ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

ランボルギーニ「サイバーパンク」ウラカン見参!バーチャルカスタムなれど実現可能なデザインを持ち、どこかのショップが作ってくれないものか

投稿日:2021/10/17 更新日:

ランボルギーニ「サイバーパンク」ウラカン見参!バーチャルカスタムなれど実現可能なデザインを持ち、どこかのショップが作ってくれないものか

| 未来的でクリーンなデザインがこのアーティストの持ち味のようだ |

やはりランボルギーニはこういった過激なカスタムがよく似合う

さて、これまでにも数多くのバーチャルカスタムを披露してきたデザイン系ユーチューバー「Hycade(ハイケイド)」氏ですが、今回はランボルギーニ・ウラカンをベースにしたレンダリングを作成して公開しています。

なお、同氏はこの作品を製作するにあたり、「サイバーパンク」感を重視した、とのこと。

たしかに「未来っぽい」雰囲気満載となっていますが、ここでその内容を見てみましょう。

日産GT-R(R34)ハードコア・ボディキット
【動画】日産スカイラインGT-R(R34)をバーチャルカスタムした「ハードコアボディキット」がカッコいい!現代風要素にてクリーンにカスタム

| 実際にこれを実現するショップが登場してもおかしくないほどの「完成された」デザイン |この記事のもくじ| 実際にこれを実現するショップが登場してもおかしくないほどの「完成された」デザイン |GT-R ...

続きを見る

実際にどこかのチューナーがこれを作るかもしれない

このランボルギーニ「サイバーパンク」ウラカンについて、もちろんウラカンをベースとし、しかし同氏が考える独自のエアロパーツを付与したもの。

そのエアロパーツは車体全域にわたって取り付けられ、ウラカンの雰囲気が一新されています。

13

ルーフからリアにかけて装着されるのはフローティング式のエアロパーツ(BMW i8のリアを連想させる)。

17

一方でフロントフェンダー上には「現実的な」ルーバー状エアアウトレット。

19

こちらは色違いバージョンですが、ヘッドライトはウラカン・スーパートロフェオEVO IIを意識しているようですね。

フロントフード、そしてフロントフェンダーやフロントバンパーはそっくり入れ替えられています。

12

ランボルギーニが「ウラカン・スーパートロフェオEVO2」を公開
ランボルギーニが「ウラカン・スーパートロフェオEVO2」を公開!リアはカウンタック風、フロントはシアン風のデザインを持ち、「ガソリン世代の集大成」?

| まさかV10モデルにカウンタック風デザインを採用してくるとは |この記事のもくじ| まさかV10モデルにカウンタック風デザインを採用してくるとは |ウラカン・スーパートロフェオEVO2のボディカラ ...

続きを見る

リアデッキには巨大なリアウイングが装着され、テールランプ形状が変更された上で左右ランプをつなぐようにセンター部も発光。

リアバンパーやディフューザー形状も改められており、テールパイプは丸4本(ハの字)出しとなっています。

9

リアエンドは大きく後ろに張り出しており、これはほかのどんなクルマにも似ていないデザインですね。

16

こちらも色違いのレッド。

明るいボディカラーを採用しているため、そのディティールがよくわかります。

10

サイドステップとリアフェンダーもその形状が変更されていますが、けして実現不可能な形ではなく、よってどこかのショップがこのウラカンを製作する可能性もありそう。

近年は実車のチューニングも「ネタ不足」なのか、こういった仮想レンダリングにネタを求めることもあり、実際に「レンダリングを実車ベースで実現させてしまった」ショップも存在しています。

7

「もしも」系レンダリングを現実に!廃車のランボルギーニ・ウラカンを買ってきて1500馬力+MT、理想の外観を実現した男たち

| なにごともドゥ・イット・ユアセルフ | さて、先日よりカスタムが進められていた、B is for build氏による、ランボルギーニ・ウラカンの「MTコンバージョン」。しかしこれは単なる「マニュア ...

続きを見る

この複雑かつ未来的な形状を持つフロントはまさに秀逸。

6

ガバっとエアを取り入れてくれそうなルーフからフェンダーにかけての造形もイイですね。

5

リアバンパー下部からもエアを大量に抜く構造を用いているようです。

3

こちらは「ドリフター」っぽいカラーリングを持つバージョン違い。

2

フロントからボディサイド、そしてリアウイング翼端にまでまたがるグラフィックが「ナイス」。

1

ランボルギーニ「サイバーパンク」ウラカンを紹介する動画はこちら

あわせて読みたい、バーチャルレンダリング関連投稿

トヨタGRスープラのバーチャルカスタム
【動画】これまたスゴいGRスープラのバーチャルカスタムが出てきたな・・・。超ワイドボディ、ド迫力のウイングが刺激的

| 現実世界のGRスープラのカスタムトレンドとは異なって新鮮に見える |この記事のもくじ| 現実世界のGRスープラのカスタムトレンドとは異なって新鮮に見える |GRスープラ「ワイドボディ」はこんな仕様 ...

続きを見る

リバティーウォークとはまた違う「クリーンな」GT-Rワイドボディカスタム
【動画】リバティーウォークとはまた違う「クリーンな」GT-Rワイドボディカスタム!CGアーティストが斬新なエアロパーツを提案

| このリアウイング形状はなかなか思いつかない |この記事のもくじ| このリアウイング形状はなかなか思いつかない |GT-Rっぽくないボディカラーが新しいボディカラー違いのR35 GT-R「バーチャル ...

続きを見る

やだカッコいい!ランボルギーニとガンダムとのコラボ、連邦軍カラーの「ウラカンRX-78-2」登場!!

| イメージはもちろん初代ガンダム、ただし残念ながら非公式 |この記事のもくじ| イメージはもちろん初代ガンダム、ただし残念ながら非公式 |その名は「ウラカンRX-78-2」ウラカンRX-78-2のデ ...

続きを見る

参照:hycade

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ランボルギーニ
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5