ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ(Lamborghini)

ランボルギーニが欧州にてカウンタックLPI800-4初公開!そのデザインDNAを強調し、壁面に自動でデザインを描く発明「スクリビット」も登場

投稿日:2021/09/12 更新日:

ランボルギーニが欧州にてカウンタックLPI800-4初公開!そのデザインDNAを強調し、壁面に自動でデザインを描く発明「スクリビット」も登場

| 日本でもぜひカウンタックLPI800-4を公開してほしいものだが |

それにしても、改めてカウンタックの偉大さを思い知らされる

さて、ランボルギーニが「ミラノデザインウィーク」にて、欧州初となるカウンタックLPI800-4のお披露目を行ったと発表。

このて展示スペースは825平方メートルとさほど広くはないものの、カウンタックLPI 800-4、オリジナルのカウンタックLP400、アヴェンタドール・ウルティメが展示され、コンパクトなスペースを生かしての特殊な仕掛けがいくつか用いられたようですね。

Lamborghini-Milano-Design-Week-12

ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4
現代版ランボルギーニ・カウンタック「LPI800-4」発表!思っていたよりも「カウンタック」、しかし回顧モデルではなくれっきとした「カウンタック後継モデル」だった

| カウンタックLPI800-4はこれまでの歴代カウンタックのデザインをさらに発展させた「新型」カウンタックだった |この記事のもくじ| カウンタックLPI800-4はこれまでの歴代カウンタックのデザ ...

続きを見る

ランボルギーニのデザイナーが直接そのDNAを説明

このイベントはデザイン・イノベーションスタジオ、CRA(Carlo Ratti Associati)との共同にて行われ、3台のランボルギーニはそれぞれ「ダイナミックボックス」なるケースの中に収められ、このボックスに対してビデオ・プロジェクション、モーション・グラフィックスを投影することで過去から現代に至るまでの「ランボルギーニのDNA」を示すことに。

Lamborghini-Milano-Design-Week-5

そして会場ではランボルギーニのデザイナーたちがスケッチとテープドローイングを用いてそのデザインを解説。

なお、この方法はランボルギーニのデザインセンター「チェントロ・スティーレ」では日常的に用いられているといい、大阪にて開催された「ランボルギーニ・デイ」でも実演と説明があって「なるほどな」と思わせられた手法です。

Lamborghini-Milano-Design-Week-22

ちなみにこちらは「あらゆる垂直面をインタラクティブなキャンバスに変え、グラフィックやテキストコンテンツを表示することができる書き込み・消去ロボット、スクリビット。

TIME誌の「2019年のベスト発明100」にも選ばれており、このイベントでは、スクリビットがカウンタックの数十年にわたる進化をリアルタイムでスケッチした模様。

Lamborghini-Milano-Design-Week-25

なお、このイベントのタイトルは「FUTURE IS OUR LEGACY(未来は我々の遺産である)」というもので、言葉自体は矛盾しているものの、カウンタックが切り開いた「未来」が現代ではこうやってランボルギーニにとっての大きな遺産となっていることを鑑みるに、これからの未来における行動が「遺産」を形作るということをごく自然に受け入れることもできますね。

Lamborghini-Milano-Design-Week-3

こうやって見ると改めてカウンタックの偉大さを思い知らされることになりますが、同時に思うのが「もしカウンタックが存在しなかったら、今のランボルギーニはどうなっていたんだろうな」ということ。

Lamborghini-Milano-Design-Week-14

もしかすると現代のランボルギーニV12は「ミウラ」のイメージを引き継いでいたのかもしれませんし、全く異なるデザインを持つモデルが主流となっていたのかもしれませんし、はたまた「すでにランボルギーニ自体が存在していなかった」のかもしれません。

Lamborghini-Milano-Design-Week-6

なお、このイベントではライティングやプロジェクションが大きな役割を果たしていると考えられますが、証明についてははiGuzzini社とのパートナーシップによって実現したものだといい、この協業によって新しい照明ソリューションが実現したとのこと。

Lamborghini-Milano-Design-Week-24

会場にはランボルギーニのヨット(模型)の展示も

そして今回ランボルギーニは、この会場においてスーパーヨット「ランボルギーニ・テクノマーレ63」の模型も展示。

こちらはアヴェンタドールとシンクロしたデザインを持っており、これもやはりランボルギーニのDNAを表現した製品のひとつです。

Lamborghini-Milano-Design-Week-19

その仕様は思ったよりも「ランボルギーニ」だった!ランボルギーニがそのヨット「テクノマーレ・フォー・ランボルギーニ63」の内外装の画像を公式にリリース
その仕様は思ったよりも「ランボルギーニ」だった!ランボルギーニがそのヨット「テクノマーレ・フォー・ランボルギーニ63」の内外装の画像を公式にリリース

| まさかここまでランボルギーニらしさが貫かれているとは思わなかった |この記事のもくじ| まさかここまでランボルギーニらしさが貫かれているとは思わなかった |すでに予定販売数「63」は完売済みそのデ ...

続きを見る

合わせて読みたい、ランボルギーニ・カウンタック関連投稿

ランボルギーニ・カウンタック
まだ収まらぬランボルギーニ・カウンタックLPI800-4発表の余波!今度は「LP5000S風」など様々な作品をCGデザイナーが一挙公開

| それだけランボルギーニ・カウンタックは初代、LPI800-4ともにデザイナーのインスピレーションを掻き立てるということか |この記事のもくじ| それだけランボルギーニ・カウンタックは初代、LPI8 ...

続きを見る

元フェラーリ、マクラーレンのデザイナーがランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を斬る!「未来への繋がりが足りないな。オレだったらこうする」
【動画】元フェラーリ、マクラーレンのデザイナーがランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を斬る!「未来への繋がりが足りないな。オレだったらこうする」

| 実際に自身でデザインを作成、たしかに「未来」が見えてくるようだ |この記事のもくじ| 実際に自身でデザインを作成、たしかに「未来」が見えてくるようだ |どちらのカウンタックも甲乙つけがたいランボル ...

続きを見る

ランボルギーニ・カウンタック
ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4の「限定112台」が当然のごとく完売!1台2.56億円、ランボルギーニは287億円を確保することに

| ランボルギーニの限定モデルはその価格、台数とも増加傾向にあり、つまりそのぶんブランド価値が高くなっていると考えられる |この記事のもくじ| ランボルギーニの限定モデルはその価格、台数とも増加傾向に ...

続きを見る

参照:Lamborghini

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5