>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWが20年以上を経てル・マンへと復帰!2023年からハイパーカークラスとデイトナを走り、アウディやポルシェ、フェラーリらと戦うことに

投稿日:

BMWが20年以上を経てル・マンへと復帰

| たしかにBMWのル・マン復帰のウワサはデていたが、まさか本当に参戦するとは |

BMWは1999年にル・マン24時間レース、セブリング24時間レースで優勝したことがある

さて、BMWがル・マン24時間レース、そしてデイトナ24時間レースに参戦するとアナウンス。

BMWの「ル・マン復帰」はちょっと前に噂が出たところですが、間を置かずに公式に参戦が発表されたということになりますね。

なお、BMWが参戦を選んだのはLMDh(ル・マン・デイトナ・ハイブリッド)カテゴリーですが、アウディそしてポルシェも同カテゴリーへの参戦を表明済みです。

ル・マンに復帰するポルシェのハイパーカー
「We Will Back」ポルシェがル・マン復帰を発表!新規定に則りデイトナ参戦も視野に入れる。やっぱりポルシェはこうでないとな

| やはり耐久レースを走ってこそのポルシェ | ポルシェは2017年にル・マン24時間レース含むWEC(世界耐久選手権)から撤退している状態ですが、今回「プロトタイプレースに復帰する」と発表。※画像は ...

続きを見る

LMDhカテゴリはスポーツカーメーカーにとっても魅力的

このLMDhカテゴリはIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の最高峰クラスで採用されているDPiの発展形規則で、参戦するチームは特定コンストラクターによるLMP2ベースのシャシー(マルチマチック、ダラーラ、リジェ、オレカ)を選択し、そこへボッシュ製の67HPを発生するエレクトリックモーター、そしてウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングが提供するハイブリッドシステム(リアアクスルに取り付け)を搭載する必要があります。

エンジンは自社で開発可能ではあるものの、車輌の開発コストについては制限があり、その他発表されている規定は下記の通り。

LMDhカテゴリーの車輌規定

  • ダウンフォース:ドラッグの比率は4対1
  • 全長5100ミリ、全幅2000ミリ以下
  • ホイールベースは共通で3150ミリ
  • フロアは変更不要
  • ボディ形状は変更可能
  • 車体重量は1,030kg

1台のマシンでル・マンとデイトナに参戦可能

このLMDhカテゴリについては開発コストが(まだ)安価に済むことが自動車メーカーにとっての大きな魅力ですが、ル・マン24時間レースのトップカテゴリであるハイパーカークラス(LMH)との乗り入れが行われており、そのままLMHへと参戦することが可能なのも見逃せないメリットです。

要はひとつのレーシングカーで「IMSAとル・マン」両方を戦うことができるため、「北米と欧州で」その存在感をアピールすることが可能となり、しかしこれまでは「両方のレースに参戦するにはマシンを作り分ける必要」があったために(予算に制限があると)片方のレースしか参戦できず、しかしそれだとプロモーション面において十分な効果を発揮できなかったという現実も。

しかしLMDhカテゴリの登場によって「より低いコストでマシンを開発でき、参戦コストを2大陸で割って考えることができる」ということで、これまで参戦を見送っていた自動車メーカーが相次ぎ参入を表明している、というのがここ最近の現状でもあります。

ただ、他社のシャシーを使用したくないという自動車メーカーも存在し、自社開発のレーシングカーで戦うトヨタ、スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス、プジョー、バイコス・レーシング、フェラーリ等に対し、LMDhカテゴリからはポルシェ、アウディ、そして今回のBMWがぶつかってゆくということになりますね。※ランボルギーニ、キャデラックも参戦を検討中だと言われる

BMWがどういったマシンで戦うのかは不明

なお、今回の発表はBMW M部門のボス、マーカス・フラッシュ氏のインスタグラム上にてなされており、しかし現時点ではパワーユニットや使用するシャシーについては全く不明。

ただしBMWは1999年に「BMW V12 LMR」にてル・マン24時間レースに参戦して(ヤニック・ダルマス、ピエルルイジ・マルティーニ、ヨアヒム・ヴィンケルホック組にて)優勝を獲得したことがあり、さらに同じ年にはアメリカン・ル・マン・シリーズにも参戦してセブリング12時間レースで優勝した経験も持っていて、2023年シーズンを盛り上げるチームがまたひとつ増えたということになりますね。

bmw-v12-lmr-2

合わせて読みたい、ル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」関連投稿

ル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」
【動画】あまりに盛り上がらないル・マン・ハイパーカークラス(LMH)!ル・マン24時間レースが公式で「ハイパーカークラスとはなんぞや」を解説

| やっぱり市販車が出場しないと感情移入ができない | さて、もうさっぱり「見込み違い」に終わりそうなル・マン24時間レースのハイパーカークラス”LMH”。今回、ル・マン24時間レースの公式Youtu ...

続きを見る

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12が「スチール製ロールケージを持たずにFIAのハイパーカー規定をクリア」した第一号に
ランボルギーニ・エッセンツァSCV12が「スチール製ロールケージを持たずにFIAのハイパーカー規定をクリア」した第一号に。強固なカーボンセルが貢献

| もろもろの事情を鑑みるに、ランボルギーニはやはりエッセンツァSCV12でル・マン24時間レースに出たかったようだ | もしくは、レーシングカー開発中に「レースに出場できなくなった」ため、エッセンツ ...

続きを見る

フェラーリがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」の参戦パートナーにAFコルセを選んだと発表
フェラーリがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」の参戦パートナーにAFコルセを選んだと発表!XXプログラムの車両整備も担当する、いわば「セミワークス」

| まさかフェラーリがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」に参戦するとは思わなかった | 2023年にはフェラーリのほかアキュラも参戦し、けっこう盛り上がることになりそうだ さて、フェラーリは ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5