ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ジャガー ■映画や音楽、本、ゲームについて

「007 スペクター」の撮影に使用されたジャガーのスーパーカー、C-X75が中古市場に登場!シャシーナンバーは「007」、価格は1億3500万円

投稿日:2021/12/26 更新日:

「007 スペクター」の撮影に使用されたジャガーのスーパーカー、C-X75が中古市場に登場!シャシーナンバーは「007」、価格は1億3500万円

| 本来のスペックであれば、1.6リッターターボエンジンに加えてマイクロガスタービン2基で発電し駆動する4モーターを備え890馬力を発生 |

これが発売されていてばジャガーの現在も今とは異なったものだったかもしれない

さて、希少なジャガーC-X75の売り物が中古市場に登場。

これは007映画「007 スペクター」の撮影に使用された10台(7台説もある)のうち1台だといい、別の個体が売りに出された際の情報によると「現存するのは5台のみ」。

販売価格は86万4000ポンド(日本円で1億3500万円くらい)ですが、C-X75は過去に3億円以上に落札されたこともあり、この価格は「かなりお買い得」といっていいかもしれません。

Jaguar-C-X75 (2)

ジャガーC-X75はこんなクルマ

このジャガーC-X75はあまり見慣れないクルマであり、よってこの映画のために製作されたと思われがちではあるものの、実際にはジャガーが市販を前提とし、2010年に発表したコンセプトカー。

Jaguar-C-X75 (4)

ウイリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングとの共同にて開発が行われ、ターボとスーパーチャージャーとで加給した1.6リッターエンジン(なんと502馬力を発生!)、そしてこれに最高で390馬力を発生する4基のエレクトリックモーター(電力は2基のディーゼルマイクロガスタービンによって賄われる)をドッキングさせたプラグインハイブリッドで、0-100キロ加速は6秒以下(実際には3秒程度であったとされる)、最高速度は350km/hをマークするというスーパーカーでもあります。

Jaguar-C-X75 (11)

車体はカーボン製モノコック、時速300キロ時に200kgを発生するエアロパッケージを持つなど、当時としてはかなり先進的なクルマであり、その価格(2012年モデルの予価)は1億円程度だったとされています。

Jaguar-C-X75 (9)

ジャガーC-X75はこういった先進的な機構を持ち、もし発売されていたらポルシェ918スパイダー、ラ・フェラーリ、マクラーレンP1にも対抗しうるポテンシャルを秘めていたわけですが、当時はまだリーマンショックの影が濃く、つまりは「世界の経済事情」によって市販が中止され、(007映画用とは別に)5台のプロトタイプのみが生産されるに終わったとされています。

Jaguar-C-X75 (12)


ちなみにジャガーは1998年に「XJ220」を発表していて、その直後に注文が殺到するも、後に発生した景気後退(リセッション)のためにキャンセルが相次ぎ、受注が1/5以下になるという経験をしたことも。

おそらくはこの「XJ220ショック」がトラウマとなり、C-X75については「痛い目を見る前に」ということでプロジェクトが中止されたのかもしれませんね。

Jaguar-C-X75 (5)

ブリジストンがジャガーXJ220のためだけに開発したタイヤをついに発売。その苦労を動画で語る

| ブリジストンもなかなかやるな | ブリジストンは昨年、「ジャガーXJ220専用タイヤを開発し販売する」と発表しましたが、今回無事にタイヤが完成し、その長い道のりを綴った動画を公開。動画そのものも8 ...

続きを見る

「007 スペクター」の劇中ではMr.ヒンクス(デイヴ・バウティスタ)が、アストンマーティンDB10に乗るジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)とカーチェイスを繰り広げたことでその存在感を示していますが、今回売りに出されている個体はスタントに用いられた一台であり、シャシーナンバーは「007」。

ただしパワーユニットはプラグインハイブリッドではなく、シンプルな「スーパーチャージドV8」へと置き換えられている、とのこと。

Jaguar-C-X75 (7)

ジャガーC-X75のインテリアはこうなっている

こちらは今回売りに出されているジャガーC-X75のインテリア。

映画の撮影用に製作された個体だけあってシンプルなつくりとなっているものの、ステアリングのホーンボタンにはちゃんと「ジャガー」マーク。

Jaguar-C-X75 (8)

もちろん快適装備は省かれ、スタントをこなすためだけの装備が与えられているようですね。

Jaguar-C-X75 (10)

なお、この個体はジャガー・ランドローバーから現在の売主に直接販売されたものだといい、同社のクラシック部門が長年にわたって整備してきた、と紹介されています。

実際に映画の撮影に使用されて、さらにはスクリーンに登場し、そのうえシャシーナンバー「007」ということで相当に高い価値を持っていると考えて良さそうです。

Jaguar-C-X75-9

合わせて読みたい、007スペクター関連投稿

世界に5台!悲運によって量産されたなかったジャガーC-X75が競売に。なおシャシーNo.001、映画「007 スペクター」の撮影に使用された個体

| 3台はコレクターが保管、残る2台はジャガーがずっと保管してきた | 映画007「スペクター」に登場したジャガーC-X75が、11月30日にサザビーズが開催するオークションに登場予定。ジャガーC-X ...

続きを見る

007「スペクター」仕様のランドローバー・ディフェンダーが販売中!トルコ軍が使用した車体をフルカスタム

| 細部は異なるものの雰囲気はうまく捉えている | 「007」には、ボンドカーの他にもヴィランが運転するクルマなど様々な車両が登場しますが、その中でも一際人気が高いのが「スペクター」に登場したランドロ ...

続きを見る

参照:Simon Drabble Cars

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ジャガー, ■映画や音楽、本、ゲームについて
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5