>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」の参戦パートナーにAFコルセを選んだと発表!XXプログラムの車両整備も担当する、いわば「セミワークス」

投稿日:

フェラーリがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」の参戦パートナーにAFコルセを選んだと発表

この記事のもくじ

| まさかフェラーリがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」に参戦するとは思わなかった |

2023年にはフェラーリのほかアキュラも参戦し、けっこう盛り上がることになりそうだ

さて、フェラーリは2023年からル・マン24時間レースのハイパーカークラス(LMH)に参戦すると発表していますが、そのパートナーはAFコルセになると正式にコメント。

AFコルセはフェラーリとの関係性が深く、2012年からフェラーリのレーシングカーを様々なカテゴリのモータースポーツへと参加させ、実際にル・マン24時間レースで3回のクラス優勝、WEC GTEマニュファクチャラーズタイトルを5回獲得しています。

なお、AFコルセはフェラーリのセミワークスとも言える存在であり、「XXプログラム」にて車輌メンテナンスを担当するのもAFコルセ。

こういった関係性を見るに、フェラーリがル・マン参戦のパートナーとしてAFコルセを選ぶのは当然の成り行きなのかもしれません。

【動画】世界一裕福なフェラーリ・クラブ、「コルセ・クリエンティ」はこう活動している!まるで自分がレースの主役になったかのようだ

| おそらくその活動費用は「天文学的数字」だが、”内容に見合っている” | 有数のスーパーカー系ユーチューバー、サロモン氏がフェラーリの「コルセ・クリエンティ」運営の様子を動画にて紹介。この「コルセ・ ...

続きを見る

ル・マン「ハイパーカークラス参戦への第一歩

なお、今回の提携について、「フェラーリ・アッティヴィータ・スポルティブGT」の責任者であるアントネッロ・コレッタ氏は「今日の発表は、我々のLMHが世界耐久選手権にデビューするための重要な一歩です。このプロジェクトにAFコルセのような信頼できるパートナーが加わったことを嬉しく思います。フェラーリとAFコルセは、FIA WECでピアチェンツァを拠点とするチームと488 GTEを共同で走らせているように、長い間、強固な関係を築いてきました。我々は、これまでの長年のレース協力と同様に、実りある旅を共に続けていきたいと考えています。」と語っており、その関係性について自信を見せています。

a5379460-ferrari-488-gt3-evo-33

さらに戦闘力を高めたフェラーリ488GT3"EVO"発表!エアロダイナミクスの調整には18,000時間、「24時間耐久パック」もオプション設定

| 488GT3 EVOは488GTEとの互換性が高くなった | フェラーリがそのレーシングカー、488GT3 EVOを発表。これは2020年シーズンのGT選手権に参加するクルマで、4年前に発表され、 ...

続きを見る

一方、AFコルセのオーナであるアマート・フェラーリ氏(フェラーリの関係者なのか、偶然名前が同じなのかは不明)は、「この発表を誇りに思います。今回の発表は、夢の実現と長年の努力が認められたものです。フェラーリとのパートナーシップは、2006年に始まった勝利の関係であり、LMHプロジェクトでそれを継続できることを嬉しく思います」と意気込みを語ることに。

微妙に盛り上がってきたル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」

なお、ル・マン24時間レース「ハイパーカークラス(LMH)」については発表当初ほぼ盛り上がらず、参加チームがあまりに少なかったために開催側はそのレギュレーションを「緩める」ことに。

これによって参加チームが大きく増え、当初参戦を表明していたトヨタ、スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス、プジョー、バイコス・レーシングに加えてアルピーヌ、ポルシェ、アウディ、そしてアキュラが参加を発表。

ポルシェ
ポルシェがル・マン復帰にあたって選んだパートナーは「チーム・ペンスキー」!アメリカに強いペンスキー、欧州に強いポルシェが手を組んで世界制覇を目指すようだ

この記事のもくじ| チーム・ペンスキーは「アメリカのモータースポーツ史上、もっとも成功したチーム」と言っていい |ル・マン復帰は2023年からチーム・ペンスキーとはなんぞやポルシェは北米にモータースポ ...

続きを見る

加えてランボルギーニも参戦を(前CEOの時代ですが)検討していると報道され、このほかキャデラック、ベントレー、BMWも参加する可能性があるとも報じられていますね。

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12が「スチール製ロールケージを持たずにFIAのハイパーカー規定をクリア」した第一号に
ランボルギーニ・エッセンツァSCV12が「スチール製ロールケージを持たずにFIAのハイパーカー規定をクリア」した第一号に。強固なカーボンセルが貢献

この記事のもくじ| もろもろの事情を鑑みるに、ランボルギーニはやはりエッセンツァSCV12でル・マン24時間レースに出たかったようだ |もしくは、レーシングカー開発中に「レースに出場できなくなった」た ...

続きを見る

合わせて読みたい、ル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」関連投稿

ル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」
【動画】あまりに盛り上がらないル・マン・ハイパーカークラス(LMH)!ル・マン24時間レースが公式で「ハイパーカークラスとはなんぞや」を解説

この記事のもくじ| やっぱり市販車が出場しないと感情移入ができない |ル・マン・ハイパーカークラスは最高峰カテゴリハイパーカークラスに参戦する方法は2つ2021年の参加チームは3つ、2022年には+1 ...

続きを見る

ル・マン・ハイパーカークラスに一番乗りで参戦を表明したSCG。そのSCG007の公道走行版を発売し、「市販車でのニュル6分切り」を狙っているようだ
ル・マン・ハイパーカークラスに一番乗りで参戦を表明したSCG。そのSCG007の公道走行版を発売し、「市販車でのニュル6分切り」を狙っているようだ

この記事のもくじ| ただしスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス 007S(ストリート)の価格は2億5000万円 |スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスはル・マンで好成績を収める可能性もル・ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5