ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>日産/インフィニティ(Infiniti) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

次期日産GT-Rはどんなクルマに?GT-Rはいつの世もスポーツカー界にパラダイムシフトを起こさせてきた存在であり、次期モデルもそうあるべきだと思う

投稿日:

日産R35 GT-R

| ほかの自動車メーカーが「そんなバカな」というほどのクルマでなければ、それはGT-Rではない |

やはりこれからの開発となると「ピュアエレクトリック」しかないだろう

さて、日産は先日2022年モデルのR35 GT-Rを発表していますが、2007年の登場以来、なんとGT-Rは今年で14歳。

それでもGT-Rは常にホットな話題であり続けていることは間違いなく、先日発表された調査結果では「GT-Rはネット(SNS)上でもっとも話題にあげられているクルマ」ということも明らかになっています。

これは「過去のGT-Rが話題となっている」ことのほか、現行R35 GT-Rについても絶え間なくアップデートを繰り返していることが関係しているのは間違いなさそうですね。

日産R35 GT-R
販売不振も高齢もなんのその!ツイッターやインスタグラムほかネット上で最も話題になっているクルマは「日産GT-R」

| ただしR35のみではなく、歴代GT-Rもここに含まれるものと思われる |この記事のもくじ| ただしR35のみではなく、歴代GT-Rもここに含まれるものと思われる |いつもどおりBMWや、メルセデス ...

続きを見る

最新GT-Rの出力は600馬力に達したが

なお、R35GT-Rが登場した際の出力は480馬力であったものの、最新モデルではついに600馬力に到達し、まさにこの出力は「スーパーカーの領域」。

ただし価格も当時の777万円から1082万円(ピュアエディション)にまで上昇してしまっていますが、14年の歳月、そしてライバルの価格上昇幅を考慮すると、まだまだ許容できる範囲だとは思います。

日産が2022年モデルのGT-R発表!100台限定、ボディカラーにR34 GT-Rの外板色をイメージした「ミッドナイトパープル」「ミレニアムジェイド」を持つ「T-Spec」が追加
日産が2022年モデルのGT-R発表!100台限定、ボディカラーにR34 GT-Rの外板色をイメージした「ミッドナイトパープル」「ミレニアムジェイド」を持つ「T-Spec」が追加

| GT-R T-Specは走りに特化した仕様を持つ価値の高いモデル |この記事のもくじ| GT-R T-Specは走りに特化した仕様を持つ価値の高いモデル |そろそろGT-Rの販売も終了される可能性 ...

続きを見る

そのGT-Rもチラホラと「寿命」の声が聞かれ、となるとあと数年内にはなんらかのフルモデルチェンジ版「新型GT-R」の声を聞くことができるのかもしれません(ただ、2027年まで現行GT-Rを販売するという声もある)。

なお、現行GT-R存続可否については、2025年に発効すると言われるユーロ7に対応できるかどうかだと思われ、しかしガソリンエンジン単体で走るクルマがユーロ7に対応することは難しいと思われるため、このあたりに「新型GT-R」が登場する可能性が高いとも考えています(もちろん、日産にその気があるならばの話)。

こんなはずじゃなかった!日産の2019年は惨憺たる結果に終わり、なんとGT-Rが「もっとも販売を落とした」モデルに。フェアレディZも-31%を記録し、このままでは後継モデルが望めない状況

| 当面日産には期待のニューモデルがなく、2020年もまだまだ販売は下がると思われる |この記事のもくじ| 当面日産には期待のニューモデルがなく、2020年もまだまだ販売は下がると思われる |スポーツ ...

続きを見る

次期GT-Rはどんなクルマに?

そこで次期GT-Rがどんなクルマになるのか非常に気になるわけですが、2019年辺りまでには「次期GT-R」の話がチラホラと出ていて、「GT-Rオーナーにヒアリングを行っている」「ハイブリッド」といった日産関係者からの話も。

ただ、そこからの数年間で事情が大きく変わり、近い将来は「ピュアエレクトリックカー」しか発売できなくなることが目に見えており、となると今の日産が「あと数年、長くても10年」しか発売できないはブリッドパワートレーンを搭載したGT-Rを新たに開発するとは考えにくく(日産は一つのモデルを長く販売する傾向があり、長期的にプラットフォームのコストを回収する会社)、よってこれから新規に次期GT-Rを開発するのであれば、それはピュアエレクトリックとなるのかもしれません。

そしてもう一つ、「商品力」の面からもピュアエレクトリックになるんじゃないかと考えていて、それは「いつの世も、GT-Rはパラダイムシフトを起こしてきた存在だから」。

たとえばR32 GT-Rだと「トルクスプリット4WD」をもって公道だろうがモータースポーツだろうが圧倒的な速さを誇り、それによって多くのクルマを「墓場へ追いやった」ほど。

たとえばそれまで猛威をふるったフォード・シエラ・コスワースも、GT-Rの登場によって世代が交代し、モータースポーツの表舞台から消え去ったクルマのひとつですね(その圧倒的な強さから「ゴジラ」と呼ばれるようになった)。

また出た80年代の変態車、フォード・シエラ・コスワースRS500。価格は上昇し続け1500万円以上に

| また出たフォード・シエラ・コスワースRS500。公道仕様でもECU交換で500馬力以上に |この記事のもくじ| また出たフォード・シエラ・コスワースRS500。公道仕様でもECU交換で500馬力以 ...

続きを見る

そしてR35 GT-Rでもそれは同様であり、ただしR35 GT-Rの場合は「ニュルブルクリンク」にて異常な速さを誇り、これは当時ポルシェが「911ターボよりも重いのに、911ターボよりも速く走れるわけがない」とその記録に物言いをつけたほど。

日産GT-R

つまりポルシェが速く走るために重視していた要素のひとつは「パワーウエイトレシオ」であり、これに劣るクルマが(より数値の優れるクルマより)速く走ることができるはずがないと考えていたわけですね。

現代では、たとえパワーウエイトレシオに優れずとも、そのトラクション能力が優れていれば「(アウディRS3のように)よりいいタイム」を出せることは周知の事実ではありますが、当時はまだそういった認識が低く、しかしGT-Rは「パワーウエイトレシオよりも重要なものがある」ということを世に示し、多くの自動車メーカーの認識をひっくり返してしまったわけですね。

アウディRS3
【動画】アウディRS3セダンが「コンパクトカーのニュル最速記録」樹立!これまでのタイムを5秒も短縮し圧倒的王座に

| 記録の達成に貢献したのはアクティブデフ「RSトルクスプリッター」 |この記事のもくじ| 記録の達成に貢献したのはアクティブデフ「RSトルクスプリッター」 |ハッチバック(スポーツバック)ではなくセ ...

続きを見る

今さらハイブリッドでは誰も驚かない

こういった感じで常にGT-Rは自動車業界の常識を更新し続けており、それを考慮すると、「今さらハイブリッド」ではインパクトが薄く、よって新型GT-Rもガソリン車、ハイブリッド車を一気に過去のものとするようなクルマでなくてはならないと考えていて、となればピュアエレクトリック以外の選択肢はないだろうとも考えています。

ただ、次期GT-Rが登場する時代であれば「ピュアエレクトリック」スポーツは珍しい存在ではなく、しかし日産が開発中の「E-4ORCE」を搭載することで「(エレクトリック時代でも)軽量化を追求する他社を尻目に」、重くとも車体制御技術次第でここまでの走行ができ、さらにはガソリンにもハイブリッドにもできないことができるという、誰もが驚くような、もしくは思いつかなかったようなことを成し遂げてほしいところ。

日産が「前後オーバーフェンダー、4輪トルクベクタリング」を装備したリーフを公開。エレクトリック4WD”e-4ORCE”は次期GT-Rにも採用される?

| e-4OURCEの技術は現行GT-Rの「ATTESA E-TS」がベース |この記事のもくじ| e-4OURCEの技術は現行GT-Rの「ATTESA E-TS」がベース |そのシステムはGT-R譲 ...

続きを見る

なお、二代目NSXが成功できなかったのは、初代NSXが成し遂げた「スポーツカーの固定概念を根本からひっくり返してしまう」という新しい考え方の提案ができなかったらだと捉えています。

ホンダが「3代目NSXは実現する」とコメント!ホンダにとってNSXとはその考え方を世に示す手段であるようだ。そこでボクは初代と二代目NSXの違いを考えた
ホンダが「3代目NSXは実現する」とコメント!ホンダにとってNSXとはその考え方を世に示す手段であるようだ。そこでボクは初代と二代目NSXの違いを考えた

| 初代NSXはNSXの「X」が示すとおり未知の新しさがあったが、二代目NSXは既知の技術やコンセプトだった |この記事のもくじ| 初代NSXはNSXの「X」が示すとおり未知の新しさがあったが、二代目 ...

続きを見る

合わせて読みたい、次期日産GT-R(R36)関連投稿

日産GT-R
日産「次期フェアレディ、GT-Rは開発下にある。ただしまだ詳細を語ることはできないが」。

未だ方向性を決めかねている模様。この様子だと登場まであと4−5年はかかりそう 日産はつい最近、1年半ぶりとなる新車「デイズ」を公開していますが、このニュースを見たときに「1年半も新車を発売していなかっ ...

続きを見る

次期日産GT-Rはハイブリッド「無し」の可能性が浮上。日産のGT-R開発者「HV化すれば+200kg、2000万円以上だ。そんなクルマは99%がノーサンキューと言うだろう」

そんなクルマはぼくもやっぱりノーサンキュー ここ最近、次期日産GT-R関連報道が続きますが、その内容も二転三転。直近の報道だと「次期GT-Rはハイブリッドシステムを採用」という話が中心を占め、日産内部 ...

続きを見る

日産トップがついに次期GT-Rについて言及!「新型GT-Rは2023年登場、パフォーマンス追求型ハイブリッド」。続報を待て!

| 最近の報道では、「2027年まで現行モデルが販売される」ということだったが |この記事のもくじ| 最近の報道では、「2027年まで現行モデルが販売される」ということだったが |日産は大幅にラインナ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->日産/インフィニティ(Infiniti), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5