>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VWはこんな奇っ怪なコンセプトカーたちをリリースしていた!今見るとそれぞれの時代にあわせて未来を模索していたようだ

投稿日:2021/09/20 更新日:

VWはこんな奇っ怪なコンセプトカーたちをリリースしていた!今見るとそれぞれの時代にあわせて未来を模索していたようだ

| フォルクスワーゲンは小排気量から大排気量まで様々な方向性を模索してきたようだ |

そしてブガッティやランボルギーニの買収によってその計画を実現してきたようだ

フォルクスワーゲンは非常に長い歴史を持ち、今や自動車業界1、2を争うメーカーですが、その歴史の中では様々な方向性の検討がなされ、様々なコンセプトカーがリリースされています。

いずれもその将来の方向性の検討を行うために製作されたクルマたちであり、ここでいくつかを見てみたいと思いますが、まずは「ナニコレ」といったデザインを持つ「マッキモト(Machimoto)コンセプト」。

これは「マシン(4輪)」と「モト(2輪)」との合体バージョンということになりそうですが、フォルクスワーゲンGTIに積まれる直列4気筒エンジン(136馬力)を搭載したうえでバイクのようなタンデム式シートを持ち、ハンドルバーがステアリングホイール形状に変形するなどなかなかに面白い考え方を持っています。

ちなみに車両デザインは「イタルデザイン」だとされ、たしかに同デザイン事務所の「アズテック(1998)」とも共通する雰囲気を持っているようですね。※その後、フォルクスワーゲングループはイタルデザインを買収している

生産25台のみの珍車。ジウジアーロ・アズテックが1億2000万円で販売中

イタルデザインのコンセプトカー、「AZTEC(アズテック/アステカ)」が中古にて販売中。 走行距離は7,000キロ、登録は発表された4年後の1992年となっており、価格は1億2000万円。 出力はアウ ...

続きを見る

このマッキモトコンセプトについてはもちろん製品化されることはなく、しかし1988年の「Obsession(オブセッション)」など、当時のイタリア映画に登場した模様。

なお、2輪と4輪との融合という考え方だと、BMWやホンダからも同様のコンセプトカーが発表されています。

フォルクスワーゲンは3輪車コンセプトも製作していた

そしてこちらは1986年の「VWスクーター・コンセプト」。

同社のFF用プラットフォームを使用していますが、3輪化によって車体重量は635kgに抑えられており、40馬力という非力なエンジンでも走行可能だとされています。

1986-VW-Scooter

なお、フォルクスワーゲングループは後にドゥカティを買収していて、2014年にはドゥカティのエンジンを積んだ「XLスポーツ」を発表しており、こちらにちては0−100キロ加速は5.7秒を誇り、さらにシザードアやラップタイマーも装備されている、とのこと。

おそらくはこの時代に「クルマとバイクとの中間」となる乗り物を開発することで、来たるべき環境規制に対応しようと考えていたのでしょうね。

2014-VW-XL-Sport

続いて1989年に発表されたのがフォルクスワーゲン・フッツーラ・コンセプト。

車間距離センサー、駐車支援機能、ブレーキ支援機能、ナビゲーションシステム、オンボードコンピューター、電動パーキングブレーキなどが搭載されていた先進的なクルマです。

量産には至らなかったものの、VWによれば、そのデザイン要素は量産型のID.3に再現されている、とのこと。

1989-VW-Futura

フォルクスワーゲンID3
VWが初の量産ピュアEV「ID.3」発表!「思想的にはビートルの再来だ。価格については340万円以下にできるよう頑張る」

| 航続可能距離は最大500キロ。11月から生産開始 | フォルクスワーゲンがついにそのEVシリーズ「ID」の第一弾、ID.3を発表。フォルクスワーゲンによると、1938年に発売したビートル(安価に大 ...

続きを見る

フォルクスワーゲンはブガッティ・ヴェイロンの「祖先」となるコンセプトカーも発表していた

1997年に登場したのがW12。

さらに2001年に発売された「W12ナルド」は、フォルクスワーゲン製W型エンジンのテストモデルとして開発された最終進化形でシンクロAWDを搭載し、600馬力の出力を持ち、0−100キロまでをわずか3.5秒で駆け抜けることが可能だとされています。

2001-VW-Nardo-W12

こんなコンセプトカーもあった。スチームパンクなアウディ「ローゼマイヤー」

| アウディはとことん「弩級」が好きなようだ | 2000年6月1日に発表されたアウディのコンセプトカー「ローゼマイヤー」。ウォルフスブルグにあるアウディパビリオンのオープニングセレモニーにてお披露目 ...

続きを見る

生産こそされなかったものの、のちのブガッティ・ヴェイロンに影響を与えたことは明らかであり、このエンジンは他のコンセプトカーを含め、多くの(フォルクスワーゲングループの)モデルに搭載されることとなっています。

参考こんなコンセプトカーもあった。ディアブロのシャシーを使用したブガッティW18/3シロン

| W18エンジン搭載のモンスター | 1999年にブガッティが公開したコンセプトカー、ブガッティW18/3シロン。 文字通りエンジンはW18、そしてシャシーにはランボルギーニ・ディアブロVT(4WD ...

続きを見る

なお、この頃フォルクスワーゲングループではひとつの異変が生じており、その異変とは「ベントレー、ランボルギーニ、ブガッティ」という大排気量ハイパワーエンジンを積むメーカーを次々買収したこと。

この買収に動いたのは当時のフォルクスワーゲングループCEO、フェルディナンド・ピエヒ氏ですが、その中でもブガッティは1998年に買収されており、よってこの「フォルクスワーゲンW12ナルド」計画はブガッティに引き継がれたと考えることもできそうですね。

ポルシェ創業者一族、フェルディナント・ピエヒ氏が亡くなる。アウディ・クワトロ、ブガッティ・シロンなどVWグループの「顔」をつくり続けた豪傑

| ここまで方針が明確で、推進力と権力を持った人物は他にいなかった | ポルシェ創業者一族にしてポルシェ創業者の孫、さらに前フォルクスワーゲン会長、フェルディナント・ピエヒが82歳にて亡くなった、との ...

続きを見る

合わせて読みたい、フォルクスワーゲン関連投稿

【動画】VWがEVレーサー”ID.R”でニュルに挑戦。アヴェンタドールSVJより40秒近く速い6:05.336にて走行し、EV最速記録を達成

| 昨年までであれば、すべてのレーシングカーをひっくるめてもNo.1だった | かねてよりウワサされていたとおり、フォルクスワーゲンID.Rがニュルブルクリンクに挑戦し、驚愕の6:05.336というタ ...

続きを見る

VW「IDバギーコンセプト」公開。同時にIDシリーズのプラットフォームを他社に販売可能だと公表し、小規模メーカー、新規メーカーも容易にEV市場へ参入できることに

新興自動車メーカーにとっては参入障壁が著しく下がることに フォルクスワーゲンが、先日よりティーザー画像を公開していた「IDバギー・コンセプト」を発表。これはかつてビートルをベースに改造され、人気を博し ...

続きを見る

65年も生産が継続された初代ビートル!VWはその間なんどかモデルチェンジを計画しており、しかし「実現しなかった」悲運のクルマたちが公開される
65年も生産が継続された初代ビートル!VWはその間なんどかモデルチェンジを計画しており、しかし「実現しなかった」悲運のクルマたちが公開される

| その後の「FF」ビートルまで考慮に入れると、なんと80年もビートルの生産が続いたということになる | それだけ初代ビートルのデザインが偉大だったと考えていい さて、「世界で最も売れた4輪車」でもあ ...

続きを見る

参照:CARSCOOPS

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5