ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>スバル(SUBARU) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

スバルが初のEV「ソルテラ」のティーザー動画を公開!それにしてもスバルはうまくEVと自社の「冒険」イメージを結びつけたな・・・

投稿日:

スバルが初のEV「ソルテラ」のティーザー動画を公開!それにしてもスバルはうまくEVと自社の「冒険」イメージを結びつけたな・・・

| このプロモーション方法は、世界中探してもスバル以外にはできないだろう |

「環境」と「冒険」を両立できるのはスバルをおいて他にない

さて、スバルが「初」となる電気自動車、ソルテラ(SOLTERRA)の最新ティーザー動画を公開。

ソルテラとは「ソル(太陽)」「テラ(大地)」とを組み合わせた造語ですが、そのネーミングの通り大自然を感じさせる内容となっています。

そこには鳥のさえずりや草原を吹き抜ける風など、自然の映像とソルテラの映像がミックスされており、これまでにはわからなかったリアスポイラーやヘッドライトの形状が映し出されることに。

8

スバルは自社の強みとEVとをうまく結びつけた

なお、ぼくはこの「ソルテラ」について、スバルがうまく自社の強みとEVとを結びつけたと考えていて、まず称賛したいのはそのネーミング。

上述の通り「太陽」「大地」を表すものですが、これは現在のスバルのイメージにぴったりだと思います。

そしてその太陽と大地を「環境への配慮」に結びつけたのが今回のキャンペーンの優れているところであり、ここで「スバルにしかできないEV戦略」を世に示すことができたわけですね。

9

たとえばスバルと同じように「AWD(4WD)」という強みを持つ自動車メーカーだと「アウディ」がありますが、アウディが仮に「EV展開による環境保護」をアピールするため、今回のスバルのような「大自然」をアピールするのには違和感があり、ブランドイメージとは整合性が取れないと思います。※そのためか、アウディ含めて多くのEVのプロモーションにつき、その生息地として「都市」がマッチさせられている

ただ、スバルの場合は「環境」に加えて「冒険」といった要素も感じさせる広告戦略展開を行っており、環境とともに生きてゆくという雰囲気も感じられることに。

そしてぼくは「環境」と「冒険」とを結びつけることができる自動車メーカーはスバル以外にないだろうとも考えていて、ここがソルテラのプロモーションについて「素晴らしい」と感じるところです(「ジープ」もスバルに近い立ち位置ではあるが、ジープの場合は環境と”ともに”というよりは、環境を”征服”しているように思える)。

7

スバル・ソルテラはこんなクルマ

スバル・ソルテラはトヨタとの共同開発となるEV(CセグメントのSUV)で、使用するプラットフォームは「e-SUBARU GLOBAL PLATFORM」。

おそらくはスバルがプラットフォーム開発を担当し、エレクトリックパワートレーンについてはトヨタが開発を担当するということになりそうですが、現時点ではその詳細について明らかではなく、しかし2022年央までに日本、米国・カナダ、欧州、中国等で発売される、とアナウンスされています。

2

このプラットフォームは「フロント」「センター」「リア」をモジュール化しており、それによって様々なバリエーションのEVを作ることが可能だといい、「SUBARUが長年培ってきたAWD技術とトヨタの持つ優れた電動化技術を活用し、両社がそれぞれの強みを持ち寄ることで、EVならではの魅力を持つ新しいSUVづくりを目指した」とのこと。

4

さらには”優れた操縦安定性や高い走破性を誇るAWD性能を備え、行く先を選ばない「安心と愉しさ」を提供するSUBARUらしいSUVという特長を持つこのクルマで、お客様と共に自然をもっと愉しみ、自然との共生をより一層深めていきたい”とも述べており、実際に発売されれば、トヨタ版であるbZ4Xを抜くまではゆかずとも、その「環境」「冒険」イメージによって、けっこういい線(bZ4Xと張り合うところ)まで行くんじゃないかとも考えています。

スバル・ソルテラの最新ティーザー動画はこちら

合わせて読みたい、スバル・ソルテラ / トヨタbZ4X関連投稿

トヨタが株主総会にて改めて「EV一辺倒にはならず、ガソリン車も残す」と明示
トヨタが「bZ4Xでは10年後のバッテリー残存率90%を目指す」と発表!なおプリウスPHVでは60〜65%にとどまる

| 現在、バッテリー容量残存率は”10年で半分が常識”とも言われるが |この記事のもくじ| 現在、バッテリー容量残存率は”10年で半分が常識”とも言われるが |それを考えるとトヨタの計画はあまりに野心 ...

続きを見る

スバルが新型EV「Solterra(ソルテラ)」の姿を公開!ソル(太陽)とテラ(地球)をあわせたネーミングを持ち、他社との差別化として大自然との関連性を強調?
スバルが新型EV「Solterra(ソルテラ)」の姿を公開!ソル(太陽)とテラ(地球)をあわせたネーミングを持ち、他社との差別化として大自然との関連性を強調?

| スバルは現在のブランドイメージ、そしてポジションをEV展開にうまく結びつけたようだ |この記事のもくじ| スバルは現在のブランドイメージ、そしてポジションをEV展開にうまく結びつけたようだ |しか ...

続きを見る

トヨタが新型EV「bZ4x」公開
トヨタが新型EV「bZ4x」公開!新電動ブランドbZからはスバル、スズキ、ダイハツ、中国BYDをパートナーに2025年までに15モデルを発売予定

| bZ4Xはなかなかに魅力的なクルマだが、現時点ではスペックなどが一切不明 |この記事のもくじ| bZ4Xはなかなかに魅力的なクルマだが、現時点ではスペックなどが一切不明 |bZ4Xはスバルとの共同 ...

続きを見る

参照:SUBARU On-Tube

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->スバル(SUBARU), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5