ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ブガッティ(BUGATTI)

マンソリーがブガッティ・シロンのカスタム「センチュリア」を再提示。こういったハイパーカーをカスタムする人は少なそうだが、そこでマンソリーの存在意義とは

投稿日:2021/11/08 更新日:

マンソリーがブガッティ・シロンのカスタム「センチュリア」を再提示。こういったハイパーカーをカスタムする人は少なそうだが、そこでマンソリーの存在意義とは

| 世の中にはいろいろな需要があり、それを満たすためのいろいろな手段が存在する |

それでも、こういったクルマのカスタムには異常にお金がかかりそうだ

マンソリーは2019年にブガッティ・シロンのカスタムカー(コンプリートカー)、センチュリアを発表していますが、今回その「センチュリア」について3つのカスタム例を改めて公開しています(ただしこれらカスタム例についてはいずれもCGにとどまっており、実際にマンソリーがどれだけの数のカスタムを手掛けたのかは不明)。

まず3つのうち最初の例はレッドにブラック、そして鍛造カーボンを組み合わせたもの。

マンソリーがなんとブガッティ・シロンの内外装をフルカスタム!外装は鍛造カーボン、内装はアルカンターラ

ブガッティ・シロンに手を入れることができるチューナーはそういない 過激なカスタムカーを発表することで知られるマンソリーですが、今回はなんとブガッティ・シロンのカスタムを発表。シロンは新車価格が3億円近 ...

続きを見る

カスタム費用についても「一切不明」

そしてこのマンソリー・センチュリオンのカスタム内容についてですが、フロントフード、フロントバンパー、サイドステップ、ルーフ上のエアインテーク(シュノーケル)、リアウイング、リアディフューザー、フロントフェンダー、ヘッドライトサラウンド等が鍛造カーボンファイバーに。

この鍛造カーボンについては「マーブル状」に見えることが特徴であり、織り目の見える通常のカーボンファイバーとはまた異なるテクスチャを持っています(製造方法も全く異なり、鍛造カーボンはプレス機を用いて、カーボンファイバーと樹脂とを圧着成形する)。

ホイールにはエアロカバーが装着され、テールパイプは楕円形状を持つ「4分割」形状に。

Mansory-Bugatti-Chiron-1

インテリアについても全面的に張り替えられており、アルカンターラやダイヤモンドステッチが使用される豪華な仕様を持っています。

Mansory-Bugatti-Chiron-2

そのほかにはこんなカスタム例も

そしてこちらはゴールドのボディカラーをベースにした「カラー違い」で、カスタム内容としては同等です。

Mansory-Bugatti-Chiron-3

インテリアはブラックのアルカンターラにゴールドのステッチにパーツが組み合わせられていますね。

Mansory-Bugatti-Chiron-4

こちらは「シルバー」ベース。

Mansory-Bugatti-Chiron-5

インテリアはブルーのアルカンターラにシルバーのアクセントが与えられています。

Mansory-Bugatti-Chiron-6

実際にブガッティをカスタムする人は多くない

なお、マンソリーはこれまでにもヴェイロンのカスタムカーを発表していますが、こちらについては「多くて3台」が製造された、とも。

この数は「人気チューナーにしては」かなり少ないといえ、しかしブガッティの性質を考えると「納得できる」ものでありますね。

どういうことかというと、ブガッティは自社のクルマを「芸術品」と称しており、実際にその仕上がりは文字通りの「芸術品」なので、これを社外パーツにてカスタムするということは、ともすると「芸術品を破壊する」ことにもなりかねません。

ブガッティCEO「あと10年はW16エンジンを存続させる。そうしてブガッティはコレクターズアイテムとなり、芸術品に昇華するのだ」

| ハイブリッドはやがてその輝きを失うとブガッティは考えている |この記事のもくじ| ハイブリッドはやがてその輝きを失うとブガッティは考えている |ブガッティはクルマを超越した存在であり続けるこんな記 ...

続きを見る

加えて、現在は「もうガソリンエンジン搭載車が新車で販売できない」時代に突入しており、よってガソリンエンジンを積むスポーツカーは「非常に貴重」。

そしてこういったガソリン車は将来的に価値を高めることが予想されますが、価値が高くなるのは「純正状態」を保っている場合がほとんどであり、よって社外パーツにてカスタムを行うのはその価値を下げてしまうことにもなりかねず、よってこれらのクルマのオーナーはあまりクルマを改造したがらない(やるとしてもメーカー純正パーツによって行う)ケースが大半のようですね。

ただ、一部には「一切売るときのことを気にしない」「いくら価値が下がろうとも、いま自分が乗りたい仕様のクルマに乗りたい」という人もいて、そういった人々にはマンソリーをはじめとするチューナーが「自己満足を満たす、数少ない選択肢」となるのかもしれません(中古にて購入し、新車時に思うようなカスタムをできなかった場合も同様)。

合わせて読みたい、マンソリー関連投稿

カーボン×ゴールドのゴージャスなブガッティ・ヴェイロンが中古にて販売。マンソリーのワンオフカスタム

| さすがにヴェイロンをカスタムするチューナーは数少ない | マンソリーがカスタムしたブガッティ・ヴェイロンが中古市場に登場(価格は”ASK”)。これは「Mansory Linea Vincero」と ...

続きを見る

マンソリーがジュネーブへ大量出展。フェラーリ、ベントレー、AMG、ロールス、アストン、ポルシェ、ブガッティetc.

| 今年もマンソリーはジュネーブへ大量出展 | マンソリーがジュネーブ・モーターショーにて、大量にチューニングカーを公開する模様。 ジュネーブ・モーターショーはその土地柄多くのセレブが集まることでも知 ...

続きを見る

マンソリーがフェラーリF8トリブートを過激にチューン
マンソリーがフェラーリF8トリブートを過激にチューン!コンプリートカー「F8XX」を発表

| さすがはマンソリー、カーボンだらけ |この記事のもくじ| さすがはマンソリー、カーボンだらけ |今回のターゲットはフェラーリF8トリブートマンソリーではフェラーリF8トリブートの出力も向上マンソリ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ブガッティ(BUGATTI)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5