>マツダ(MAZDA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フルモデルチェンジ版マツダ・ロードスターは2024年登場、e-SKYACTIV X(ハイブリッド)、インテリアは高級に。やはり大きく重く、高価なプレミアムカーになってしまうのか・・・

投稿日:2021/10/26 更新日:

マツダ・ロードスター

この記事のもくじ

| こればかりは時代の流れなので仕方ない |

どうやってもシンプルなスポーツカーを作れなくない時代になってしまった

さて、チョコチョコと流れてくる新型マツダ(NE)ロードスターのウワサ。

最新のものだと2024年にSKYACTIV Xエンジンと48Vマイルドハイブリッド(e-SKYACTIV X)を搭載して登場する、と言われます。※現行NDロードスターはつい最近発売されたような印象もあるが、実は2015年に登場しているので、2024年にモデルチェンジというのは妥当でもある

もちろんこのハイブリッド化については欧州の厳しい規制をクリアするためですが、実際に欧州ではCO2総排出量を制限するために(現行ロードスターの)2リッターモデルの販売を制限しているといい(現地では1.5リッターと2リッターを選べる)、しかし次期ロードスターではSKYACTIV Xエンジンとハイブリッドとの組み合わせにて「制限なく販売を行えるよう」にするのだと思われます。

欧州にてマツダ・ロードスター存続の危機!2リッターモデルが廃止され「販売は20%ダウンするだろう」。いったいなぜ?

この記事のもくじ| なにもかも欧州の厳しいCO2排出規制のせい |そもそもOC2排出規制とはこんな記事も読まれています | なにもかも欧州の厳しいCO2排出規制のせい | 欧州にて、マツダ・ロードスタ ...

続きを見る

ただし重量が重く、価格も高く?

このスカイアクティブXエンジンは(スカイアクティブGに比較して)30%のトルクアップが見込め、かつ燃料消費量を最大で30%削減できるとされていますが、現在マツダ3などに搭載済み。

参考までに、マツダ3の場合、スカイアクティブG(通常のガソリンエンジン)搭載モデルの20Sプロアクティブだと価格は251万円、重量は1,340kg。

そしてスカイアクティブX搭載のXプロアクティブだと319万円、重量は1,420kg。

それぞれ装備の差もあるので単純な比較はできないものの、スカイアクティブXエンジンを搭載することで価格で60万円以上高く、重量は80kgも増加してしまっており、となると次世代ロードスターは(日本仕様のロードスターが1.5リッターエンジンということを考慮するに)最低限でもこれくらいは高く重く、もしくは「もっと」なのかもしれません。

マツダ・ロードスター

現時点ではその詳細は不明だが

なお、今のところ次期ロードスターの詳細は不明ながらも、マニュアル・トランスミッションの投入もあるといい(マツダ3でもスカイアクティブXと6MTとの組み合わせがある)、かつ重量増加を最小限に抑えるための様々な試みがなされると言われていて、それでも現行モデルより重くなるのは避けられない事実なのかも。

ただ、そのかわり出力も大幅アップすることが期待でき、現行ロードスターとはちょっと違う性格を持つクルマになる可能性もありそうですね。

興味深いのは、エクステリアについても噂が出ていることで、「新形状のフロントグリル」に「角張ったLEDヘッドライト」が与えられるとされ、現行ロードスターのようなアグレッシブなデザインではない、とも(となると現行ロードスターのように、ほかのマツダ車と異なる独自のデザイン言語が用いられるのかもしれない)。

そしてインテリアだと「高級素材」「デジタル式メーター」「現代的なインフォテイメントシステム」が与えられ、いっそうのプレミアム化を推進すると報じられています。

マツダ社長「今は苦しいが、売り方を180度変えることでプレミアム化を図る」。世界シェア2%の小さい会社が生き残るための戦略とは

この記事のもくじ| なかなかマツダの考え方は消費者に理解してもらえない |正直、マツダは「苦しい」「高くても買ってもらえるブランドに」マツダが「プレミアム」を意識し始めたのは10年前こんな記事も読まれ ...

続きを見る

参考までに、マツダの「プレミアム化」とは、けして高級さを目指すという意図ではなく、現代の自動車に求められるCASEを追求し実現しようとなるとどうしても高価になってしまい、その高価さを納得させる手段として「目に見える高級さ」を与えているだけだというコメントもなされています。

「マツダは身の程知らずに値上げし、しかも値引きしなくなってユーザーにそっぽを向かれ売れなくなった」は本当か?その真相をマツダ副社長が激白

この記事のもくじ| マツダがプレミアムカーメーカーへと移行しようとしているのは間違いない。問題は成功するかどうかだ |マツダのクルマが「高くなった」本当の理由はこれだマツダ車は売れていないのかマツダは ...

続きを見る

合わせて読みたい、マツダ・ロードスター関連投稿

これもマツダ・ロードスター?スペインの小規模メーカー、ウルタンが「マツダとの協力体制にて」クラシカルなカスタムカーを製造
え?これもマツダ・ロードスター?スペインの小規模メーカー、ウルタンが「マツダとの協力体制にて」クラシカルなカスタムカーを製造し30台を限定販売

この記事のもくじ| ソフトトップ版、そして「RF」版両方を選択可能 |グランド・アルバイシン・ビスポークはこんなクルマグランド・アルバイシン・ビスポークのエンジンは2リッター限定生産台数は30台のみ合 ...

続きを見る

マツダ・ロードスターのオフロード化
マツダ・ロードスターのポテンシャルは悪路でもスゴかった!タイヤとホイールを交換しただけの「オフロード仕様」ロードスターRFがコロラドの大自然を走破する

この記事のもくじ| 標識には「高い地上高」「4WD」「ショートホイールベース」を推奨すると書かれている |まさかマツダ・ロードスターRFがこれほどの悪路走行性能を発揮するとはサスペンションは「ノーマル ...

続きを見る

ホンダS2000、マツダ・ロードスターRF、124アバルト・スパイダーの3台をテストする動画が公開
【動画】ボクだったらアバルトだな!ホンダS2000、マツダ・ロードスターRF、124アバルト・スパイダーの3台をテストする動画が公開。S2000は現代でも十分通用するようだ

この記事のもくじ| もしくは、S2000のパフォーマンスに追いついた現代のクルマを評価すべきか |日本は昔から「安価なオープンスポーツの宝庫」だと言われてきたテストは「ドラッグレース」そして「サーキッ ...

続きを見る

参照:Autocar

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マツダ(MAZDA), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5