォルクスワーゲンはバッテリー効率向上に加え、原材料やセパレーター、熱管理システムなどのコストを下げることで利益を出してゆきたいと考えているようですね。

ただし今後は「バッテリーの調達」がネック

しかしながらフォルクスワーゲンの計画が「思惑通り」進むかどうかは不明なところも多く、コンサルティング会社「カーラボ」によると、「電気自動車の需要が増えれば増えるほど、EV用バッテリーに使われる材料の供給が制約される」ことになり、これによってバッテリーのコストが上がる可能性が指摘されています。

リチウムイオンバッテリーを構成する原材料は「地球上の鉱物」であり、つまり限られた量しか存在しないため、需要が増えれば増えるほどこの価格は高騰することに。

これは「作れば作るほど価格が下がってゆく」のが常識であった自動車業界にとっては未知の領域であり、ここをフォルクスワーゲンはじめ各自動車メーカーがどう乗り切るのかには注目が集まるところです。

合わせて読みたい、関連投稿

フォルクスワーゲンがオンラインイベントを開催し重大事項を発表
フォルクスワーゲンがオンラインイベントを開催し重大事項を発表!「最高のバッテリーにて電動化レースでのポールポジションを獲る」。新型バッテリーにてEV価格は30-50%も下がる可能性がありそうだ

この記事のもくじ1 | 韓国のサプライヤーはこの計画から除外され、「フォルクスワーゲンショック」が韓国で発生 |1.1 フォルクスワーゲンの発表によって株価が急落した企業も1.2 フォルクスワーゲンは ...

続きを見る

ポルシェ・タイカンのインテリア
ポルシェが「ハイパフォーマンスカー、限定モデル」のみに搭載するという新型バッテリー開発計画を公開!バッテリー製造と充電インフラ構築を急ぎ、EVにおけるアドバンテージ獲得を目指すうようだ

この記事のもくじ1 | リマックへと出資した成果がついに形として現れる? |1.1 そのほかにはこんなメリットも1.2 ポルシェは「電動化環境」の構築を急ぐ1.3 現在、タイカンの充電プランはこうなっ ...

続きを見る

BMW i4
BMWは2025年にソリッドステートバッテリー実用化?「飛躍的にEVとしての性能を高め、価格や性能的にガソリン車と変わらない、”ノイエクラッセ”を投入する」

この記事のもくじ1 | BMWはすでに次世代EVを企画中 |1.1 ソリッドステートバッテリーの登場にはまだ5年ほど?1.2 ただし実用化が難しいと判断したメーカーも1.3 合わせて読みたい、ソリッド ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5