ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アウディ(Audi) >ポルシェ(Porsche) >マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが「VWグループとの間で、F1に関する話し合いがある」ことを認める!2026年から「マクラーレン・アウディ」誕生の可能性が濃厚に

投稿日:

マクラーレン・アルトゥーラ

| 一方、ポルシェはレッドブルとのタッグにてF1に参戦する可能性も |

2026年以降のF1は俄然盛り上がることになりそうだ

さて、チョコチョコと出てくる「フォルクスワーゲングループがマクラーレンを買収するというウワサ」。

これについて内容は様々で、「マクラーレングループ自体をフォルクスワーゲン、もしくはアウディが買収」というものだったり、「(F1含むモータースポーツ部門の)マクラーレンレーシングをアウディが買収」といったものなど複数のバリエーションがあります。

ただ、当のマクラーレンはこのウワサ、そしてそれに基づく報道について断固否定している、というのがこれまでの状況です。

そう、これまでは。

マクラーレンがついにフォルクスワーゲングループとの交渉があったことを認める

今回ロイターが報じたところによると、マクラーレン・レーシングCEOであるザク・ブラウンが「フォルクスワーゲンと交渉を行っていた」ことを認めており、しかし「まだ合意に至っていない」とも。

さらにザク・ブラウンによれば「2026年に新しいパワートレイン規制が適用されるまでは、メルセデスがマクラーレンのエンジンサプライヤーであり続ける。自分たちがどこにいて、誰がこのスポーツにいるのかを評価し、2026年に何をするのかについて順次決定していくつもりだ」とのこと。

続けて来季のF1については、「新しいF1シーズンに向けて、我々は最近の進歩を基礎に据えるという明確な目標を持っている。過去3年間、マクラーレンは10年以上にわたって最高の調子を誇ってきた。2021年のFIAフォーミュラ1コンストラクターズ選手権では、275ポイントを獲得して4位となり、3位と48.5ポイント差、5位を大きく引き離してのフィニッシュとなっているものの、我々はまだ上位に戻るには早い段階だ。私たちは野心と決意を持ち続けているが、同時に現実を見ている」とコメントしていて、つまりは「地に足をつけ、着実にステップアップを重ねる意思をもっているもよう。

マクラーレン本社にあるコレクションをザク・ブラウンが紹介!過去から現代にいたるまでのレーシングカーを見てみよう

2026年がひとつのキー

アウディそしてポルシェがF1に参戦しようとしていることは周知の事実ですが、参戦するにしても2026年からを予定している、と言われます。

というのも2026年から新しいパワーユニット(PU)規制が導入されることになり、アウディそしてポルシェはこれに「期待」しているわけですね。

この規制は「1.6リッターV6ターボエンジン継続」「エレクトリックパワーが350kWに増加」「MGU-H廃止」「エンジン開発にコスト制限(コストキャップ)導入」というもので、なかでも大きなものはMGU-H廃止。

MGU-Hはいわゆる熱エネルギー回生システムですが、排気ガスを電気エネルギーに変換しエレクトリックモーターを駆動するという機能を持ち、2014年に導入されるものの、構造が複雑、そして開発には多大なコストが必要とされています。

これ(コストと技術)がひとつのネックとなり新規チームの参入を妨げているといわれ、よって以前より「MGU-H廃止」が議論されていたのですが、今回それが決定した、ということになります。

なお、アウディ、そしてポルシェは「MGU-Hが残される場合、F1参加には消極的」だと報じられており、しかし今回MGU-H廃止が決まったことで(フォルクスワーゲングループがなんらかの力を行使したのは間違いなさそう)一気にアウディ、ポルシェのF1参戦が現実的となっています。

ただ、両社が参入するかどうかについては、ドイツの「Frankfurter Allgemeine Zeitung(フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング)」が報じたように、2月末にフォルクスワーゲングループ内にて開催される監査役会で最終決定される予定だとされ、これが承認されれば「アウディがマクラーレンと」、「ポルシェがレッドブルと」組むというのが通説です。※個人的には再び「マクラーレンとポルシェ」のタッグを見たい

2026年にはマクラーレンの(メルセデスからの)PU供給契約、レッドブルが買い取ったホンダの知的財産契約が切れることになるため、いずれもアウディ、ポルシェのF1参戦は非常に現実的だと考えていいのかもしれません。

もしこれが実現できれば2026年以降のF1は大きく盛り上がることになりそうで、しかしその前には2023年から導入されるル・マン・ハイパーカークラス(LMH)とLMDhとの乗り入れによるメジャーメーカー間での戦いにも大いに期待ができそうです。

合わせて読みたい、関連投稿

ポルシェ「F1用エンジンを新型ハイパーカーに積むかもしれん」「え?」「実は今までF1用V6ハイブリッドターボを開発していたのだ」

| ポルシェだけに、本当に市販車へF1用エンジンを積んできそうだ |この記事のもくじ| ポルシェだけに、本当に市販車へF1用エンジンを積んできそうだ |ポルシェは最後に大きな花火を上げるのかポルシェは ...

続きを見る

アウディ、ポルシェがF1に参戦とのウワサ。早ければ2022年はじめにもアナウンスがなされ、アウディの車体にポルシェのエンジンが載るとも
アウディ、ポルシェがF1に参戦とのウワサ。早ければ2022年はじめにもアナウンスがなされ、アウディの車体にポルシェのエンジンが載るとも

| たしかに以前から様々なウワサが出ていたが、ついにそれが実現することになるのかも |この記事のもくじ| たしかに以前から様々なウワサが出ていたが、ついにそれが実現することになるのかも |ポルシェ、フ ...

続きを見る

マクラーレン・アルトゥーラ
アウディが「マクラーレングループ全体を買収した」との報道→マクラーレンが即座にこれを全否定「全くの誤りで、記事の削除を求める」

| この取引はマクラーレンに対しても十分にメリットがあるものだとは考えていたが |この記事のもくじ| この取引はマクラーレンに対しても十分にメリットがあるものだとは考えていたが |今後マクラーレンが独 ...

続きを見る

参照:Reuters

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アウディ(Audi), >ポルシェ(Porsche), >マクラーレン(McLaren)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5