>テスラ(TESLA)

新型テスラ・ロードスターが博物館に展示され、「0−100km/h加速1.1秒」と紹介される!オプションのスペースXパッケージに装着されるロケット噴射にて異次元の加速を達成か

投稿日:2021/05/25 更新日:

新型テスラ・ロードスター

| そもそも合法なのか、そしてこれに耐えうるブレーキが存在するのかも気になるところ |

テスラ・ロードスターの生産は予定よりもかなり遅れているが

さて、テスラ・ロードスターは2018年に公開されてから3年半が経過していますが、2022年には生産が開始されると言われます。

そして今回、ロサンゼルスのピーターセン博物館にプロトタイプが展示されることとなり、その展示車の前に設置された看板に驚くべき数値が記載されているとして話題に。

新型テスラ・ロードスター
新型テスラ・ロードスターがついに2022年から生産開始!ロケット用スラスターがOP設定され、0-100km/h加速は驚愕の1.56秒

| おそらくこれ以上速いクルマを作ることは難しいだろう | さて、新型モデルS/モデルXを発表したばかりのテスラ。今回は待望の「テスラ・ロードスター」につき、2022年から生産を開始すると(イーロン・ ...

続きを見る

0−100(正確には96)キロ加速は1.1秒

そしてこの看板に記載されているのは、なんと「SpaceX社が提供するパフォーマンス・パッケージを装着した場合、0-60マイル加速は1.1秒を達成可能」という文言。

なお、このスペースXパフォーマンス・パッケージについて、これはテスラとあわせてイーロン・マスク氏が経営するスペースX社の開発したロケット用「スラスター」を車体に装着するというもの。

なお、当初だとテスラ・ロードスターにスペースXパッケージを装着した場合、0−100キロ加速は1.56秒を実現できるとされていましたが、開発段階においてなんらかの技術革新があったと見え、その後「1.1秒」へと改められたようですね。

現在の加速「最速王」は1.65秒

参考までに、現在0−100km/h加速における最速はアスパーク・アウルの1.69秒。

それに続くのはリマックC_Twoの1.85秒、ガソリン車最速はブガッティ・シロンの2.5秒なので、いかにこの「1.1秒」が常軌を逸した速さであるかがわかります。

リマックC_Two
0-100km/h加速ランキング最新版!上位は2秒台の争いに突入し、驚愕の「1秒台」も登場

ガソリン車でもそろそろ2秒台前半に突入しそう スポーツカーのスペックのうち、重要な要素として「0-100km/h(アメリカだと0-60mph)加速」が挙げられますが、ここで主だったクルマの数字をピック ...

続きを見る

そしてこの1.1秒が実現可能かどうかですが、技術系ユーチューバー、エンジニアリング・エクスプレインド氏によれば「実際に1.1秒の実現は可能」。

たしかにロケットによって噴射を行えば自動車の範疇を超えた加速を体感することができそうですが、テスラはこれをコーナリングにも使用するとされ、やはりロケット噴射にて「無理やり」車体の向きを変えることも検討しているようですね。

新型テスラ・ロードスターは現在開発段階にあるものと思われ、2022年の製造開始に向けて様々な調整を行っているということになりそうですが、実際に「1.1秒」を達成できれば「異常な事態」となりそうです(ただ、それに耐えうるブレーキが存在するのか、それ以前に「このロケット噴射が合法なのかどうか」も気になる)。

あわせて読みたい、テスラ・ロードスター関連投稿

【動画】実走できるクルマとしては世界最速。新型テスラ・ロードスター驚愕の加速がこれだ

| 新型テスラ・ロードスターは文字通り”ぶっ飛んで”いる | ジェイ・レノが新型「テスラ・ロードスター」に試乗。 ただし自分での運転は許されず「同乗」となるものの、それでも驚愕の速さは十分に体験できた ...

続きを見る

テスラ・ロードスターに用意されるオプション「スペースXパッケージ」。ロケット用スラスター装着で0−100キロ加速がなんと前人未到の1.56秒へ到達

| いったいどんな加速なのか実際に見てみたい気もする | テスラは新型ロードスターに「ロケットに採用されるスラスター(推進装置)をオプションで取り付けることにより、ブッチギリのパフォーマンスを発揮させ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->テスラ(TESLA)
-, , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5