>その他イタリア車

イタリアから新興スーパーカー「ベルモットGT」登場!スーパーカーらしいスタイルを持ち、2リッター直4エンジン搭載という「実現できそうな」仕様を掲げる

投稿日:2021/10/12 更新日:

イタリアから新興スーパーカー「ベルモットGT」登場!スーパーカーらしいスタイルを持ち、2リッター直4エンジン搭載という「実現できそうな」仕様を掲げる

| 最近は「数千馬力」というハイパーカーばかりが多く、とても実現できそうには思えなかった |

ベルモットGTは「レーシングカーに準じた」仕様を持つようだ

さて、毎日のように報じられる「新興スーパーカー/ハイパーカー」ですが、今回はイタリアより「ベルマット(Bermat)」が誕生。

この社名は創業者である「マッテオ・ベルテッゾーロ(Matteo Bertezzolo)」氏の名から命名されていますが、まずは第一号として「GT」、そしてそのサーキット走行専用モデルである「GTピスタ」を発表しています。

ベルマットGT / ベルマットGTピスタは「実現可能な」スペックで発表

なお、このベルマットGTおよびベルマットGTピスタについて、実現可能なスペックで発表されたのがここ最近の新興スーパーカー/ハイパーカーメーカーとは異なるところで、まずサーキット走行モデルである「ベルマットGTピスタ」だと全長4,600mm、全幅2,000mm、全高1,200mm、ホイールベースは2,600mmというサイズを持ち、カーボンファイバー製のボディと軽量モノコックのT-MMプラットフォームの採用によって車重は約1,100kgに収まる、とのこと(CNカテゴリーのFIA安全規則に準拠)。

2021-BERMAT_GT_PISTA-exterior-01

相殺されるのは縦置きに配置されたスーパーチャージャー付き2リッター4気筒エンジンだとアナウンスされており、最高出力は320~400ps(239~299kW/325~406PS)、最大トルク450Nmを発揮します。

トランスミッションは6速シーケンシャルギアボックス、そしてセルフロッキングディファレンシャルを介して後輪に伝達され、0-62mph(0-100km/h)までは約4秒。

最近の「2000馬力」「3000馬力」といった途方もない出力を掲げる新興ハイパーカーに比較するとずいぶん控えめにも思えますが、そのぶん「実現が可能」だと思わせる数字でもありますね。

足回りには調整可能なショックアブソーバーを備えたプッシュロッド・サスペンションが用いられ、19インチのOZ Racing製アルミホイールを装着し、前輪には245/645R18、後輪には265/645R18のピレリDHBタイヤが組み合わせられます。

ブレーキだとフロントに380mmのディスクと6ピストンキャリパー、リアには355mmのディスクと4ピストンキャリパーを装備している、とのこと。

車両そのものはJASモータースポーツとの共同開発となり、デザインはキャル・スタジオが担当する、とアナウンスされています。

2021-BERMAT_GT_PISTA-exterior-03

インテリアだと12インチのデジタルインストルメントクラスターを中心に左右へとスイッチ類が配置され、センターコンソールにはロータリーコマンダーのようなハイマウントノブ、そしてステアリングホイールはもちろんレース仕様。

2021-BERMAT_GT_PISTA-interior-03

公道走行版「ベルモットGT」はこんなクルマ

そしてこちらは公道走行版のベルマットGT。

2022-BERMAT_GT_exterior_01

このベルマットGTは「地球に戻ってきた未確認飛行物体」をイメージしているといい、しかし雰囲気的にはアスカリやフェラーリ、マクラーレンっぽさも感じさせます。

2022-BERMAT_GT_exterior_02

こちらの「公道走行版」のスペックについては今のところ公表されていないものの、おそらくはサーキット走行版とさほど変わらない「常識的な」仕様になるものと思われ、やはり他の新興スーパーカーやハイパーカーとは異なり、「パワーではなく、軽量性やメカニックグリップ、ハンドリング」にフォーカスしたクルマになりそうですね(そのほうがクラシカルで好ましい)。

2022-BERMAT_GT_exterior_06

ベルマットによると、自社をして「顧客をプロジェクトの中心に据えることができる最初の自動車メーカー」になると述べ、高いレベルのパーソナライゼーションを提供することを約束しており、ボディワークやインテリアについて様々なカスタムが可能になる模様。

2022-BERMAT_GT_exterior_07

まずはサーキット走行専用のベルマットGTピスタが2022年前半に登場し、その後に公道走行版のベルマットGT、そしてフル電動バージョンのベルマットGT”レガシー”が発売される予定だといいますが、今のところ生産台数や価格については明らかにされておらず、ここからなんらかのアナウンスがなされるものと思われます。

2022-BERMAT_GT_interior-05

あわせて読みたい、新興スーパーカー / ハイパーカー関連投稿

新興スーパーカー、ウェルズ
英国より新興スーパーカー「ウェルズ・ヴェルティージュ」登場!重量わずか850kg、サイズはマツダ・ロードスターとほぼ同等

| 創業者「自分が欲しいクルマが無かったから自分で作った | なお開発開始から市販するまでに要した機関は約7年 さて、近年は新興スーパーカー/ハイパーカーメーカーが続々登場していますが、今回は英国から ...

続きを見る

新興ハイパーカーメーカー、ジンガーが「C21」にて米サーキットでのコースレコード更新!最高出力1250馬力、100キロまでの加速1.9秒、最高速は452km/h
新興ハイパーカーメーカー、ジンガーが「C21」にて米サーキットでのコースレコード更新!最高出力1250馬力、100キロまでの加速1.9秒、最高速は452km/h

| マクラーレン・セナの持つ記録を2秒も短縮 | これまでの経緯を見るに、実際に発売してくる可能性が高そうだ さて、しばらく前に発表されたロサンゼルス拠点の新興ハイパーカーメーカーによる市販車「ジンガ ...

続きを見る

また出た新興ハイパーカー!ただし今度はルノーやロータスF1チームの監督が設立に関わった「モランド・カーズ」
また出た新興ハイパーカー!ただし今度はルノーやロータスF1チームの監督が設立に関わった「モランド・カーズ」。ピュアエレクトリック版だと1,950馬力

| ハイブリッド版とピュアエレクトリック版が存在し、価格は2億7600万円、限定73台 | さて、続々出てくる新興ハイパーカー計画ですが、今回はスイスのモランド・カーズ(Morand Cars)社から ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他イタリア車
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5