ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

豪州にて制限速度の倍で走ったBMWドライバー「ここはサーキットかと・・・」。言い訳が通じずに罰金と免停をくらってしまう

投稿日:2021/07/08 更新日:

豪州にて制限速度の倍で走ったBMWドライバー「ここはサーキットかと・・・」

| どう考えてもその言い訳が通るとは思えない。むしろなぜ通用すると考えたのか |

世界中どこでも、BMWのドライバーがスピードを出すのは変わらないようだ

さて、世の中には様々なスピード違反の言い訳がありますが、今回は公道で119km/hもの速度で走っていたBMWのドライバーが「ここはサーキットだと思っていた」と警官に対して発言し、ちょっとした話題となっています。

なお、これまでには「夜、眠れなかったから」「朝食を買いに急いでいた」「追い風が強くて・・・」といったスピード違反の言い訳が報じられており、しかし今回の「サーキットと勘違い」もなかなかの理由だと思います。

ボクスターGTS
ベルギーにて、ボクスターGTSで時速236キロを出して捕まった老婦人。「夜眠れなかったから」

| これほどの高齢だと、何かあったときに対応できるかどうかが心配だ | ベルギーで79歳の女性が時速236キロで走行し、その様子を監視カメラに撮影される、という事件が発生。撮影されたのは昨年ですが、つ ...

続きを見る

「サーキットだと勘違い」する理由がなくもない

なお、今回の捕物劇があったのはオーストラリアのニュー・サウス・ウェールズ州「バサースト」。

この名を聞いてピンと来る人もいるかと思いますが、ここでは毎年バサースト1000km(10月)やバサースト12時間(2月)といったレースが開催されています。

そして、このレースが開催されるマウント・パノラマ・サーキットは、バサーストの公道を封鎖して使用する「ストリート・サーキット」なのですね。

そういった意味では、このBMWのドライバーがバサーストの街を走り「ここは(速度無制限の)サーキットだと思った」というのもわからなくはないですが、当然ながら本当にそう勘違いしていたわけではないのもまた明らか。

よって現地警察はこのドライバーに対して「時速60キロ制限のところ、119キロで走行していたカドで」違反の通知と2,560オーストラリアドル(約21万5000円)の罰金を課しており、さらにドライバー6点の減点と6ヶ月の免許停止処分を言い渡され、ナンバープレートを3ヶ月間押収される羽目になったとのこと。

合わせて読みたい、スピード違反関連投稿

ロータスCEOが自社の新型車を公道でテスト→速度違反で捕まる→免停

| 意外といい宣伝になったかも | ロータスCEO、ジャン・マルク・ゲールズ氏が速度制限70マイル(時速112キロ)のところ102マイル(時速165キロ)で走行していたところを捕まり、「30日の運転禁 ...

続きを見る

「ナンバーをつけていなければ捕まらないと思った」またまたルーレット族逮捕!R32 GT-Rやダッジ・チャージャーほか4台4名

| ダッジ・チャージャーのルーレット族は珍しい |この記事のもくじ| ダッジ・チャージャーのルーレット族は珍しい |今どき、「捕まらない」と思うのは甘い考え今後の扱いはどうなるのか?こんな記事も読まれ ...

続きを見る

今度はコルベットで309km/h出した男が逮捕される!飲酒運転、かつ速度違反の理由は「朝食を買いにゆこうと・・・」

| コルベットはどれだけでもスピードが出るようだ |この記事のもくじ| コルベットはどれだけでもスピードが出るようだ |やっぱり飲酒運転だった速度違反は今も増加中こんな記事も読まれています ロックダウ ...

続きを見る

参照:Traffic and Highway Patrol Command - NSW Police Force

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5