>その他の国の車

44年間モデルチェンジなし!あのラーダ・ニーヴァに限定モデル「アニバーサリー」登場。モデルチェンジもウワサされ、これが「最後の最後」?

投稿日:2021/09/27 更新日:

44年間モデルチェンジなし!あのラーダ・ニーヴァに限定モデル「アニバーサリー」登場。モデルチェンジもウワサされ、これが「最後の最後」?

| できればこのルックスのままエレクトリック化してほしいものだが |

見かけによらず本格的な悪路走行性能を持つオフローダー

さて、1977年以来一度もモデルチェンジを行っていない長寿モデル(もしかすると自動車史上最高齢かもしれない)、ラーダ・ニーヴァ。

今回、ドイツ国内限定だとされるものの、ニーヴァを生産するヴォルガ自動車工場の自動車生産50周年記念モデルとして「50台のみ」ニーヴァ・アニバーサリーエディションが投入されています。

このニーヴァには標準モデルと比較して多くの変更点があるといい、グランドクリアランスの拡大、新しいデザインを持つアルミホイール、BFグッドリッチ製タイヤ、ホイールアーチライニング、ランニングボード、パワーバンパー、ウインチ用のスペース、ルーフレール、シュノーケル、アップグレードされたヘッドライトなど。

さらにフードスクープや牽引フックなどの追加装備により、悪路走行性能とオフロード風味が大幅に増強されているようですね。

32

ラーダ・ニーヴァ・アニバーサリーエディションは現地価格で250万円

このニーヴァ・アニバーサリーエディションはドイツ・ハルバーシュタットのFahrzeuge Bogelsack Service & Verkauf GmbHで購入できるといい、販売価格は税込みで19,900ユーロ(現在の為替レートで260万円くらい)。

5

これは、ロシア市場で販売されている最も手頃な3ドアのニーヴァ・レジェンドの約3倍だそうで、しかし日本だともっと高く(通常版ニーヴァが)販売されているので、ロシアだと「非常に安いクルマ」ということになりますね。

3

ラーダ・ニーヴァはモデルチェンジを計画中

なお、ニーヴァを製造するアフトヴァースはは、欧州連合(EU)の環境・排ガス基準の強化に伴い、EUへの車両供給を停止することになりますが、つまりこれは「環境規制にマッチしなくなった」ということを意味します。

1

つまり同社は、パワートレインをEUの規制に適合させるための投資を断念したということになり、しかし現在アフトヴァースはルノー傘下にあり、現在「環境に優しい」次世代ニーヴァを開発中だとも伝えられています。

7

モデルチェンジ版、ラーダ・ニーヴァ
1977年の登場以来モデルチェンジをしていない「走る化石」ラーダ・ニーヴァ。しかし今回、ついにフルモデルチェンジされることになったようだ

| おそらくラーダ・ニーヴァは自動車業界における最長寿モデル | あの「生きた化石」「走る化石」と言われるラーダ・ニーヴァ(LADA NIVA)。1977年に発売された後、一度もモデルチェンジすること ...

続きを見る

ラーダ・ニーヴァはこんなクルマ

上述の通り、ラーダ・ニーヴァは1977年の登場以来、モデルチェンジを受けずに44年も製造されていて、2020年モデルから現地では「ニーヴァ」の名称を「4×4」へ改める、と発表しています。

デビュー当時はVAZ-2121という車名を採用し、車体構造はモノコック(ボディ・オン・フレームではない)、しかしロック可能なセンターデフ、副変速機を持つ本格オフローダー(渡河能力は51センチ)。

発売から1年後には西ヨーロッパに上陸し、一時はヨーロッパの4x4セグメントの40%を占めるほどの大ヒットを記録したそうですが、今でもそのシンプルで親しみやすいルックスから多くのファンを持つことでも知られます。

現行モデルにはいくつかのグレードがあり、「アーバン」だと搭載されるエンジンは1.7リッター自然吸気/83馬力、トランスミッションは5速マニュアル、0-100km/h加速は17秒、最高速は142km/hというスペックを持っています。

合わせて読みたい、ラーダ・ニーヴァ関連投稿

こんなにカッコいいオフローダーは見たことない!メルセデスGクラスと”走る化石”ラーダニーヴァが合体したらこうなった

| 単なるキワモノではないその姿を見てみよう | インダストリアルデザイナー、Aleksandr Isaev氏が「G-Niva」なるレンダリングを公開。これはその名から、そして見た目から推測できるとお ...

続きを見る

こんなにカッコいいオフローダーは見たことない!メルセデスGクラスと”走る化石”ラーダニーヴァが合体したらこうなった

| 単なるキワモノではないその姿を見てみよう | インダストリアルデザイナー、Aleksandr Isaev氏が「G-Niva」なるレンダリングを公開。これはその名から、そして見た目から推測できるとお ...

続きを見る

40年以上モデルチェンジしていないラーダ・ニーヴァにワイルドな新グレード「ブロント」登場!オフロードタイヤにワイドボディ、オプションでは迷彩塗装もあるようだ
40年以上モデルチェンジしていないラーダ・ニーヴァにワイルドな新グレード「ブロント」登場!オフロードタイヤにワイドボディ、オプションでは迷彩塗装もあるようだ

| フルモデルチェンジはなされていないものの、ニーヴァには頻繁な改良が施されている | 2024年には親会社、ルノーの協力を得てついにモデルチェンジという話もあるようだ さて、走る化石と言われる「ラー ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他の国の車
-, , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5