ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>プジョー(PEUGEOT) ■そのほか車関連のネタなど

ステランティスCEO「現在のEVシフトは、政治家が選んだもので、我々自動車メーカーや消費者が選んだものではない」。なんでもかんでもガソリン車を悪にする風潮に懸念

投稿日:

ステランティスCEO「現在のEVシフトは、政治家が選んだもので、我々自動車メーカーや消費者が選んだものではない」。なんでもかんでもガソリン車を悪にする風潮に懸念

| 消費者が望まない製品に多額を投じて開発し、発売せねばならない自動車メーカーはさぞ辛いだろう |

このEVシフトにて、多くの人々が幸せになるとは考えにくい

さて、ステランティス(旧FCA+プジョー・シトロエン)CEO、カルロス・タバレス氏が「ヨーロッパ全域で内燃機関を禁止する動きは、社会的・環境的に多くの影響をもたらす」とコメント。

現在の欧州は非常に環境に対して厳しく、気候変動問題に対して真剣に取り組んでいないと判断された企業は容赦ない攻撃を受けることになり、そういった状況において、巨大企業のCEOがこのような発言をするのは極めて異例かと思います。

メルセデス・ベンツ
メルセデス・ベンツとBMWがNGOから「二酸化炭素削減に真剣ではない」と訴えられる!欧州ではもう自動車会社の経営がリスクでしかなくなってきたな・・・

| 現地での温度感がわからないのでナントモだが、ちょっと行き過ぎのような気もする |この記事のもくじ| 現地での温度感がわからないのでナントモだが、ちょっと行き過ぎのような気もする |こうなると、もう ...

続きを見る

EVは気候変動に対する最も有効な手段ではない

現在EU(欧州連合)は、2035年までに内燃機関自動車の新車販売を禁止する方向で動いていますが、カルロス・タバレス氏は、現在のような、規制を優先させる形で自動車メーカーに電気自動車への切り替えを強いることは、気候変動対策として最も有効な手段ではない、と主張しているわけですね。

「はっきりしているのは、電動化は政治家が選んだ技術であり、産業界が選んだ技術ではないということだ。現在のヨーロッパのエネルギーミックスを考えると、電気自動車は、バッテリー製造の二酸化炭素排出量を補い、EV(電気自動車)の半分のコストのマイルドハイブリッド車に追いつくために、7万キロメートル走る必要がある」。

たしかについ先日、欧州自動車メーカーの中ではもっともEVに積極的であり、環境問題に対して真剣なボルボですら「EVは、その製造時に、ガソリン車に比較すると1.7倍のCO2を排出している」と発表し、「EVがガソリン車よりもクリーンな存在になるためには11万キロも走らねばならない」という衝撃の結果を発表したばかりです。

電気自動車の製造は「ガソリン車の1.7倍のCO2を排出」していた!ボルボの試算だと、EVがガソリン車よりもエコになるには、約11万キロも走らねばならない
電気自動車の製造時には「ガソリン車の1.7倍のCO2を排出」していた!ボルボの試算だと、EVがガソリン車よりもエコになるには、約11万キロも走らねばならない

| ボルボがC40、XC40を用いて調査したというのだから間違いはなさそう |この記事のもくじ| ボルボがC40、XC40を用いて調査したというのだから間違いはなさそう |つまりEVは「距離を走らなけ ...

続きを見る

急速なEVシフトは大きな社会不安を生む可能性も

そしてカルロス・タバレス氏は「政府主導によるEVシフトに対応すべくサプライチェーンに変革を強いることは”社会的リスクを生む”」ともコメントしていて、これはちょっと前に豊田章男社長が触れた「エレクトリック化に対応できない企業には倒産するしか道が残されていない」という事実に対して示した懸念と同様の意図かと思われます。

トヨタの株主は豊田章男社長に不満
トヨタの株主は豊田章男社長に不満?同氏の「急激な電動化に待った」発言に対し「豊田章男は、世界で何が起きているのかわかっていない」

| 豊田章男社長の「急激な電動化に待った」発言は、トヨタ自動車単体ではなく、日本の自動車産業全体を考えてのものだと捉えるのが正しい |この記事のもくじ| 豊田章男社長の「急激な電動化に待った」発言は、 ...

続きを見る

もし現在のEV化が「市場の要望にあわせて変化しているもの」であれば、それについてこれない企業は淘汰されてしかるべきですが、何の準備期間や予測もなく「エレクトリック化」への対応を迫られたとしても多くの企業はその準備ができず、場合によっては雇用を脅かすことにもなりかねないわけですね。

Stellantis-Kokomo-Transmission-Announcement-2

よって、カルロス・タバレス氏は「市場が望んだわけでも、自動車メーカーが望んだわけでもない、しかし政治家が勝手に決めた自動車業界の方向性」について言及しているのだと思われますが、もちろん同氏とてエレクトリック化への対応を行わないわけではなく、昨年発表された新しい計画では「今後2年間で21の新しいプラグインハイブリッドとバッテリー電気自動車を公開する」とし、アルファロメオは2027年までに100%電気自動車に、オペル/ヴォクスホールは2028年までにすべてのラインアップを電気自動車にすることも公表済み。

カナダが2035年までに「ガソリンエンジン搭載車の販売を全面禁止」と発表!現時点で「ガソリン禁止」の国・地域、そしてその時期などをまとめてみた

| ガソリンエンジン禁止の流れは政治的利用もあって、想定よりも遥かに速く進んでいるようだ |この記事のもくじ| ガソリンエンジン禁止の流れは政治的利用もあって、想定よりも遥かに速く進んでいるようだ | ...

続きを見る

しかしその一方、「私は一般的に約束を守るが、競争力を維持する必要もある」と述べながら、イタリアのエネルギーコストが高いため、イタリア工場での生産にかかる費用が他のヨーロッパ諸国の工場に比べて著しく高く、時には2倍 になっていることも指摘しています。

ぼく自身は環境問題に無関心ではないものの、たしかに現在の「とにかくガソリン車が悪い」的な風潮には疑問を感じることがあり、ガソリン車の禁止については、政治家が支持を得るために(現実を無視して)無理やり進めているだけなんじゃないか、と考えたりします。

合わせて読みたい、ステランティス関連投稿

ステランティス(旧プジョー・シトロエン+FCA)が電動化新戦略を発表!チップ(半導体)はiPhone下請けと提携、自動運転はBMWとの共同開発に
ステランティス(旧プジョー・シトロエン+FCA)が電動化新戦略を発表!チップ(半導体)はiPhone下請けと提携、自動運転はBMWとの共同開発に

| これから高騰する開発費用、資源の奪い合いに向けて自動車メーカーは提携を強化する必要があるようだ |この記事のもくじ| これから高騰する開発費用、資源の奪い合いに向けて自動車メーカーは提携を強化する ...

続きを見る

ランチア・ストラトス
ステランティスが「傘下のブランドにつき、ブランド確立のために10年の猶予と、必要な予算を与える」。これはもうランチア・ストラトス、デルタの復活を期待するしかない

| ステランティスは「太っ腹」ではあるが資金はちょっと心配だ |この記事のもくじ| ステランティスは「太っ腹」ではあるが資金はちょっと心配だ |現状、いずれのブランドも「廃止」はないすでにいくつかのブ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->プジョー(PEUGEOT), ■そのほか車関連のネタなど
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5