>その他アメリカ車

キャデラックがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」参戦表明!LMDh規定を利用する5番目のメーカーに。もう少し参戦メーカーが増えると楽しくなりそうだ

投稿日:

キャデラックがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」参戦表明!LMDh規定を利用する5番目のメーカーに。もう少し参戦メーカーが増えると楽しくなりそうだ

この記事のもくじ

| やはりランボルギーニの参戦希望。メルセデス・ベンツはル・マンと相性が悪く、参戦はないかもしれない |

キャデラックだけに、実際に2023年に参戦するマシンは独特のデザインを持つことになりそうだ

以前に「キャデラックがル・マン24時間レース参戦を検討している」と報じられましたが、今回キャデラックが公式に「ル・マン24時間レースへ参戦する」と発表。

正確にいうならば、ル・マン24時間レース含むWEC、そしてIMSAの両方に参戦するということになり、これはポルシェとも同じ手法で、もちろんLMDh規定のシャシーを使用するということに。

そしてキャデラックはLMDh規定によって参戦する5番目の自動車メーカーということになるわけですね。

3

LMDh規定とは?

このLMDhI規定は、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の最高峰クラスで採用されているDPiの発展形規則であり、参戦するチームは特定コンストラクター(マルチマチック、ダラーラ、リジェ、オレカ)によるLMP2ベースのシャシーいずれかを選択し、そこへボッシュ製の67HPを発生するエレクトリックモーター、そしてウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングが提供するハイブリッドシステム(リアアクスルに取り付け)を搭載する必要があります。

そしてこのLMDh規定を利用することのメリットとしては、まずIMSA参戦のコストが抑えられること。

もうひとつはこのLMDh規定によって作られたレーシングカーはル・マン24時間レースのハイパーカークラスに参戦可能であること。

つまり、一種類の車体で「北米」「欧州」という、自動車メーカーにとって外せない巨大市場へと、より低いコストでアピールすることが可能となり、ここが自動車メーカーにとって大きな魅力となっているわけですね。

ル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」
【動画】あまりに盛り上がらないル・マン・ハイパーカークラス(LMH)!ル・マン24時間レースが公式で「ハイパーカークラスとはなんぞや」を解説

この記事のもくじ| やっぱり市販車が出場しないと感情移入ができない |ル・マン・ハイパーカークラスは最高峰カテゴリハイパーカークラスに参戦する方法は2つ2021年の参加チームは3つ、2022年には+1 ...

続きを見る

LMDh規定導入によって一気にル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」が活性化

実際のところ、ル・マン24時間レース「ハイパーカークラス(LMH)」発足当初は参加するメーカーがサッパリ集まらず、しかしLMDh規定対応を表明したところ急激に参加する自動車メーカーが増えることに。

ただ、デメリットというか懸念としては「自社製のシャシーではない」ために独自性をアピールできないこと、他社製のシャシーを使用することでイメージ的なピュアさが削がれること。

よって、フェラーリはル・マン24時間レースへと参戦するにあたり、LMDh規定を利用せず自社にて車体を作るという道を選んでいます(たしかに、他社が製作したシャシーで走るフェラーリはあまり見たくない)。

フェラーリがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」の参戦パートナーにAFコルセを選んだと発表
フェラーリがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」の参戦パートナーにAFコルセを選んだと発表!XXプログラムの車両整備も担当する、いわば「セミワークス」

この記事のもくじ| まさかフェラーリがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」に参戦するとは思わなかった |2023年にはフェラーリのほかアキュラも参戦し、けっこう盛り上がることになりそうだル・マ ...

続きを見る

現在ル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」に参戦を表明しているのはトヨタ、SCG、プジョー、バイコレス、フェラーリ、アウディ、ポルシェ、アキュラ、BMW、そしてキャデラックですが、このうち「トヨタ、SCG、プジョー、バイコレス、フェラーリ」は自前のシャシー、「アウディ、ポルシェ、アキュラ、BMW、キャデラック」はLMDhを選択しています(どちらがいいのかは結果を見ないとわからない)。

6

さすが「おフランス」!レーシングカーなのに内外装ともオシャレさを忘れないル・マン用レーシングカー「プジョー9X8」が公開
さすが「おフランス」!レーシングカーなのに内外装ともオシャレさを忘れないル・マン用レーシングカー「プジョー9X8」が公開

この記事のもくじ| レーシングカーなのにリアウイングなしとはこれいかに |エンブレムは「新型」、前後ランプにはライオンの爪痕を想起させる「クローライト」ライバルはトヨタ、そしてスクーデリア・キャメロン ...

続きを見る

キャデラックが選んだのは「ダラーラ」

そしてキャデラックが今回の発表にあわせて公表したのが「使用するシャシーはダラーラ」、そしてパートナーはIMSAのDPiクラスに参戦しているチップ・ガナッシ・レーシングとアクション・エクスプレス・レーシング。

「ダラーラ」は、かつてランボルギーニにてミウラの開発にも携わったジャンパオロ・ダラーラの興したレーシングカーコンストラクターであり、名門中の名門なので、いやがおうにも期待が高まります。

なお、LMDh規定だとシャシーやハイブリッドシステムは「共通」となるものの、ボディワークとエンジンの自由度は(規則の範囲内で)認められており、もちろんキャデラックが搭載するのはGMによる自社開発エンジン。

2023年1月に開催されるロレックス・デイトナ24時間でのデビューを目指しているといい、同年のル・マン24時間レースへの参加も目標として掲げています。

ちなみにキャデラックは2002年にノーススターのプロトタイプを走らせ、総合8位に入賞したことがありますが、キャデラックにてグローバル・バイス・プレジデントを務めるローリー・ハーベイ氏によると、「2023年からLMDhクラスで国際的なモータースポーツのトップレベルで戦えることに興奮している。モータースポーツ同様、キャデラックも代替推進力による未来への移行を進めており、LMDhルールのハイブリッドシステムは、オールエレクトリック化された未来への技術移転の橋渡しとなるだろう」とコメント。

おそらくはあといくつか参戦メーカーが増えると思いますが、今から2023年のル・マン24時間レースが楽しみでしかたがありません。

合わせて読みたい、ル・マン24時間レース関連投稿

BMWが20年以上を経てル・マンへと復帰
BMWが20年以上を経てル・マンへと復帰!2023年からハイパーカークラスとデイトナを走り、アウディやポルシェ、フェラーリらと戦うことに

この記事のもくじ| たしかにBMWのル・マン復帰のウワサはデていたが、まさか本当に参戦するとは |BMWは1999年にル・マン24時間レース、セブリング24時間レースで優勝したことがあるLMDhカテゴ ...

続きを見る

ランボルギーニがル・マン「ハイパーカークラス(LMH)」に参戦?LMHと乗り入れ可能なLMDh規定にてIMSAに参戦すると報じられる
ランボルギーニがル・マン「ハイパーカークラス(LMH)」に参戦?LMHと乗り入れ可能なLMDh規定にてIMSAに参戦すると報じられる

この記事のもくじ| ランボルギーニがル・マンに参戦することになれば、レースが大いに盛り上がることになりそうだ |しかしランボルギーニは「自社によるモータースポーツ活動を行わない」はずでは?LMDhとは ...

続きを見る

ポルシェのル・マン「ハイパーカークラス」参戦用マシンはこんな感じに?タイカンGT1 Evoのレンダリングが公開
ポルシェのル・マン「ハイパーカークラス」参戦用マシンはこんな感じに?タイカンGT1 Evoのレンダリングが公開

この記事のもくじ| ポルシェがエレクトリック化の象徴であるタイカンを「ル・マン ハイパーカー」のデザインモチーフに採用してもおかしくはない |ただし公式にはどんな姿になるのかは明かされていないポルシェ ...

続きを見る

参照:Motorsport.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他アメリカ車
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5