ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

運転の神様ワルター・ロールが新型ポルシェ911GT3を語る!「速く走るための完ぺきなバランスを持っている」「初代911GT3から70kgしか増加していない」

投稿日:2021/07/17 更新日:

運転の神様ワルター・ロールが新型ポルシェ911GT3を語る!「速く走るための完ぺきなバランスを持っている」「初代911GT3から70kgしか増加していない」

| ワルター・ロールが20年以上前にニュルにて記録した初代911GT3のタイムをさらに1分も短縮 |

「これ以上無理」と思っても必ずそれを超えてくるのがポルシェのモデルチェンジ

さて、ポルシェは新型911GT3に、「リアウイングのない」控えめな”911GT3ツーリング”を追加したところですが、今回はポルシェマイスター、ヴァルター・ロール(ワルター・ロール)氏が新型911GT3について語っています。

なお、同氏は20年以上前に初代911GT3(996)を駆りニュルブルクリンクにて「8分切り」となる7分56秒33というタイムを記録していますが、当時は「まさか市販車でこのタイムを出せるとは思わなかった(そして、その際のスリリングさは今でも忘れがたい)」といいます。

最新の911GT3(992)については6分59秒927というタイムを(ポルシェのテストドライバー、ラーズ・カーン氏が)マークしていて、つまり「初代911GT3から最新の911GT3では」1分もタイムが短縮されているということになりますね。

ポルシェ911GT3
【動画】新型ポルシェ911GT3は従来型に比較し「誰が走らせても、簡単に」タイムを出しやすいようだ!ジャーナリストが911GT3の広報車でニュル「7:04」を達成

| 新型ポルシェ911GT3は、けして「一部のプロフェッショナルのためのクルマ」ではないようだ |この記事のもくじ| 新型ポルシェ911GT3は、けして「一部のプロフェッショナルのためのクルマ」ではな ...

続きを見る

新型ポルシェ911GT3は「進化の証」

この「1分」について、ヴァルター・レアル氏は「進化の証」だと述べていますが、以前に同氏は911ターボについても「もうこれ以上進化できないと思っていても、後継モデルでは必ず大きな進化を見せるのがポルシェ」だとも。

7世代のポルシェ911ターボが勢揃い
ポルシェ911ターボ「7世代」はこう進化してきた!「運転の天才」ワルター・ロールがそれぞれの特徴や思い入れについて語る

| ポルシェ911ターボはいつの世も「最先端」の技術を搭載している |この記事のもくじ| ポルシェ911ターボはいつの世も「最先端」の技術を搭載している |ワルター・ロールはこんな人930ターボ(19 ...

続きを見る

新型911GT3には、911の市販車としてはじめて(フロントに)ダブルウイッシュボーンサスペンションが使用されたり、スワンネック式のリアウイングが採用されたりと「過去モデルに比較してもっとも色濃いレーシングテクノロジー」が導入されていて、さらにエンジンにはレース用ユニットを使用し、これは新型911GT3カップ(レーシングカー)にもほぼそのまま搭載されていると言われますが、このエンジンはポルシェのモー タースポーツ部門が、ヴァイザッハ研究開発センターの南端に位置する伝説の地、フラハトで開発したもの。

この510馬力を発生するエンジンのエキゾーストサウンドはオーケストラを彷彿とさせる、とも評されます。

「バランスがすべて」

そしてヴァルター・ロール氏によれば、速く走るためには「バランスがすべて」。

同氏は現役時代から一貫して軽量設計の重要さを主張してきたそうですが、新型911GT3は、車体サイズが大きくなり、環境性能を満たすために大きな触媒を装着し、さらに日常での使用にかかる快適性を向上させたにもかかわらず、初代911GT3に比較して70kgしか重量が増えていないといい、これについては「偉業」だと褒め称えています。

なお、こういった軽量性を実現するためにはカーボンファイバー製のフロントフード、軽量ガラス、軽量ブレーキディスク、鍛造軽合金ホイール、そもそも設計技術の進化によってもたらされた軽量な車体構造など様々な要素がある模様(エキゾーストシステム単体で10kg軽量化されている)。

そして新型911GT3について、ドライバーにとってさらにフレンドリーな存在となっていることも見逃せず、タコメーター左右に用いられるイエローのバーを使用したシフトアシスタント、最適な回転数でシフトチェンジを行うフラッシュ・シフトはその典型であり、新型911GT3は(現時点で)最強のロードゴーイング911であると同時に、日常的なドライビングにおいても高い利便性を持っているというところも「高いバランスを持っている」と言っていいのかもしれません。

合わせて読みたい、ポルシェ関連投稿

ワルター・ロール「ポルシェ911GT2RSは速くなりすぎた。人やエンジニアリングの限界を超えつつある」

911GT2RSは速くなりすぎ、もはや危険な領域に ワルター・ロール氏(ポルシェ・ジャパンでは”ヴァルター・レアル”と表記)がポルシェ911GT2 RSについて、「ニュルブルクリンクを走るには、速くな ...

続きを見る

【動画】ポルシェが「運転の天才」と称するワルター・ロール。最新の愛車は”911ターボのエンジンを積む356”、なお同氏が最初に買ったのも356

| まさに運命の出会いはどこで起きるかはわからない |この記事のもくじ| まさに運命の出会いはどこで起きるかはわからない |その衝撃はまさに天啓のようだったこんな記事も読まれています ワルター・ロール ...

続きを見る

新型ポルシェ911GT3のコンフィギュレーター公開!全オプションと価格を調べてみた!!
新型ポルシェ911GT3のコンフィギュレーター公開!全オプションと価格を調べてみた!!

| オプション内容は911GT3らしくシンプルでスパルタン |この記事のもくじ| オプション内容は911GT3らしくシンプルでスパルタン |新型ポルシェ911GT3のボディカラーは14色ホイールには「 ...

続きを見る

参照:Porsche

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5