>その他イタリア車

ランチア・ストラトスHFゼロの現代版!デザイナーが独自に考えた「ランチア・スタイル」がカッコいい

投稿日:2021/09/20 更新日:

ランチア・ストラトスHFゼロの現代版!デザイナーが独自に考えた「ランチア・スタイル」がカッコいい

CGアーティスト、Paweł Breshke Czyżewskiによる「ランチア・スタイル」と題されたレンダリングが公開に。

これは「ストラトス」と名がつくものの、実際には(市販モデルのストラトスではなく)コンセプトカーとしての「ストラトスHFゼロ」をイメージしたと考えるのが妥当かと思います。

ストラトスHFゼロ(もしくはストラトス・ゼロ)もまたカウンタックをデザインしたベルトーネの作品であり、「最も車高の低いクルマ」を目指して作られ、1970年に発表されたコンセプトカー。

ランチアの名が示すとおりにランチア・フルビアのコンポーネントを流用してミドシップに仕立て上げたクルマで、これがのちの「(市販モデルの)ランチア・ストラトス」へと発展します。

ランチア・ストラトスの「元祖」。今も多くの人に影響を与える「ストラトスHFゼロ・コンセプト」はこんな車だ

| ランチア・ストラトスはもともとこんな車だった | 「ニュー・ストラトス」の発売が巷を沸かせていますが、「元祖」ストラトスといえばこの「ランチア・ストラトスHFゼロ・コンセプト(1970)」。 正直 ...

続きを見る

ランチア・スタイルはこんなクルマ

そしてこちらが「現代版」ランチアHFストラトスこと「ランチア・スタイル」。

021-09-19 15.47.15

かつてのストラトスHFゼロをうまく再現しているということがわかりますね。

Bertone-Lancia-Stratos-HF-Zero-Concept-4-1

極端なウエッジシェイプは健在ですが、サイドのデザインは大幅にアレンジされているようですね。

2021-09-19 15.47.06

なお、今回のランチア・スタイルは「ストラトスHFゼロ」よりも、2012年に発表されたストラトスHFゼロのイメージ的復刻モデル、「ヌッチオ」を意識したようにも見えますね。

bertone-nuccio (2)

こんなコンセプトカーもあった。ストラトス・ゼロの現代版、ベルトーネ「ヌッチオ」

| ベルトーネ最後のオリジナルデザインとなるコンセプトカー | ベルトーネの100周年記念モデルとして2012年に発表された「ヌッチオ」。 ベルトーネは1912年創業の名門で、1930年創業のピニンフ ...

続きを見る

「ストラトスHFゼロ」で採用された特徴的な(リアセクションを囲むような)テールランプは健在。

さらには現代のクルマっぽくリアディフューザーも追加されています。

021-09-19 15.47.45

こんなコンセプトカーもあった。ストラトス・ゼロの現代版、ベルトーネ「ヌッチオ」

| ベルトーネ最後のオリジナルデザインとなるコンセプトカー | ベルトーネの100周年記念モデルとして2012年に発表された「ヌッチオ」。 ベルトーネは1912年創業の名門で、1930年創業のピニンフ ...

続きを見る

なお、普通のドアがあるところも「ヌッチオ」的。※ストラトスHFゼロのサイドにはドアがない

021-09-19 15.47.20

リアウイングは「可変式」、そしてその前には2つの三角をモチーフにしたダクトが見られます。

2021-09-19 15.47.49

そしてこの「三角」はストラトスHFゼロのリアフードを「アレンジ」したものだと思われます。

ランチア・スタイルのインテリアはこうなっている

そしてこちらはランチア・スタイルのインテリア。

ドアの開閉方法がストラトスHFゼロとは異なるためかインテリアは完全にオリジナル。

-09-19 15.46.55

シートは車体構造と一体化した構造。

2021-09-19 15.47.41

ヒップポジションよりも足のほうが「上」にあるレーシングカーっぽいドライビングポジションです。

2021-09-19 15.47.32

ステアリングホイールは流行の「スクエア」、そしてセンターにはメーターが設置されていますね。

021-09-19 15.47.10

合わせて読みたい、ストラトスのレンダリング関連投稿

未来の電動ランボルギーニ、「lamborghini EX」
これが未来のランボルギーニ!ガンディーニ時代のDNAと戦闘機をミックスしたピュアエレクトリックモデル、「ランボルギーニE_X」

| 奇抜なようでいて現実的なデザインを持っている | さて、輸送機器デザイナー、アンドレア・オルティーレ氏が「未来のランボルギーニ」、ランボルギーニE_Xを公開。同氏いわく、ガンディーニがデザインして ...

続きを見る

ランチア・ストラトスが2025年に蘇ったら!「ストラトス(ストラタス)2025」が公開

| ランチアは絶対にストラトスを復活させるべき | ロンドン在住のアーティスト、colorsponge氏がデザインした「ストラトス2025」。正確に言うならば、そのスペルはSTRATUSとなっており、 ...

続きを見る

ランチア・ストラトス「2020年モデルが登場したら」。ストラトス・ゼロ発表50周年を記念した「ランチア L コンセプト オマージュ」

| けっこうアグレッシブなスタイルで出てきたな | 現在の自動車市場では存在感を失ってしまっているランチアですが、過去には名車中の名車、「ストラトス」が存在。そしてそのストラトスを現代に蘇らせたと仮定 ...

続きを見る

参照:Paweł Breshke Czyżewski

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他イタリア車
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5